ログイン
詳細
中川 剛

2017.4.23 「徹の部屋」 (AbemaTV、4月度) 今夜も、裏話満載で滅茶苦茶面白かったです❗️あっという間の2時間を、今夜も有難うございました❗️そして、大変お疲れ様でございました。 裏話満載ということは、ご出演の方々が相当身を切りながらお話して下さっているという証拠なのだと思いますが、これも見城さんがホストの「徹の部屋」ならではの話だと思います。GNOが無ければ成立し得ない数々のトークは、矢張り観ていて面白いです。 鳥肌が立つような感動的なエピソード、思わず手を叩いてしまう様な面白いエピソードなどなど挙げればきりがないほど色々なエピソードがありました。他では聞けないエピソードを生で語って下さるのですから、観ていて緊張感もあるし、極端に面白いのだと思います。 山川健一さんが語る見城さんのエピソードは、本当にどれも興味津々でした。同じマンションに住んでいた頃のお話、女性とケンカした後薔薇を持参して謝りに行くお話、タクシードライバーとの揉め事のお話、銀座のレストランを5〜6軒もハシゴするお話、角川書店時代に見城さんが原稿の6割以上もやっていらっしゃった文芸誌「野性時代」のお話、そして、「見城さんは編集者としてのカードを必ず出してくれる。人生をプロデュースしてくれる(TKプロデュース)。」というお話などなど、非常に見ごたえのある濃い内容でした。 そして、容姿だけではなく、お声も実に美しく可愛かった小林希さんの旅のお話も素晴らしかったです。取る行動は何とも大胆かつ極端なのですが、トゲがなく爽やかで温かい印象の方でした。行きたい方向がハッキリしている印象があり、とても素敵です。見城さんが絶賛されている小説も気になりました。 また、大石さんの司会進行のアシスタントの腕前もますます上がってきている感じがあり、大御所ばかりの生トークなのに、本当に凄いなぁと思いました。 ところで、今回の「徹の部屋」では、いつもに増して、本をはじめとしたご紹介が沢山ありました。抜けがあるかと思っており、その点は大変申し訳ないのですが、以下にメモを書いておきたいと思います。 🔷本 ①見城徹、松浦勝人・著「危険な二人」 (幻冬舎文庫) →以前、感想を書かせて頂きましたが、こんなに面白かった対談本は他にありません! ②雑誌「GOETHE」6月号 (幻冬舎) →明日発売!見城さん、秋元康さんの健康法、ジムなどのご紹介があるとのことで見逃せません! ③山川健一・デジタル全集「Jacks」 (幻冬舎) 作家デビュー40周年特集 ④小林希・著「泣きたくなる旅の日は、世界が美しい」(幻冬舎) ⑤小林希・著「恋する旅女、世界をゆく」(幻冬舎文庫) 🔷舞台 扉座公演「郵便屋さんちょっと」 (幻冬舎プレゼンツ) 2017年6月、新宿紀伊國屋ホール →どうしても、どうしても観に行ってみたいお芝居です! 🔷レストラン Itumo×LOVER (銀座、創作料理) →見城さんが「勝負の時に使うといい」と仰っていた銀座の隠れ家! 🔷番組 「小林希 世界の猫宿」 土曜日23時55分〜、BS放送 次回は、ロングブレスダイエットで有名な美木良介さん、読めば絶対に感動する本「熱狂宣言」の著書でもいらっしゃるダイヤモンドダイニング創業者の松村厚久社長の回ですが、こちらも相当楽しみです! 今夜も有難うございました!

前へ次へ
中川のトーク
トーク情報
  • 中川 剛
    中川 剛

    ↑なんて鮮やかな言葉なんだろうか。自己愛について、こんな風に言葉に出来るなんて。極めて難易度の高い表現だと思うが、言葉が限りなく正確で無駄がないから、その深い意味合いは誰の胸にも届く。この言葉にこそ、見城さんの色気や香りが備わっています。

  • 中川 剛
    中川 剛

    てんあつさんがリトークをし、見城さんがリトークをして下さる唯一無二の言葉に、朝から猛烈に感動します。どのトークも、心の奥深くにまで訴えかけてくるものがあります。そして、「言葉に正確でありたい」と願う僕にとって、どの言葉も、圧倒的に鮮やかに映ります。美しいまでに言葉が正確だからです。見城さん、てんあつさん、多彩で、きらびやかで、胸が熱くなるトークを毎朝有難うございます!

  • 中川 剛
    中川 剛

    21.5.5記
    Clubhouse「行く気がないのに、今度、飯でもと誘うな」

    前半のみ拝聴となりましたが、聴けて本当に良かったです!

    Clubhouseで、「今度、ご飯でも」という見城さんからかけていただいた言葉だけで感動したのに、直ぐに会食が実行され、めちゃくちゃ驚いたというasamiさんのお話。しかも、段取りも、お店も、ワインも、見城さんによるもので、全てが完璧で、感動的。そんな「見城さんの圧倒的な細やかさ」を感じられるエピソードがありました。私なんかが語るのは大変烏滸がましいのですが、本当に、本当に、その通りだと思います。そのエピソードに加えて、「いつも人を感動させる」という見城さんの日常の姿を正確に表した言葉もありました。こちらも、めちゃくちゃ共感します。

    行く気がないなら、「今度飯でも」とは誘わない。誘ったならば、ちゃんと約束を果たす。当たり前のことの様ですが、難しい。僕は、出来ていません。超絶ご多忙な中でも、出来得る限り誠実に、迅速に、ご対応されている見城さんが仰るからこそ、今回のテーマになっている言葉に迫力があります。今後、軽率な言葉を控える様、気を付けます。

    最後に、「私鉄沿線」をLiveで歌って下さったサービス精神を忘れない見城さんも素敵過ぎました!恋愛に纏わる甘美なエピソードも、非常に素敵でした!今回も、見城さんにしか語り得ない唯一無二のトークを有難うございました!そして、アベタクさん、asamiさんをはじめとしたモデレーターの皆様がいるからこその貴重なClubhouseを有難うございました!

  • 中川 剛
    中川 剛

    毎回、「感想を書くのは簡単じゃないなぁ」と思います。良い感想を書きたいと思いますが、書けたことはほぼないです。「まあまあかな」と思えたことすら記憶にない。そんな拙い感想トークに、拍手を下さる皆様に、とても感謝しております。心から有難うございます。読んでいただけるなんて滅多にないこと。ましてや、拍手なんて、ほとんどの場合、いただけないものだと思います。有難いです。

  • 中川 剛
    中川 剛

    ↑めっちゃ羨ましい!😎「はみ出るカルビ」、「ポテサラ」、「ミルフィーユロース」……食べたいなぁ‼️