ログイン
詳細
中川 剛

沢木耕太郎・著「無名」の最後の最後のページにある「それでよし。私は父の代わりにそう呟いた。」という文章が何故だか非常に心に残っている。同書を読んだ時、この文章を読んで心打たれたからだろうか。いやもしかすると、この文章というより同書の全てに心打たれたからかも知れない。「それでよし。」そんな風に呟く日が僕にもいつか来るのだろうか。

前へ次へ
中川のトーク
トーク情報
  • 中川 剛
    中川 剛中川 剛

    見城さんは、言葉どおりの方である。こう何度も申し上げてきました。この印象は、以前にも増して鮮烈になっています。見城さんほど言葉どおりの方を僕は他に知りません。このことに僕は猛烈に感動しています。別の言い方をすると、実績や行動が伴っている言葉ほど強いものはないということです。その実績や行動が圧倒的なものであればあるほど、それに応じて言葉の力も圧倒的なものになっていく。見城さんをみているとそう感じます。見城さんの言葉の圧倒的な力強さは、圧倒的な実績と行動がとんでもない精度で言葉とリンクしているからではないでしょうか。

  • 中川 剛
    見城徹見城徹

    ⬆︎ 正確な言葉=人生への概念です。その概念を圧倒的努力で実践し、結果を叩き出す。だから、その人の言葉はその人の生きた軌跡です。

  • 中川 剛
    中川 剛

    ⬆︎長旅、お疲れ様でございます。僕は、明日九州へフライト。あっという間です(笑)

  • 中川 剛
    中川 剛中川 剛
    投稿画像

    一昨日も、昨日も、今日も、明日も、僕が一番大切にしたい言葉は、見城さんの言葉です。
    2017年4月1日は、人生で最も忘れ難い1日です。見城さんと初めてお会いさせていただいた奇蹟の1日だからです。見城さんのお言葉で忘れられない言葉はいくらでもありますが、特に、胸の中でギラギラと光を放って止まないのは写真にある『圧倒的努力は岩をも通す』です。この言葉を世の中の誰よりも鮮やかに証明し続ける見城さんによる直筆の言葉は途轍もなく重たいです。と同時に、心底大好きです。圧倒的に鮮やかな見城さんの生き様が完璧に乗っかった言葉だと思うからです。僕は根性がない故、『圧倒的努力』という言葉を言えたことが一度もありません。しかし、せめて食らいつきたい。毎日そう思っています。皆様に比べれば私などあまりにも低すぎるのですが、少なくとも2017年4月1日に比べれば、結果も評価も立場も明確に変わってきています。全て、見城さんのおかげでございます。人が休んでる時、寝ている時に仕事しているのも、全て、見城さんの言葉のおかげでございます。見城さんの言葉は、本当に本当に唯一無二。見城さんの言葉には、ひとりびとりの人生を変えてしまうほどの圧倒的魅力があるのだと思います。僕は、世界一見城さんを尊敬しております。

  • 中川 剛
    中川 剛

    ⬆︎うぉー!格好良すぎます!シカゴですから、やはりダルビッシュ選手だったのですね!!

  • 中川 剛
    中川 剛

    2時までパソコンしていたからか、目が冴えて寝つけません。現在4時半、参りました。