ログイン
詳細
毛利秀巳
投稿画像

「なくな研修医」 ハンカチを握りながら読んだせいか、頭がぼんやりとしている。 言葉が頭の中をゆらゆら漂っている。 この物語に流れているテーマは「死」だ。 新米医師の目を通して、誰にも必ず訪れる死を見つめる。 病気、事故、加齢。希望、絶望、諦め。 身も心もボロボロになりながら、患者と患者が抱える死に向き合う。 そんな隆治のような医師は現実にいる。 追伸: 佐藤先生の「祈るよ」は、「犬神家の一族」のプロモーションをやり尽くした後の見城さんに対する角川春樹さんの「神に祈るんだよ!」を思い起こしました。 考えすぎかな。

前へ次へ
自己嫌悪、自己否定、自己検証
トーク情報
  • 毛利秀巳
    見城徹見城徹

    ネット広告は急増しているが、書籍とネット広告の親和性は薄い。広告をどこに打つか?テレビしかないのか?しかし、テレビは高過ぎる。

  • 毛利秀巳
    箕輪箕輪

    広告の時代が終わりコミュニティの時代になっていく。これからはどんないいものを作ってもコミュニティを持ってないときつい。しかし昔からコミュニティを癒着と言う言葉で考え続けていた見城さんは凄すぎる。

  • 毛利秀巳
    毛利秀巳

    Newspicks book が売れるのは癒着の塊を抱えているから。
    癒着の塊を作ったのは箕輪さん。
    凄すぎる師弟。

  • 毛利秀巳
    毛利秀巳

    知人の塾講師が言うには
    「塾で使うのは、まだまだ紙です。」
    「詰めこめる情報量が圧倒的に多い」
    書き込んだり、マーカーしたり、シール貼ったり、折り曲げたり。手垢も情報の一つ。

  • 毛利秀巳
    箕輪箕輪

    広告の時代が終わりコミュニティの時代になっていく。これからはどんないいものを作ってもコミュニティを持ってないときつい。しかし昔からコミュニティを癒着と言う言葉で考え続けていた見城さんは凄すぎる。

  • 毛利秀巳
    毛利秀巳

    見城さんが必死で足掻いていらっしゃる様に見える。新しい事に果敢に挑まれる見城さん。
    見城さんがInstagramで何を感じ何を発信されるのだろうか。
    フォローさせて頂きました。