ログイン
詳細
前へ次へ
前略 見城先生
トーク情報
  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    ボクシング、岩佐が世界王座復帰 Sバンタム級、11回TKO勝ち(共同通信) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000037-kyodonews-spo


    (IBF)スーパーバンタム級暫定王座決定戦は7日、ニューヨークで行われ、同級1位で29歳の岩佐亮佑(セレス)が同級3位のマーロン・タパレス(フィリピン)を11回TKOで下し、王座復帰を果たした。

     岩佐が11回に左ストレートでダウンを奪うと、タパレスは立ち上がったがレフェリーが試合を止めた。岩佐は27勝(17KO)3敗、タパレスは33勝(16KO)3敗。正規王者のダニエル・ローマン(米国)が負傷で試合を行えず、暫定王座決定戦が実施された。

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    【世界チャンピオンの数:7名】
    (2019/12/08現在)

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボクシング現王者一覧

    ライトフライ級
    WBC:拳 四朗(けん しろう)

    WBAスーパー王座:
    京口 紘人(きょうぐち ひろと)

    フライ級
    WBO:田中 恒成(たなか こうせい)

    スーパーフライ級
    WBO:井岡 一翔(いおか かずと)

    バンタム級
    WBA,IBF:
    井上 尚弥(いのうえ なおや)

    スーパーバンタム級
    IBF: 岩佐亮佑(いわさ りょうすけ)
    ※12/7暫定王座決定戦で同級3位のマーロン・タパレス(フィリピン)を11回TKOで下し王座復帰

    ミドル級
    WBAレギュラー王座:
    村田 諒太(むらた りょうた)

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    古今和歌集『つひに行く道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを』現代語訳と解説・品詞分解 / 古文 by 走るメロス |マナペディア| https://manapedia.jp/text/2155 https://manapedia.jp/text/2155 https://manapedia.jp/m/text/2155 https://manapedia.jp/text/2155 https://manapedia.jp/m/text/2155 https://manapedia.jp/text/2155 https://manapedia.jp/m/text/2155

    作者は在原業平です。古今和歌集の詞書には、「病気になって弱ってしまったときに詠んだ歌」との記述があります。また伊勢物語によると、「昔、ある男が病気になって、気分がすぐれず今にも死にそうな気分になったので詠んだ歌」とされています。

    人は皆死ぬ、ということは誰でも知っていますが、それが自分の身に迫っていることに驚きと嘆きを感じています。特にこれといった技法は用いられていませんが、それがかえって読者の心に強い印象を与えています。

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    『辞世句③小林一茶』 https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/hajino-kakimalu/entry-11450859360.html

    『ああままよ 生きても亀の 百分の一』

    鶴は千年、亀は万年という。しかし、自分のように気ままに生きても、人はせいぜい亀の1/100さ。

    生涯を遊民として生きた小林一茶が、故郷の信濃柏原へ戻り、初めて妻を娶ったのは52歳の時であった。

    3歳で母を亡くし継母になじめなかった一茶は15歳で江戸に出、以後放浪生活を続けた。

    好んで子どもや動物を題材にしたのはそうした不遇の実体験からであろうか…一茶の句は弱者への愛情や人間味溢れるものが多く、既成の風流俳句とは違った。人生の荒波にもまれてもいじけない挫けない明るさがあり不幸を笑い飛ばすように生きた俳人であった。

    小林一茶
    文政十(1827)年十一月十九日没。
    享年六十五。

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    円通寺_良寛歌碑(辞世の歌_形見とて 何か残さん 春は花 夏ほととぎす,秋はもみぢ葉) - 歴史・文化の町<倉敷>周辺の隠された魅力 https://blogs.yahoo.co.jp/kurashiki_prince/18950080.html

    形見とて 何か残さん 春は花
    夏ほととぎす 秋はもみぢ葉 

    それでは形見をのこしましょう

    春,桜の花が咲いたら,その花を
    夏,ほととぎすが鳴いたら,その鳥を
    秋,もみじが紅葉したら, そのもみじの木を私が遺した形見だと思って下さい

    実はこの歌は,道元の以下の歌を想定して詠ったものとされている

    春は花夏ほとときす秋は月
    冬雪さへて冷しかりけり

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    私本黒田太平記 - 第六回 藩祖 黒田長政~家康に天下を取らせた男~ https://ncode.syosetu.com/n2039cj/7/


    「此ほどは浮世の旅に迷ひきて、今こそ帰れあんらくの空」
     ※私の人生は迷ってばかりの旅であった。今こそ安楽のバライソへと帰ろうではないか(筑前筑後訳)