ログイン
詳細
ナナ散歩だよ

雪駄はいらない… 下駄に挟まった スプライトの缶 通い慣れた 亜麻色の髪の アパルトメント ドライ・ジンの 無機質なベッドで 燻らせたJPS 拾った人生に 昨日までの乾杯を… 酒の薫りに宵の詩 ああ 石蹴りの人生…。

前へ次へ
ナナ散歩だよのトーク
トーク情報
  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ

    ある時、矛盾の塊が

    (五感)で手さぐりをして
    (第六感)で言葉を紡ぎ
    (第七官)で愛を謳った…

    いくつもの世界を知る
    神さまのたなごころ

    その指間から
    微笑みと無視と、叱責と哀願と
    ときどきこぼれ落ちた

    最後に
    夢が滑り落ちて
    目が覚めた

    激しい雨音を
    遠くで聞きながら

    きのう見つけた
    金木犀のかほりは
    まだ残っているだろうか

    世界はまだ不条理のままだ

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ

    物心ついた頃かな…

    病弱でもあったけれど
    何事にも
    喜び方が重苦しくて
    子どもらしくないと
    両親から言われた一言が
    その後ずうっと
    心を締め付けていて…

    いつも笑顔が
    ひきつっていたと思う
    ただ一生懸命思いに答えようと
    努力して答えてきたけれど…

    突然
    途切れちゃった…。

    自分の血が
    いやでいやで
    しょうがなくなっちゃった…。

    ある、あの日
    二人の姉弟の父親になって
    お父さんって呼んでくれて
    家族を持ったけれど

    自分を育ててくれた家族からは
    逃げたんだよね、結局。

    家族の肖像に
    今だ
    鍵を掛けたまま
    少しずつ
    命を磨り減らしている日々…。

    眩しくて…

    言い訳の人生が
    時計の針を
    いつまでも狂わし続ける。。。

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ
    投稿画像


    未来には
    いくつかの名前がある

    意志薄弱な者は
    それを不可能と呼び

    臆病者は
    未知と呼ぶ

    しかし勇敢な者は
    それを理想と呼ぶ

    (V・ユーゴー)




    光あるうちに
    一歩を踏み出そうぜ…

    人生は一瞬の
    まばたきのなかに
    消えてしまうのだから…。

  • ナナ散歩だよ
    ナナ散歩だよ
    投稿画像


    シナモンスティックの
    笛が鳴った

    一斉に山々が
    紅葉の旗を掲げる

    揺れる木々が
    白髪の鬢に触れた

    不安いっぱいの僕の上を
    雪虫が舞い始めた…