ログイン
詳細
前へ次へ
あまみな会公認!みなみのお部屋
トーク情報
  • ぽん太
    ぽん太

    無事北海道に帰ってきました。
    4日間楽しすぎたので、ほんとに帰るのが辛くて辛くて帰り道は遠回りしたくなりました…

    現在レポート執筆中です。しばしお待ちくださいませ。

    1
  • ぽん太
    ぽん太

    8thバースデーライブ@ナゴヤドームのレポートです。約6時間粘って確保したステージバック席3日分とモバイル一次当選の初日…4日間フルでライブを楽しんできました。
    個人的に『ここは見所だったな』と思った曲や出来事についての一部をレポートとして長々と綴っていこうと思います。セトリに関してはまとめサイトやかなりんのブログで確認いただければと思います。
    あくまでこのレポートは僕の自己満足の世界ですので、閲覧するorしないはご自由にどうぞ…

  • ぽん太
    ぽん太

    ⊿ Day 1⊿

    ✨199曲全曲披露❗今年のバスラは順不同❗1曲目は『夜明けまで強がらなくてもいい』からスタート❗✨
    バースデーライブはこれまで基本的にはリリース順に楽曲を披露してきました。(6thの神宮・秩父宮シンクロライブと卒業ライブ絡みは例外ですが)『ぐるぐるカーテン』からスタートという会場の予想に反し『夜明けまで強がらなくてもいい』からのスタートで、イントロが流れた瞬間、会場は驚きと期待の大歓声で幕を開けました。

    ✨生ちゃんフル回転❗✨
    スケジュールの都合で初日しか出演する事が出来ない生ちゃんの曲を多めに披露したのですが、なんと『あなたのために弾きたい』~『低体温のキス』まで生ちゃんが9曲連続のパフォーマンスを行いました。
    『ここじゃないどこか』ではみなみちゃんが生ちゃんと目を合わせながら歌うところで「アハッ♥」と笑ってしまい、非常に可愛かったです。後のMCタイムでみなみちゃんが「生ちゃんと歌ってるのが楽しくなっちゃって笑っちゃった♥」とコメントがありました。

    ✨れのちゃん❗『私のために誰かのために』大抜擢&歌唱力抜群❗✨
    歌上手い選抜が歌う『私のために誰かのために』にれのちゃんが大抜擢されました。この人選には少し驚きましたが、さらに驚いたのが抜群の歌唱力だった事です。今まであまり表に出ることの無かったれのちゃんの歌唱力にほとんどのファンは感動したと思います。Twitterでは『三期の歌姫と言ってもいいのでは』とのツイートもちらほら見られました。

    ✨ さゆにゃん❗渾身の『あの日僕は咄嗟に嘘をついた』❗✨
    さゆにゃんは膝の具合があまり良くないのは映画『ドキュメンタリー of 乃木坂46 2』のライブ舞台裏でさゆにゃんだけ椅子に座っているシーン(膝をサポーターでガチガチに固めている)でほとんどのファンが知っていると思います。あまり激しいダンスの曲には今回も参加していないのですが、自身のセンター曲『あの日僕は咄嗟に嘘をついた』では割と激しめのダンスを最初から最後まで踊りきりました。パフォーマンス後のさゆにゃんのやりきったという表情は忘れられません。感動しました。『咄嗟』には出たいという本人の希望もあったのではないでしょうか。

    ✨ラストは乃木詩ではなく『ぐるぐるカーテン』❗✨
    毎回ライブのラストは『乃木坂の詩』が決まり事となっていて、会場もサイリウム紫一色で準備万端という感じだったのですが…真夏の「最後はこの曲です❗ぐるぐるカーテン❗」の一声で会場に驚きの「えーーーー❗」という声が響き渡り、曲のスタンバイしている真夏がちょっと笑ってしまうという出来事がありました。不意をつかれて僕も「えーーーー❗」と言ってしまいましたが、ナイス演出だと思います。全てが予測不可能の8thバスラだと言うことを初日でわかりました。

    1
  • ぽん太
    ぽん太

    ⊿ Day 2⊿

    ✨会場全員でスクワット10回からスタート❗✨
    今回のバスラは毎日オープニングムービーが全く違うものになっていて「準備運動をしましょう」という流れだったのが2日目です。そこで会場全体でスクワットをすることになり、本当に会場みんなで頭に手を当ててスクワット10回行いました。こんな感じでスタートするライブ他探してありますかね。。。

    ✨1曲目は『ジコチューでいこう』❗✨
    オープニングムービーはスクワットをしたあと発声練習&『ノーモア映画泥棒』のパロディ風の注意事項に移り、そこで真夏から『俺の嫁』コールは禁止、『超絶可愛い』コール禁止などの注意事項が言われ(『俺の嫁』コール禁止の時は会場から拍手が起こりました。)その流れで『おいシャン禁止』『bicycle禁止』『ガルル禁止』『ずっきゅん禁止』……etcと次々と禁止されて会場困惑の中『うるさーーーい❗』とあすかちゃんが『何でも禁止になるライブなんて楽しくない❗皆がそれぞれ自由に楽しむのがライブなんだ❗ジコチューでいこう❗』という感じまでがオープニングムービーです。
    2日目の1曲目は『ジコチューでいこう』から幕を開けました。

