ログイン
詳細
毛利秀巳
投稿画像

「なくな研修医」 ハンカチを握りながら読んだせいか、頭がぼんやりとしている。 言葉が頭の中をゆらゆら漂っている。 この物語に流れているテーマは「死」だ。 新米医師の目を通して、誰にも必ず訪れる死を見つめる。 病気、事故、加齢。希望、絶望、諦め。 身も心もボロボロになりながら、患者と患者が抱える死に向き合う。 そんな隆治のような医師は現実にいる。 追伸: 佐藤先生の「祈るよ」は、「犬神家の一族」のプロモーションをやり尽くした後の見城さんに対する角川春樹さんの「神に祈るんだよ!」を思い起こしました。 考えすぎかな。

前へ次へ
自己嫌悪、自己否定、自己検証
トーク情報