ログイン
詳細
みつお

今朝の日経新聞[交遊抄] あまりにも強烈! 今村司 つかこうへいさんのエッセーにも登場し、時代の風雲児として憧れていた幻冬舎社長の見城徹さんと初めてお会いしたのは、私が日本テレビにいた約10年前。社長室でダンベルを持ち上げながら「人生は祭りだ。俺、熱狂しながらもうすぐ死ぬからな」が第一声だった。あまりにも強烈な個性に魅了された。 年に数回は食事をご一緒する間柄となった今でも、自らを徹底的に追い込み、仕事や生き方に妥協しない姿、小説や映画に対する情熱に触れるたび、ハッとさせられる。緩んでいる自分に気づいて背筋が自然と伸びるようだ。「ひんしゅくは金を払ってでも買え」「薄氷は自分で薄くして踏め」。無関心からは何も生まれず、まずは首を突っ込むことが大事で、ぎりぎりまで考え抜かねば幸運はつかめないとの教えだ。10歳上の先輩から投げかけられる言葉はいつも刺激に満ちていて、畏敬の念をおぼえる。 球団の将来を考えると、野球を大きな柱に据えつつ、ブランド力を生かしたエンターテインメントビジネスとして枝葉を広げていくことが大切だ。見城さんから授かった「薬になりたがって良い人を演じるな。毒になることを恐れず、迷ったら前へ出ろ」の言葉を肝に銘じて、新たな挑戦にまい進していきたい。(いまむら・つかさ=読売巨人軍社長)

前へ次へ
福田のトーク
トーク情報
  • みつお
    みつお
    投稿画像

    これも詐欺メールでしょうか?荷物を待ってるとついついポチッとしたくなる。

  • みつお
    みつお

    昔、仕事が欲しくて仕方がなかった時、あるスーパーゼネコンの見積りを手伝ってました。それで図面の印刷を外注業者に頼んでいるから、そこに登録するよう言われ社内にある外注業者の所に行きました。

    次の日、信用調査会社から電話があって、「名前は言えないけどある会社がお宅と取引するに当たり調査を依頼してきた」と。要するにうまいこと言ってあげるから、うちと取引しろと。結果的に詐欺だったのだけど、コロッと引っ掛かってしまった。

  • みつお
    みつお

    タイミングが良すぎませんか?大事にはしなかったけど、印刷外注業者を疑いましたね。まさか会社がグルの訳ないでしょうが、誰かが小遣い稼ぎに情報を漏らしているのではないかと。今となっては貴重な体験でした。

  • みつお
    みつお

    普段はだまされなくても、タイミングが合えばだまされてしまう。オレオレ詐欺なんかに引っかかるはずがないと思っていますが、油断してはいけないということです。

  • みつお
    みつお

    設楽選手の優勝を予想しましたが、大外れでした。すみません。

    中村匠吾選手、優勝おめでとう。

    これで、駒大の大八木弘明監督は安泰ですね。オリンピック選手を育てた監督を馘には出来ないでしょう。

  • みつお
    みつお

    「長生きしてくださいね」って失礼だぞ。何故失礼に感じるかというと、
    まず、上から目線
    それから、初対面の方にいう言葉じゃない

    それにしても、見城社長は見事な対応。この人がどう感じるかだな。調子に乗らないことを祈る。

  • みつお
    みつお

    ↑↑愛知トリエンナーレ事件の本質をズバリ解き明かしてて、凄いなと思いました。

    見城社長が始めて(今はアカウントを削除してます)からTwitterにはまってます。

    箕輪さんの言ってる通り「バカ発見機」なのだろうけど、私がフォローしている方への攻撃が執拗で、しかも次から次へとそれこそ湧いてきて、これじゃあメゲるなと同情します。メゲてアカウントを削除しようものなら、相手の思うつぼで、勝利宣言されちゃう。

  • みつお
    見城徹見城徹

    相手に本当のことを言えば関係が壊れるかも知れない。しかし、本当のことを言わなければ相手に対して不誠実だ。相手と特に親しい関係の場合は尚更である。それでも言うべきか言わざるべきか葛藤する。言わなければ何も起こらない。言って関係が終わったことも数回ある。自分は相手のことを真剣に、我が事のように思っているのか?自問自答する。相手にとっては余計なお世話かも知れない。まだ悩み続けている。

  • みつお
    みつお

    755は、自分の主義主張を述べるところではありません。述べたいなら、Twitterでして下さい。

    ↑↑見城社長の思いにははるかに及びませんが、言うべきか言わざるべきか悩んでいます。察して頂ければ幸いです。