ログイン
詳細
吉田 0.60
投稿画像

2019/12/14の先生の投稿 会食、22時に終了。最高に楽しかった。 今夜の会食の相手からいただいた誕生日プレゼント。丁度買おうと思っていたもの。これは嬉しい。※マッサージ器? プレゼントの袋にはこのCDも入っていました。※井上陽水のトリビュートアルバム 向かって左より <1>シャンパン ジャック・セロス ミレジム ブリュット [2005] Jacques Selosse Extra Brut Grand Cru Millesime ⭐︎⭐︎ 販売サイトより シャンパーニュ地方コート・デ・ブランのレコルタン・マニピュラン(RM:葡萄生産者元詰めシャンパーニュメーカー)のカリスマ!。コート・デ・ブランの4地区アヴィズ、クラマン、オジェ、メニル・シュール・オジェ、そしてアンボネィ。アイとマルイユ・シュール・アイの自社畑(全てグラン・クリュ)から、平均年産僅か4,000ケースの芸術的なシャンパーニュを造り出します。現当主のアンセルム・セロス氏は「良いシャンパーニュは良いワインからしか生まれない、また良いワインは土地と気候と優れた栽培家に恵まれた葡萄でしか造れない。」と語り、自らの手で葡萄畑の土造りから出荷までを実践しています。 アンセルムがテロワールを突き詰めた、テロワールを表現したいという情熱を注ぐ構想から7年を経ていよいよリリースするのがリュー・ディ・シリーズ。 ブリオッシュ、バニラ、そしてナッツや熟した林檎の香り、洋梨やアプリコットのコンフィを思わす味わいが、ミネラルをベースに感じられる。堅固なストラクチャー、深く複雑な味わいは、セロスのミレジメを物語ってます。 ラインナップの中でも特に稀少なミレジメは、アンセルム・セロスをして「完璧すぎて何が不足しているか分からない」とまで豪語する、まさに究極の1本!年生産量も僅か6000本と極小な、シャンパーニュの頂点の1つといっても過言ではない希少な逸品。 <2>ワイン白 ドメーヌ・ドーヴネ オークセイ・デュレス 2004 Dom. d'Auvenay Auxey Duresses ⭐︎⭐︎ 品種:Chardonnay (シャルドネ)100% 販売サイトより サン・ロマン村にある【ドーヴネ】は、ブルゴーニュで最も有名な女性の一人であるマダム・ビーズ・ルロワが1988年に購入した、個人所有のドメーヌです。彼女は、1955年から父が経営するネゴシアン「メゾン・ルロワ」で働き始め、経験を積んでいきました。1971年からは、あの“世界最高”と呼ばれるブルゴーニュワイン『ロマネ・コンティ』を作りだすDRC社を、オベール・ド・ヴィレーヌ氏と共同経営し、その品質をよりいっそう高めるとともに、1988年に【ドメーヌ・ルロワ】を立ち上げました。その際に、同時に購入したのがこの【ドーヴネ】でした。【ドメーヌ・ルロワ】が複数の所有者との共同所有であるのに対して、こちらはマダム・ビーズ・ルロワが100%所有しており、「彼女が理想としているワイン作りをここで実践している」と言われています。 <3>ワイン赤 シャルルノエラ ニュイサンジョルジュ レ ブド 1982 Nuits St Georges Les Boudots Charles Noellat ⭐︎⭐︎ 品種: Pinot noir100% 販売サイトより シャルル・ノエラは最盛期にはアンリ・ジャイエとも比較されるほどの名ドメーヌでしたが、1980年代に売却され、現存しないドメーヌです。所有畑はラルー・ビーズ・ルロワ女史に買収されたことは有名ですが、「シャルル・ノエラ」という商標(ブランド名)については、ドメーヌ・シャルル・ノエラ当主の甥にあたる、ボーヌの優良ネゴシアンのセリエ・デ・ウルシュリーヌ当主が譲り受けることになりました。生産者、特にネゴシアンの多くは自社でブランド名を多数所有しており、マーケットや需要によってブランド名を使い分けて販売することがあります。セリエ・デ・ウルシュリーヌでも、「シャルル・ノエラ」という商標をブランドのひとつとして使用しています。そのため、エチケットにはシャルル・ノエラの記載がありますが、ワインはセリエ・デ・ウルシュリーヌが別の生産者から買い付けたものです。

前へ次へ
前略 見城先生
トーク情報
  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    お休みのところ
    沢山の拍手リトークまで
    恐縮です。

    二人の誕生日が近いなぁと感じていた時の投稿で喰いついてしまいました。
    穏やかな休日を過ごされます様に。

    1949年1月10日
    ジョージ・フォアマン

    1942年1月17日
    モハメド・アリ

    m(._.)m

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60
    投稿画像

    1/20という日

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/1月20日

    【出来事】
    1917年 - インドネシアのバリ島でM6.8の地震、約1300人死亡。

    1941年 - フランクリン・ルーズベルト米大統領が、史上初めて3期目に突入。1945年の同日に4期目に入る。

    1953年 - ドワイト・D・アイゼンハワーが第34代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1961年 - ジョン・F・ケネディが第35代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1969年 - リチャード・ニクソンが第37代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1969年 - 東大紛争: 東京大学が入学試験の中止を決定。

