吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
夏菜子推し
夏菜子推し
筋肥大を目的としていなく、俊敏性や瞬発力をあげるためにはどの位の負荷でどの位の回数やるのがいいですか??
それは、筋トレの目的とは違いますから、技は技で練習して、筋肉を付けるのは、10回ほどで限界を向かえるウエイトトレーニングでないと効率よく筋肉は付きません。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
TSUTAYA
TSUTAYA
筋トレしてから3時間くらい経った後に有酸素運動するのでは遅いですか?
有酸素運動は、筋トレ後のなるべく早めがいいのは間違いありません。

筋トレの強度によりますが、筋トレでの脂肪分解作用は6時間は続くと言われてますから、3時間後もやらないよりはやった方が良いでしょう。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
ネコ❤(*ΦωΦ*)❤️
ネコ❤(*ΦωΦ*)❤️
156cm48.3㌔ほどです。ゆるめの糖質制限を半年ほどしています。ここ2ヶ月は48から落ちません。ジムは週3ほどです。適正体重ととらえるべきですかね😅食べて痩せたい我儘なやつなので…
ゆるめの糖質制限ではあまり効果無いですよ。ダイエットとしてではなく、糖質制限を健康のためにやりましょう。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
jeep
jeep
今は糖質制限してません。 節約の為食べる量が減りました。
糖質制限は健康法なので、やるべきです。
まずは、こちらを読みましょう。

著者:江部康二
タイトル:江部康二の糖質制限革命
https://goo.gl/hOZV0I

著者:夏井睦
タイトル:炭水化物が人類を滅ぼす
http://goo.gl/lz5BDx

著者:宗田 哲男
タイトル:ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~
http://goo.gl/8M8Hv8
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
jeep
jeep
果糖は吸収が早いんですよね?びわ1個もアウトですかね?
果糖は血糖値をほとんど上げませんが、血中の中性脂肪値はブドウ糖より上げます。また、果物は果糖だけではなく、ショ糖も入りますので、その分の血糖値は上げます。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
脱メタボ
脱メタボ
おならがたくさん出たりくさかったりするのは肉食だからでしょうか?だけど、糖質制限で野菜は特に食べる必要ないんですよね?ヨーグルトも乳糖がありますから食べません。
おならがたくさん出たり、臭かったりするのは、たんぱく質ばかり食べてしまい、脂質をしっかり摂ってないからだと思います。

ビタミンC摂取のために糖質の少ない葉物野菜を食べられると良いですよ。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
夏菜子推し
夏菜子推し
瞬発的な動きをするのは、筋肥大と持久力のどちらを目的とした筋トレがいいですか?
とにかく大きな筋肉を付ければいいです。筋肉が大きいと動きが遅いとかスタミナが切れやすいとかはないです。むしろ逆です。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
タツベイ
タツベイ
減量目的であれば、低脂肪の食事にオリーブオイルやエゴマオイルをかけて食べるのが理想ですか?
同じカロリーなら、脂質>タンパク質>糖質の順に痩せやすくなりますから、脂質の割合は増やしても大丈夫です。動物性の飽和脂肪酸もしっかり摂りましょう。つまり、普通にお肉や卵から脂質を摂れば良いってことですね!
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
まい
まい
たんぱく質たくさん糖質制限で十分なカロリーを確保した場合、筋肉の分解は防げますか? 高たんぱく質、低脂質、低糖質で カロリー十分です。
筋肉などの体タンパク質は、常に分解と合成を繰り返してますから、実質的に分解を防ぐことは不可能です。

おっしゃってるのは、タンパク質をたくさん摂れば、筋肉がなくなるのを防げますか?と言うことだと思いますが、これは、タンパク質の摂取量を増やしても、筋トレがしっかり出来ていなければ、筋肉は落ちます。

減量をして体重が落ちれば、その体重を支えてきた筋肉も不必要になりますので、筋肉は落ちやすくなります。

また、遺伝的に筋肉が付きやすい人は、いい加減な筋トレでも筋肉は付きますし、体重が落ちても筋肉は落ちにくくなります。

あと、筋肉はタンパク質で出来ていても、筋肉を作るプロセスにはホルモンが重要なので、低脂質では筋肉は付きません。
吉川朋孝さんがリトークしました
吉川朋孝
吉川朋孝
りゅうRYU
りゅうRYU
確かに、筋トレとかしたあとに勉強すると頭に入りやすい、集中できるって聞いたことあるんですけど、どうなんですか?
最近の脳研究ででわかったことで、今まで記憶をする場所は、脳の海馬だと思われていたのですが、実際は一時的に保存するだけの役割のようです。

ヒトは記憶するとき、新しい記憶は一旦海馬に記録され、その後大脳皮質に記憶が転送され、長期的に保存されます。

この転送が盛んに行われているのが寝ているときです。

寝ているときに海馬に記録された記憶を大脳皮質にリプレイさせて固定化させているそうです。

海馬の神経細胞はおよそ1億個に対して、大脳皮質の神経細胞は100倍の100億個です。

また、海馬の神経細胞が新たに生まれる「神経新生」というものがあります。

この新たに生まれる神経細胞が、記憶の大脳皮質への転送と深く関わっていることが最近の研究でわかりました。

歳をとると記憶力が落ちるのは、この神経新生が落ちるからだと言われています。

神経新生が落ちれば、海馬から大脳皮質への転送が行われにくくなり、海馬の記憶容量がいつもいっぱいになっているので、新しいことが覚えにくいと言ったことが起きます。

若い頃は、神経新生が活発で、海馬から大脳皮質へどんどん転送されるので、常に海馬のスペースに余裕があり、新しいことがたくさん覚えられるわけです。

この海馬の神経新生を促進させるのが“体を動かす運動”です!

マウスの実験では、運動をしていると、神経新生が2倍ほど上がるということがわかっています!

マウスもヒトの脳も分子レベルでみるとほとんど差がないので、マウスで起こっているって事は、ヒトでも起こっていると考えられます。

有酸素運動をしながらのほうが何もしないときよりも記憶力が上がるというのもありますが、筋トレをすることによって分泌される様々なホルモンがやる気スイッチを押しますので、やはり筋トレが一番だと思います。
【まとめ】吉川メソッド よくある質問 糖質制限ダイエット 筋トレ

【まとめ】吉川メソッド よくある質問 糖質制限ダイエット 筋トレ

46,092ウォッチ
吉川朋孝
オーナー

吉川朋孝

吉川メソッド代表の吉川朋孝です。筋トレとローカーボ(糖質制限)の啓蒙活動をしております。