ログイン
詳細
高架線のカフェテリア

AKBカフェテリアです。 では何故、私がそう捉えてしまったのか。 それは、二人の劇場公演に対する取り組みに差が見えてしまった事が原因です。 今回の古畑奈和論では、その部分は敢えて書かなかったです。それは、私が観た劇場公演の時、もしかすると体調が悪かったのかもしれないから。あの日、レビューを読んだ方はお分かりだとは思いますが、そんな印象を受けてしまいました。正直、見たくなかったです。 それでも、応援したい。 「SKE48の古畑奈和は、いつまでもそこじゃなく、もっと全力で追い掛けて欲しい!」 と、心の片隅で思っていた事です。 しかし先程の「北川綾巴論」を古畑奈和さんが目にしてしまった時、確実に誤解を招いてしまうと思い、今回訂正させて頂きました。 古畑奈和さん、本当に申し訳ございませんでした。

前へ次へ
高架線のカフェテリア。48&46レビュー
トーク情報