    1977年 - ジミー・カーターが第39代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1981年 - ロナルド・レーガンが第40代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1981年 - イランアメリカ大使館人質事件: 人質52人が444日ぶりに解放。

    1989年 - ジョージ・ブッシュが第41代アメリカ合衆国大統領に就任。

    1993年 - ビル・クリントンが第42代アメリカ合衆国大統領に就任。

    2001年 - ジョージ・W・ブッシュがアメリカ合衆国大統領に就任。

    2003年 - 第65代横綱貴乃花光司が引退。

    2009年 - バラク・オバマが第44代アメリカ合衆国大統領に就任。アメリカ史上初の黒人の大統領。

    2017年 - ドナルド・トランプが第45代アメリカ合衆国大統領に就任し、同国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)脱退を表明。

    【生誕】
    1775年 - A・M・アンペール、物理学者(+ 1836年)

    1885年 - 尾崎放哉、俳人(+ 1926年)

    1909年 - 山野愛子、美容家(+ 1995年)

    1920年 - フェデリコ・フェリーニ、映画監督(+ 1993年)

    1921年 - 吉田正、作曲家(+ 1998年)

    1923年 - 三國連太郎、俳優(+ 2013年)

    1930年 - いずみたく、作曲家、元参議院議員(+ 1992年)

    1931年 - 有吉佐和子、小説家(+ 1984年)

    1931年 - 中村八大、作曲家(+ 1992年)

    1946年 - デヴィッド・リンチ、映画監督

    1952年 - ポール・スタンレー、ミュージシャン(キッス)

    1954年 - 松尾雄治、元ラグビー選手

    1955年 - 太田裕美、歌手

    1964年 - 南果歩、女優

    1971年 - 花田虎上(花田勝)、第66代横綱(若乃花勝)、実業家

    1983年 - 矢口真里、歌手、タレント(元モーニング娘。)

    【忌日】
    1875年 - ジャン=フランソワ・ミレー、画家(* 1814年)

    1984年 - ジョニー・ワイズミュラー、水泳選手、俳優(* 1904年)

    1990年 - 東久邇稔彦、元皇族(東久邇宮稔彦王)、第43代内閣総理大臣(* 1887年)

    1993年 - オードリー・ヘプバーン、女優(* 1929年)

    1995年 - 金子信雄、俳優、料理研究家(* 1923年)

    1998年 - ボボ・ブラジル、プロレスラー(* 1924年)

    2015年 - 斉藤仁、柔道選手、指導者(* 1961年)

    【記念日】
    大寒
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が300度の時で、寒さが最も厳しくなるころ。

    アメリカ合衆国大統領就任式
    ※西暦年が4で割り切れる年の翌年 アメリカ合衆国憲法修正第20条で、大統領の任期は1月20日の正午に終了することとされており、その瞬間から次の大統領の任期が始まる。

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/歴代アメリカ合衆国大統領の一覧

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    政治家に学歴は必要ないと思うが
    見栄っ張りで詐称する根性が既に適正を欠いていると思う

    頭下げられないし嘘を嘘だと認めないし
    手が付けられない

    誰か早く引導渡してくれ

  • 吉田 0.60
    吉田 0.60

    大手総合電機メーカーの三菱電機が大規模なサイバー攻撃を受け、機密性の高い防衛関連、電力や鉄道といった重要な社会インフラ関連など官民の取引先に関する情報が広く流出した恐れがあることがわかった。本社や主要拠点のパソコンやサーバーが多数の不正なアクセスを受けたことが社内調査で判明した。同社は不正アクセスの手口などから、防衛関連の機密情報を主に狙う中国系のサイバー攻撃集団「Tick(ティック)」が関与した可能性があるとみている。

    【写真】三菱電機が受けたサイバー攻撃の構図

     複数の関係者や社内調査によると、少なくとも国内外の120台超のパソコンや、40台超のサーバーに不正に侵入された形跡が見つかった。不正アクセスの被害は全社的な規模に及ぶ。

     自社の情報に加え、防衛省、環境省、内閣府、原子力規制委員会、資源エネルギー庁など10を超える官公庁や政府機関、電力、通信、JR・私鉄、自動車の大手を中心に少なくとも数十社の国内外の民間企業に関する様々な情報が不正アクセスを受けた。その一部が外部に流出した可能性がある。取引先との共同開発や商談、製品の受注に関する情報や、社内の幹部が参加する会議の資料、研究所内で共有される情報などが含まれる。防衛技術の性能や、重要な社会インフラに関する情報が流出した恐れもある。

     昨年6月、国内の研究所のサーバーに不審なファイルが見つかり、これを機に全社的に社内調査を進めたところ、営業本部や電子システム事業本部など14ある本部・事業本部の大半や、本社の管理部門の一部で不正なアクセスが確認された。

     不正アクセスは中国にある関係会社から始まり、日本国内の拠点に広がった。乗っ取ったアカウントを使って社内ネットワークに侵入し、機密情報に触れる権限が広い中間管理職層のパソコンをターゲットに不正アクセスが続いた。情報は送信用の端末に集約され、数回に分けて送信されたとみており、外部に流出した可能性が高い。

    朝日新聞社