ログイン
詳細
石井勇太

↑寂しい映画でした。 登場人物一人一人に深い物語を想像させ色々な角度から今の社会を考えさせられる作品でした。 そうしないと生きていけない者、時代の流れで生きていく者、ただそれがヤクザだった。 悪い事をした者は関係ない者から袋叩きにあう。それが正義だと。 印象に残っているセリフが「義理人情を重んじ、男を磨き、男の道を極めることです」これが無くなったから今の法律ができたのではないかと思ってしまった。 最後、映画を観終わった後にふと思った言葉がある。 「愛した男が、極道だった」

前へ次へ
石井勇太のトーク
トーク情報