    ✨ザンビ初披露&好演出&さゆりん劇場❗✨
    バースデーライブをやるとして1番扱いずらいであろう『ザンビ伝説』は披露されるのだろうかとずっと思っていたのですが、2日目に披露されました❗曲中さゆりんが関西のおばちゃん風に出てきて「暗い❗暗い❗あんた達そんな暗いのあかんわー❗」と全員にライトを配るコント風演出があり、そのライトを下から顔に当てて歌ったのですが…かなり怖かったです。

    ✨さゆりんご軍団曲はさゆりん、蘭世、かなりんの3人❗✨
    さゆりんご軍団曲『さゆりんご募集中』が2日目に披露されました。今回のバスラは琴子が体調不良で欠席、かりんが卒業して不在…メンバーはどうなるのかと思っていました。かりんに関してはさゆりんご軍団のshowroomに今でも普通に出ているので、もしかしたら出てくるのではないかと個人的に期待していましたが、さゆりん、蘭世、かなりん3人によるパフォーマンスでした。

    ✨さゆにゃんラスト❗『ごめんねスムージー』✨
    さゆにゃんは初日と2日目のみの出演で、ライブで見るさゆにゃんはこれがラストになると思われます。アンコールでは温泉トリオと呼ばれたさゆにゃん、まりか、ひめたんの楽曲『ごめんねスムージー』をメンバー全員で披露しました。大型モニターにもさゆにゃんが映し出されることが多かった様に思います。膝の爆弾と戦いながらこれまで乃木坂に残してきた功績は素晴らしいものでした。さゆにゃんには感謝しかありません。

    ✨ラストは『キャラバンは眠らない』✨
    2日目のラスト曲は『キャラバンは眠らない』でした。いつものしっとりとした乃木詩ではなく元気な曲がラストです。こういうラスト曲もいいですね。

    1
  • ぽん太
    ぽん太

    ⊿ Day 3⊿

    ✨お兄ちゃん来ました❗✨
    公演前の影ナレにバナナマンの二人が登場しました。恐らくこの模様は『乃木坂工事中』で放送されると思いますのでお楽しみに。

    ✨まいやん降臨❗『インフルエンサー』からスタート❗✨
    この日からスケジュールの都合で初日、2日目と欠席していたまいやんが出演するとあって、会場はOVERTUREから水色サイリウムがチラホラ上がっていました。大きな「まいやん」コールで始まった3日目のライブは『インフルエンサー』からスタートし水色&紫だった会場が一斉に真っ赤に染まりました。

    ✨みなみちゃん❗本人史上1番大きな声が出る✨
    これは4日目のMCで本人がコメントしていたのですが、3日目のスタート曲の煽りをみなみちゃんがやったのですが「みなみ史上1番大きな声が出た♥スタッフさんとかに褒められた♥」との事でした。

    ✨プチみなみちゃんDay✨
    今回のバスラではミュージカルのような演技をしながら曲を繋ぐコーナーがほんのちょっとの曲間ですがありました。3日目の主役はみなみちゃん。可愛さ全開でした。あすかちゃんとイチャつくみなみちゃんも見れました。「もー♥バカっ♥あすかのバカっ♥」って感じです。

    ✨七瀬メドレー✨
    3日目は七瀬メドレーコーナーがありました。『ごめんねずっと』は与田ちゃん、『釣り堀』は純奈、『光合成希望』をかずみん、『ひとりよがり』『つづく』『もう少しの夢』を与田ちゃん、純奈、かずみんの3人で披露したのですが…純奈の歌唱力が爆発しました。歌の素晴らしさに度肝を抜かされ鳥肌がたちました。さすが乃木坂の歌姫です。そしてかずみんは去年のバスラに続き2年連続で『光合成希望』を披露したのですが、去年の披露中に後ろからなーちゃんが登場するサプライズがありましたが、それを再現するようになーちゃんのお面を付けた与田ちゃんと純奈が去年と同じように登場しました。与田ちゃんのなーちゃんお面姿は背が小さくて笑えました。

    ✨『偶然を言い訳にして』で無茶振りをされるまいちゅん✨
    『偶然を言い訳にして』のイントロ部分では各メンバーが自分の名前を言うのが定番になっていますが、まいちゅんに他の3人(かずみん、まいやん、さゆりん)がドッキリを仕掛けました。曲が始まり本来なら名前を言う所を「世界遺産の名前❗」と山手線ゲームのようなお題をかずみんが言い出し3人が完璧に答えていく中、何も知らされてないまいちゅんは『え❗わかんなぁーい💦💦』と言って曲がストップ。焦るまいちゅん。「もう一度最初からちゃんとやろう」と曲が始まると今度は「メキシコの地名❗」。またまいちゅんが「わかんないよー💦💦」というのがありました。ガチのドッキリみたいで、かなりまいちゅん焦っていました。

