ログイン
★回答率100%★何でも話す。裏トーク!恋愛から人生相談まで。
トーク情報
  • 吉川朋孝
    吉川朋孝

    (続き)

    失恋だったり、嫌なことは、「時間が解決してくれる」ってよく言うけど、確かにそれはそれで合っているのかもしれない。

    時間が経てば、状況も自分の考えも色々と流れていっていまうから。

    でも、大切なことは、嫌なことや辛いことが時間の経過によって薄れていくことを待つより、その辛いこと、受け入れたくない弱い自分と向き合うことが、とても大事なのではないかと思えた。

    自分の恋愛経験からして、まだよくわからないことの方が多いけど、数年前から先生が「バヤシは恋愛をしろ!」と言っていたのは、ここにあったのではないかと思えてきた。

    よく成長したいしたいと自分が言っていたとき、先生は成長するにはまず、自分を知ることだと言っていた。今なら、何となくその意味がわかった気がする。

    自分を知ることの大事さ。だから、自分が彼女に好きな人ができたと言われ、また告白してフラれたとき、先生は「落ちきるところまで、落ち込んで良いんだよ」と言ってくれたんだ。

    あの言葉がなかったら、自分はどうなっていたんだろう。

    また彼女に連絡をしたり、五反田(風俗)に遊びに行ったのかもしれない。

    でも、それはしなかった。

    あの言葉があったから、逃げることはせずに、自分なりに精一杯、自分と向き合うことができた。

    まだ、ひとつの経験を積んだだけであって、まだまだ弱い部分もたくさんあるけど、こうやって自分は大人になるのかなと、今は思える。

    恋愛は楽しいことも幸せに思うこともたくさんあるけど、辛いことも悲しいこともある。

    こうして、お別れがくることもある。好きなのに別れるのはとても辛いことだ。

    この辛い出来事は、自分が成長出来るか出来ないかを試された試練だったんだ。

    幸運なことに、自分の隣には先生というたくさんの経験を積んだ人がいたので、試練を乗り越える攻略法(自分との向き合い方)を教えてもらえた。

    先生の「裏メソッド」は、筋トレと同じく、厳しくて、辛いときもある。

    だけど、それを乗り越えたとき、いつもと違う景色が見えるようになる。

    先生が言う、「失敗はたくさんすればいい。」というのは、乗り越えることを前提で言ってたんだ。

    失敗は、成長する機会を与えてくれるもの。

    そんな改善点がある自分と向き合う機会を与えてくれるのが失敗。

    そこから逃げるのも、向き合うのも、選択は自分にしかできない。

    普通は、自分で厳しい選択なんてできっこない。

    今回は、自分の感情がコントロールできないほどに彼女のことを好きになれたから、結果的に厳しい結果に行き着けたんだと思う。

    先生は、そんな人間の本質的な弱さを知っているからこそ、鍛えるために恋愛をしろって言うんだ。

    鍛えるためでもあるから、先生が言ってた。「防御はするな。武器を持たず裸で挑んで絶望的なまで相手を愛しなさい。それで新しい自分が発見できるんだ。」と。

    今回の恋愛でたくさんの新しい自分を発見した。

    それは、ほとんどが見たくない自分の弱い部分だった。

    でも、これに向き合って乗り越えるからこそ、成長して、本当の大人になれるんだ。

    まだまだ自分は青い。だけど、筋トレと同じで、鍛えれば鍛えるほど強くなれる。

    弱さは強さ。弱い自分を受け入れる。弱い自分に向き合い鍛える。

    弱いのは自分だけじゃない。誰だって弱い自分から始まるんだ。

    自分の弱さに気づくかないと強くもなれない。

    先生がよく言う、「本当の優しさは、強さの中からしか生まれない」って、鍛えて強くなることなんだ。

    だから、優しい大人になるのも成長してこそなんだ。

    ちょっぴりそう思えるようになれた。

    そう思ったら、これからの人生が楽しくなった!


    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    吉川メソッドトレーナー:中林宏明

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    バヤシさんの恋愛ストーリー面白いです。私もバヤシさんの気持ちがめっちゃ分かります。いつも後になって強がったりカッコつけるのはマイナスだと気付くのですが、つい強がって自分の本当の気持ちとは真逆の行動を取ってしまいます。 治したいのについ衝動的になって強がってしまいます。 このストーリーの中盤あたりに書かれてましたが本になるんですねw いつ頃書籍化されるのでしょうか?

