ログイン
詳細
サエ

現在ひたすら本を読む事に時間を費やしていて、思った事は、本には読む順番あるって事だ。 見城さんに出会っていなければ、小説を読む事はなかっただろう。 小手先でなんとかなりそうな自己啓発本を読んで読んだ気になって、同じ悩み、日常をぐるぐると繰り返していたと思う。 見城さん(幻冬舎)が世に出す本は、時代に沿っていて、「蜜蜂と遠雷」や「ツバキ文具店」「淳子のてっぺん」「十五の夏」いつの間にか、私の読書体験は積まれていた。 そして、本を読む事は苦痛ではなく、喜びに変わっている。 最初は、文字を読む事、ストーリーを追いかける事に必死だったが、いつしか、本から情景を脳で映像化し、登場人物の心情を読み取り、本と対話する。 3年かけてやっとここまで来れたんだと実感する。 本には読む順番があると書いたけど、読み方にも順番がある。 落ち着いて読める、って事が今の私には大きな恩恵だ。 そこで、本と対話する余裕がうまれた。 見城さんの読書体験で、本の余白に書き込みや、線をひいたり、最後に感想を書いたりのくだり(二十歳の原点のメモは心を打つ)があるけど、私には出来なかった。 今やっと、わからない漢字や意味、地名や時代の背景、一つづつ調べながら丁寧に読み進め、読み終われば書評や作者を調べ、新たな感想を持つ事が出来る。 「読書という荒野」を再読すると新たな発見があり、また私には入り込めない領域があることも知る。 もっと先へ、読書と共に己を知るために、未知の領域へ歩んで行きたい。

前へ次へ
サエのトーク
トーク情報
  • サエ
    サエ

    現在ひたすら本を読む事に時間を費やしていて、思った事は、本には読む順番あるって事だ。
    見城さんに出会っていなければ、小説を読む事はなかっただろう。
    小手先でなんとかなりそうな自己啓発本を読んで読んだ気になって、同じ悩み、日常をぐるぐると繰り返していたと思う。
    見城さん(幻冬舎)が世に出す本は、時代に沿っていて、「蜜蜂と遠雷」や「ツバキ文具店」「淳子のてっぺん」「十五の夏」いつの間にか、私の読書体験は積まれていた。
    そして、本を読む事は苦痛ではなく、喜びに変わっている。

    最初は、文字を読む事、ストーリーを追いかける事に必死だったが、いつしか、本から情景を脳で映像化し、登場人物の心情を読み取り、本と対話する。
    3年かけてやっとここまで来れたんだと実感する。
    本には読む順番があると書いたけど、読み方にも順番がある。
    落ち着いて読める、って事が今の私には大きな恩恵だ。
    そこで、本と対話する余裕がうまれた。
    見城さんの読書体験で、本の余白に書き込みや、線をひいたり、最後に感想を書いたりのくだり(二十歳の原点のメモは心を打つ)があるけど、私には出来なかった。
    今やっと、わからない漢字や意味、地名や時代の背景、一つづつ調べながら丁寧に読み進め、読み終われば書評や作者を調べ、新たな感想を持つ事が出来る。
    「読書という荒野」を再読すると新たな発見があり、また私には入り込めない領域があることも知る。

    もっと先へ、読書と共に己を知るために、未知の領域へ歩んで行きたい。








  • サエ
    見城徹見城徹

    ようやく空は晴れました。気持ちも少し晴れました。落ち込むよりやるべきことを匍匐前進する方がよほどいい。

  • サエ
    サエ

    今まさに本と向き合ってます。
    一つ一つ、時間をかけて。
    本の面白さを知ると共に、作者の思いや、膨大な知識が流れ込んできて、頭でわかっても自分の言葉で表現ができない。

    見城さんの言う、獲得する言葉、そしてその言葉を駆使する思考。
    正確な言葉がなければ、深い思考は出来ない。深い思考がなければ、人生は動かない。
    匍匐前進するしか私にはないって事をしみじみ感じます。

  • サエ
    サエサエ

    現在ひたすら本を読む事に時間を費やしていて、思った事は、本には読む順番あるって事だ。
    見城さんに出会っていなければ、小説を読む事はなかっただろう。
    小手先でなんとかなりそうな自己啓発本を読んで読んだ気になって、同じ悩み、日常をぐるぐると繰り返していたと思う。
    見城さん(幻冬舎)が世に出す本は、時代に沿っていて、「蜜蜂と遠雷」や「ツバキ文具店」「淳子のてっぺん」「十五の夏」いつの間にか、私の読書体験は積まれていた。
    そして、本を読む事は苦痛ではなく、喜びに変わっている。

    最初は、文字を読む事、ストーリーを追いかける事に必死だったが、いつしか、本から情景を脳で映像化し、登場人物の心情を読み取り、本と対話する。
    3年かけてやっとここまで来れたんだと実感する。
    本には読む順番があると書いたけど、読み方にも順番がある。
    落ち着いて読める、って事が今の私には大きな恩恵だ。
    そこで、本と対話する余裕がうまれた。
    見城さんの読書体験で、本の余白に書き込みや、線をひいたり、最後に感想を書いたりのくだり(二十歳の原点のメモは心を打つ)があるけど、私には出来なかった。
    今やっと、わからない漢字や意味、地名や時代の背景、一つづつ調べながら丁寧に読み進め、読み終われば書評や作者を調べ、新たな感想を持つ事が出来る。
    「読書という荒野」を再読すると新たな発見があり、また私には入り込めない領域があることも知る。

    もっと先へ、読書と共に己を知るために、未知の領域へ歩んで行きたい。








  • サエ
    見城徹見城徹

    [読書という荒野]は難し過ぎたと思う。しかし、こういう風に受け取ってくれる人がいるのは嬉しい。しかし、あのような本が10万部もよく行ったなあ。

  • サエ
    サエ

    [読書という荒野]
    現在と、過去とを照らし合わせ、時代を知れば知るほど新しい発見があります。
    最初は見城さんの本だから、見城さんを更に知りたいって思いで読んだけど、離れて他方から読めば、紹介されている本の作者の持つ世界に見せられる。
    読めば読むほど難解だと思うのは、本の中の世界が広いって事で、同時に長く楽しめるって事🎵
    [読書という荒野]が私の側にあって良かった。

  • サエ
    サエ
    投稿画像

    来たーーーサマソニ🎵
    レッチリと髭ダンが目当て😍
    楽しみ✨
    だが、来る途中で携帯落として画面がバキバキに割れました😿

  • サエ
    サエ
    投稿画像

    ダン・ブラウン「インフェルノ」めちゃくちゃ面白かった。
    ダンテの「神曲」を読んでから、阿刀田高の「やさしいダンテ神曲」を読んでこの本に行き着いた。
    イタリア美術史の丁寧な説明が、主人公の歴史学者という立場に仕立てた事に幅を利かせ、歴史と、これから直面するであろう人類の未来。
    深まる謎。読み出したら止まらない❗️
    さぁ今から映画の「インフェルノ」を観よっと。

  • サエ
    サエ

    「インフェルノ」に感化された。
    イタリアに行って美術館巡りしたーい。
    まぁその前に上野西洋美術館でロダンの地獄の門を見よーっと。
    見城さん何処に行ってるんだろう??
    ヨーロッパだったら羨ましい