    ✨『日常』が流れ始めた瞬間❗✨
    僕が一番好きな楽曲です。前から思っていたのですが…この曲のゆったりとしたイントロが流れ始めた時の会場のスイッチの入り具合は異常だと思います。凄い盛り上がりで少なくとも僕の周りの席の人は僕も含め、体全体でコールをしている感じでした。この曲がガルルやマネキン、ジコチューよりも乃木坂史上一番盛り上がる曲と言っても過言ではないくらいファンのスイッチの入り方が違うような気がします。イントロで地響きのような歓声…凄いですよね。センターの日奈子と久保ちゃんの登場もかっこよくて、痺れました。

    ✨ラストは『人間という楽器』✨
    3日目ラストは『人間という楽器』でした。ダンスも簡単で歌いやすい曲なので、会場全体で歌って踊りながらのラストでした。ラストにはピッタリな曲だと思いました。

    ✨みり愛とまあやの面白モノマネ炸裂
    MCタイムでみり愛とまあやがメンバーのモノマネをしたのですが結構似てました。乃木坂想い出クイズのコーナーだったはずがモノマネ大会になって終わりました。ちなみに、みり愛は①『口約束』でのクセが強い歌い方をするかなりん②中国語で挨拶をする絢音ちゃんを披露。まあやは中国語で挨拶をするれなちを披露。芸達者2人は面白いです。

    1
  • ぽん太
    ぽん太

    ⊿ Day 4⊿

    ✨涙の多かった最終日✨
    4日目は後に書く卒業生メドレーやまいやん最後のバスラということもありメンバーも僕も涙の多いライブになりました。

    ✨『シンクロニシティ』からスタート✨
    4日目は『シンクロニシティ』からスタートしました。まいやん最後のバスラに相応しいまいやんセンターのレコ大受賞曲からです。個人的にはまいやんの煽りからガルルスタートorマネキンで会場のボルテージ最高潮スタートと予想してましたがどちらも外れました。

    ✨涙の卒業生メドレー✨
    まずはななみんのソロ曲『ないものねだり』。まいやんとさゆりんの御三家が歌いました。会場は緑一色。曲の最後にはまいやんが手で『7』を、さゆりんが『3』を表現し『なな(7)み(3)』と客席に向けていました。
    次はひめたんのソロ曲『自分のこと』。ひめたんを慕っていた日奈子と蘭世が歌いました。会場はピンク一色。曲中日奈子が感極まり詰まりながら歌うと、蘭世も終盤には涙を流しながら歌っていました。蘭世が泣いてるのを見ると僕も涙してしまったのですが…。
    3曲目はみさ先輩ソロ曲『もし君がいなければ』。純奈と久保ちゃんの乃木坂の歌姫ペアが歌いました。会場は赤一色。この2人の歌唱力は本当に凄いと思います。惹き付けられました。
    最後はまいまいソロ曲『強がる蕾』。かっきーが1人で歌いました。会場は緑一色。歌い始めから泣いてしまい全然歌えない状態になってしまい心配しましたが、しっかり立て直し最後は笑顔で歌いきりました。立派でした。去年のバスラで4期成全員でこの曲を歌っていたのですが今回は1人での披露。かなり緊張したと思います。
    最終日はななみんとまいまいが関係者席にいたという目撃情報があります。恐らく聖母まいまいは関係者席から温かくかっきーを見守っていたと思います。

    ✨ラストは『乃木坂の詩』❗
    4日間に渡って開催された8thバスラの199曲目最後の曲は『乃木坂の詩』でした。文句なしです。やっぱりこれしか無いでしょう。全199曲歌いきりました。メンバー、スタッフ、ファンの皆さまお疲れ様でした。

    と思ったら…

    ✨新曲初披露『しあわせの保護色』❗
    199曲披露後、モニターに表示されたのは『新曲』『しあわせの保護色』『初披露』。ということで新曲が披露されました。まいやんの卒業曲は今までの卒業曲と違いゆったりとした曲調の前向きな曲でした。今後テレビ、ラジオ等でも解禁されると思うのでお楽しみに…。曲披露後は笑顔ながらもまいやん、さゆりん、真夏が涙流していました。4日間で200曲披露は凄いですね。

    1
  • ぽん太
    ぽん太

    こんな感じですね…レポートは…
    長々と読んでいただきありがとうございました。初日公演後はまさゆきさんと僕の相方と3人で飲みに行って色々と語りました。気づいたら夜中の1時でしたね(笑)またよろしくお願いします。
    4日間凄く楽しくてあっという間でした。
    やっぱ乃木坂だなっ❗というのが総括です。

    2