    強がったりして、本音とは真逆の行動を取るのは、人間の行動心理ですからね。将来の利益より目先の損失を回避したい「近視眼的損失回避」によるものです。

    本は、今Kindleで出そうとフォーマットを作っているところです。いつ出るかは、初めてKindleで出すので、予定が読めませんが、なるべく早くに出したいと思っています。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    恋愛で思い出したのですが、吉川さんは藤沢数希さんの「ぼくは愛を証明しようと思う」という本はご存知でしょうか?「非モテコミット」という造語を作られた方なのですが、この方は恋愛の成功率の高さはナンパなどの試行回数(場数)やロジックとお考えのようですが、吉川さんは恋愛攻略はロジックだと思われますか? 吉川さんの恋愛のアドバイスは論理的な感じだったので気になりました。

    お名前は知ってますが、失礼ながら本は読んだことありませんので、その方の考えについて述べることはできませんが、恋愛がロジックで解決できるかという問いだけに個人的な回答をしますね。

    恋愛は感情があるので、ロジックがあっても、その通りに本人ができないので、そもそも論的なかんじで、難しいですよね。

    バヤシもロジックを教えてもその通りに行動できなかった結果でもあります(笑)
    ですから、私の裏メソッドは、その感情がロジックどおりに行かないのが前提の恋愛ロジックです。

    あと、そういったテクニカルなことは、分母に対してかけ算をするような確率論なので、分母(スペック)を高くしないと効果は出にくいはずです。

    スペックでわかりやすいところだと、収入や見た目、会話の仕方ですね。

    もちろん、場数によって女子としゃべりやすくなるのはあるので、そこはやるべきだと思いますが、リソース部分のスペックも同時に磨くべきです。

    また、場数によってしゃべりができるようになる人は、元々の性格が合っているのもありますので、それぞれ本人の得意なことを活かす形から入った方が良いと思います。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    タイチ
    おはようございます。吉川さんは今まで色々とビジネスの経験をされて来たと思いますが、吉川さんが参入する時に、一番大事にされる事というか、"ここだけは必ず外さない"というような事はありますか?会社を閉じてから、1ヶ月近く経ちますが、どうも自分は未だに小手先のノウハウ的な事を求めて居ます。幸いにも、そこ意識する事じゃねぇだろ感は自覚出来ております。

    当たり前すぎますが、初期費用、固定費をなるべくかけないとかですかねー。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    恋愛のロジックの件ありがとうございます。 確かに恋愛だと相手が居るので、いくら知識としてロジックを知っていても、感情に左右されて上手くいかなくなりますね…。 分母(スペック)を向上させることは自信に繋がりますし、それが結果的に喋り方や立ち振る舞いに出てプラスに働きますもんね。 女性と話す時によく自慢をしてる方をみかけますが、あれは本当は自分に自信がないから認められたくて誇示してしまうのでしょうか?

    続き「女性への自慢に限らずなのですが、マッチョの人で自分で脱いで体を見せびらかす場合は他人に認められたいという心の弱さからくるものなのでしょうか?他人と比較してるから他と差別化をする為に脱いでしまってる気がするのですが、自分はマッチョになったことがないので分かりません。吉川さん自身は脱がないキャラと仰っておられましたがどう思われますか?」

    回答:
    その通りだと思います。マウンティング、順位付け、優位性を誇示するための行動でしょう。お金持っているアピールも同じだと思います。

    逆に言えば、それらのアピールをする人は、それしか誇示するものが無いとも言えます。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    投稿画像

    強くなりたければ恋愛をしなさい 〜恋愛は人生のカリキュラム〜 Kindle版 250円
    読み放題は無料 吉川朋孝 (著),‎ 中林宏明 (著)
    http://amzn.to/2Ay3pA1

    Amazonレビューのご協力お願いします!

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    今自分の体を採寸できるZOZOSUIT というボディスーツが話題になってますが吉川さんは購入されますか? 私はファッション初心者なのでこういうのに頼るのもアリかと思って注文したのですが、試着しないと不安なので結局お店に出向いて購入するような気がしてますw

    ZOZOSUITは注文しました。届くのが2月になるようですが。まだ、どんな服が出るのかわからないので、どちらかというと最先端のテクノロジーとサービスを体感したくてというのが強いですね。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    にんめら
    他の質問者さんの回答でおっしゃっていた、ユニクロのカシミヤVネックニットは吉川さんはどのようなアイテムと合わせるのでしょうか?

    ザラのデニムに良く合わせてます。近々バヤシのブログでそのカシミアニットが登場予定です。

  • 吉川朋孝
    吉川朋孝
    たろー
    先日の就活の質問に対する吉川さんの回答で "就活をしない""なんでも聞いてください。なんでも答えますから" がとっても印象的でした笑 吉川さんは大多数の人とは違う考えやキャリアをこれまで 歩まれてきたと思いますが、 吉川さんがもし今、中学生だとしたらどういったキャリアを考えますか?

    続き「高校は行きますか?バイトしてお金をためてから、パーソナルトレーナーとして起業されますか?また具体的に理由もお伺いできればお願いします。よろしくお願いします。」

    回答:
    今を生きてる私が過去に戻ったらという質問に回答するのは、答えを知っている人が質問に答えるような物なので、回答できないです。たらればになっちゃいますしw

    ただ、私ならその時その時にやりたいことをして、やりたくないことはしない、自分とは何かを人生の中で探していく性格には変わりはないので、同じ人生を歩んでいるはずです。今でも後悔していることはひとつもありません。ですから、やっぱり高校には行かないでしょうね(笑)