ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    ろころこ

    [愛の不時着] 最終回、終了。

    感無量でした。
    愛は命がけ。

    言うのは簡単。
    実行するのは難しい。

    こんな風に、自分の命より大事な人と出逢って愛し合える人生は、やっぱり最高なことだと感じました。

    そして、人生で大切なものは恩返しと復讐。

    復讐は相手に仕返しをするんじゃなくて、自分が相手よりも幸せになること。

    誰かに憎しみが出てきたら、自分の好きな人だけ思って生きること。

    共感はできるけど、全部を実行するにはまだ未熟な自分がいます。

    私もすっかり愛の不時着にハマって時間を費やしたので、次のドラマまでは少し時間を置いて仕事に専念します(^^)

    おかげさまで本を置いて下さる行政機関が増えそうです。

    「幻冬舎からの出版なので安心」
    というお言葉をよくいただきます。
    本当に有り難うございます。
    関わって下さった幻冬舎メディアコンサルティングの皆さまにも感謝ばかりの日々です。

    7月下旬頃からブックファースト新宿店で
    本のプロモーションも始まるので、見城さんに良いご報告が出来るよう頑張ります!


    心理士として受けるご相談内容は以前、経済的不安、薬物依存が多かったのですが、最近は恋愛や結婚、婚外恋愛、愛情関係についてのご相談が急増してきました。

    マスクで顔を晒さなくなったぶんだけ、心を晒け出して生きたくなっている人が増えているのかもしれません。

    いろんなことに気づかされる2020年です。

  • 見城徹
    見城徹

    [愛の不時着]には命懸けのシーンが沢山出て来る。いつも危機一髪。そこに飛び込んで行く相手を想う気持ちが痺れるようにカッコいい。具体的には書かないが僕は第13話に一番号泣した。正に愛は命懸け!

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    「年を取るとは、自分のセッ・クスに忠実になることなのだ」と。
    年を取ると自分の体の快楽原則に忠実になる。若い頃には誤魔化せたものが、誤魔化せなくなる。その快楽原則に衝き動かされ、その快楽原則にしたがってしか興奮できなくなることが、年を取るということだと思っている。
    -見城徹 著[異端者の快楽]10頁より抜粋

    御自身の著書を地で往く見城さん。
    先達の言葉に勇気を貰い、心置き無く変態で居ようと思えます。
    見城さん素敵!見城さん万歳!

  • 見城徹
    ろころこ

    第13話のあのシーンのことかナ…
    見城さんが命懸けになられるお相手がうらめしい(´ཀ`)
    ラブストーリーは突然に♡

  • 見城徹
    見城徹
    なお
    見城さん初めまして。『憂鬱でなければ、仕事じゃない』を拝読し感銘を受けております。 見城さんの一言一言の重みのあるお言葉でとても勇気づけられております。 僕は小さな会社を経営しているのですが、この度従業員が退職する際に他の従業員を引き連れて3人で一気に辞めていかれました。

    そうなんだ。

  • 見城徹
    見城徹
    なお
    会社に残ったのは僕と今月入社の従業員の2名になってしまい、今僕は自己嫌悪や自信喪失、人間不信になり、気持ちに整理が付かなくなってしまっています。 こんな時、見城さんならどう気持ちに整理をつけますか。 もし宜しければ、ご回答頂ければ幸いです。

    僕は返信サービスではありませんが、僕の印象を短くお答えします。
    全部、自分の不徳と思うしかありません。一人になってもやる。その覚悟を決められるかどうかです。最初は一人だった。最初に戻るだけです。僕も何人も期待していた部下に去られました。そんなもんです。

  • 見城徹
    見城徹
    とんちゃん
    見城さん!いつも拍手&リトークありがとうございます😊 見城さんにもう一個観て欲しい韓流ドラマがあります。 それは「夏の香り」です。古いドラマですが、ソン・イェジンさんがこれまた輝いているドラマです!これは「愛の不時着」と違って、ズブズブの恋愛ドラマですが、見城さんなら絶対沼にはまっちゃったぐらいハマると思われます😘 【コメント不要です🙇🏻‍♀️】

    へえ、観てみます。