ログイン
詳細
前へ次へ
秋元康のトーク
トーク情報
  • 秋元康
    七色息子七色息子
    投稿画像

    「響-HIBIKI-」を観た。
    「角を曲がる」を聴いた。

    他人は 自分を映す鏡、ふと そんな言葉を思い出した。

    でも、、、だったら どうして 他人は、自分と同じものを見ていないのか、って疑問、安心、不満、孤独。

    みんな、何を見ているんだろう、その目は何にフォーカスを当てて、何を映しているんだろう、でも絶対、その視界の中に本当の私は入っていない。

    自分の感情なんて誰も気にしていなくて、その自分だけの感情に優越と疎外を覚え、いつしか譲れないものとなった。
    自信というか、自身の価値に気づいたんだ。だからこそに堪らない不安。だからそこに誰か居てほしい。

    向けられる軽蔑の目も、羨望の目も、同情の目も、共感の目も、慈愛の目も、とにかく、その中に自分は居ないし、居てほしくないし、居てほしい。

    ああ、なんか、それはダメだとか、これは素晴らしいとか、これは良いことだとか、それは悪いことだとか、ずっと言われているような気がする。

    私が何かに感動しても、なんか勝手に理由付けられて、私が何かに恐怖しても、なんか勝手に診断されて、私が何かに怒っても、なんか勝手に諭されて、ほんと、なんか、自分なんて どこにもいない。

    ああ、そうか、他人は あなたの鏡だとか 誰かが言ってたけど、自分も誰かにとっての鏡でしかないんだ。

    自分は、誰かを映す鏡なんだ。手足はもちろん、感情さえも、誰かの思い通りに動いている。それが みんなが私に求めている「自分らしさ」なんだ。なんだそれ。

    誰も 真実を映す鏡なんて欲しくないでしょ。だから ずっと私は偽らなければならない。本当の私に 誰も興味を持っていないように、本当の自分を 誰も好き好んで見たくはないんでしょ。

    つまらない。自分を曲げて嘘つくことが思いやりで、素晴らしくて、褒められて、誰かのためになって、みんなしあわせになるなんて、つまらない。


    だから私は誰の鏡にもなりたくない。だから彼女は一人きりで その角を曲がるんだ。

    何枚もの鏡を割って血だらけになった彼女の手足。自分も誰かの鏡なんだと気付いて割れゆく彼女の姿。殊更に気高くて明るくて危なっかしくて可愛らしくて、全く何も見えていなくて、でも自身の価値には真っ直ぐで、そんな彼女の姿を見て、初めて自分の影に気付いた気がした。

    一人一人一人きりで角を曲がればいい。実存主義なんて知ったこっちゃない。

    それにしても、響とアルパカ、可愛かった️なあ😍笑

    8
  • 秋元康
    七色息子七色息子

    22/7 に絶賛どハマり中(笑)
    非常に楽しい🤣✨

    都のうるさいけどセンス溢れるガヤw
    藤間さんのアグレッシブ&ポイズンw
    戸田ジュンの破天荒さw
    滝川さんの純朴さ!
    麗華リーダーの天然な淑やかさ!
    にこるん のアイドル性!
    丸山さんの万能鬼畜具合w
    絢香ちゃんの可愛さ😍💕

    ホントみんな個性的で面白くて可愛い😆✨新メンバー3人も気になるー!!

  • 秋元康
    秋元康
    シン
    お疲れ様です。秋元先生の代表曲の1曲「ポケベルが鳴らなくて」に登場する、ポケベルのサービスが来年9月で終わるみたいですね。1つの時代の終わりを感じました。恋がより待ちぼうけしちゃいますね、、、

    ね。

    46
  • 秋元康
    見城徹見城徹

    去年の8月1日のこの時間、サイバーエージェントの藤田から浜崎あゆみ、生涯最大の恋物語の企画を電話で持ちかけられた。本にしてくれたら、是非、映像化したいんです、と。藤田はその時、松浦勝人と浜崎あゆみと3人で西麻布で飲んでいたのだ。そこから全ては始まった。丁度一年が経ち、紆余曲折の末に今日、小松成美・著「Mー愛すべき人がいてー」が発売された。8月1日発売を意図した訳ではない。様々な推移、事情があって偶然、8月1日に発売になった。何か大きなことが起こる時、偶然の符号というのは必ずある。今、そのことに気付いて、この本はとてもないベストセラーになる気がしている。

  • 秋元康
    見城徹見城徹

    去年の8月1日のこの時間、サイバーエージェントの藤田から浜崎あゆみ、生涯最大の恋物語の企画を電話で持ちかけられた。本にしてくれたら、是非、映像化したいんです、と。藤田はその時、松浦勝人と浜崎あゆみと3人で西麻布で飲んでいたのだ。そこから全ては始まった。丁度一年が経ち、紆余曲折の末に今日、小松成美・著「Mー愛すべき人がいてー」が発売された。8月1日発売を意図した訳ではない。様々な推移、事情があって偶然、8月1日に発売になった。何か大きなことが起こる時、偶然の符号というのは必ずある。今、そのことに気付いて、この本はとてもないベストセラーになる気がしている。

  • 秋元康
    秋元康

    小松成美著「M-愛すべき人がいて-」を読んだ。暴露本と言われているらしいが、ノンフィクション作家小松成美が書いたものは一人の少女のサクセスストーリーの光と影だ。興味本位のものではない。「俺を信じろ」音楽プロデューサーは少女に言う。
    2人は手を繋ぎ、時代の階段を一気に駆け上がる。同志だった2人はやがて恋に落ちる。その切ない思いが歌詞になり、多くのオーディエンスの共感を得て、少女は恋をする者たちの代弁者となった。

    浜崎あゆみというスターがどう誕生したか?
    「M-愛すべき人がいて-」は、生きることに不器用な少女が必死にもがいて夢を掴み、恋をして傷ついて、同世代のカリスマになるまでの独り言の記録なのだ。

    2人の恋は、あの時代に生きたみんなの恋だったのかもしれない。

    9