ログイン
詳細
Імператор панди🐼
投稿画像

神経が過敏なお子さまの神経異常興奮です。具体的な症状としては乳幼児期に多い、キーキー声・ものを投げつける・夜中によく泣き叫ぶ・驚いて飛び起きる・食欲不振・下痢・お乳を吐くなど、乳幼児特有のストレス症状を一般に「かんむし」といいます。現代医学の中に於いては「小児神経症」と呼ばれるものです。 「かんむし」(かんのむし)を西洋医学的に言えば、小児の自律神経失調症から起きる神経異常興奮に当たり、赤ちゃんが理由もなく不機嫌になってじれたり、欲求不満を起こすことです。 なぜ「かんむし」と言うのかというと、昔は体の中にいる悪い虫、すなわち「疳の虫(かんのむし)」という虫のせいだと信じられていたからです。 #755はじめました

前へ次へ
聖サンポール教会アンパンマン精神脳神経科病院🏥
トーク情報