ログイン
詳細
さかし
投稿画像

【新卒 宮島 最速で成果出しました!!】 配属されてから即任せた大型キャンペーンとガチャでいきなり設定目標を大きく超える快挙! 自分で新たなチャレンジも提案して、工数取れなきゃ俺がやると意気込んで成功させてくれました! 一個ずつ成功重ねて更に大きな成果出しに行こう! 体調悪い中良くやりきった!

前へ次へ
さかしのトーク
トーク情報
  • さかし
    佐藤 裕哉佐藤 裕哉

    村田主導の企画研修TRY。全5回で運用プロデューサーが本気で考えて自分たちで研修するスタイル。

    来週僕もやりますが、これを現場でやろう!ってなってすぐやれてるのは凄い良いなぁと思う。資料欲しい方は是非村田に聞いてみてください↓

    —————————
    ▼第1回 プロジェクト経営 講師:坂下
    N月やLTVっていう指標の追い方や、広告の打ち方について

    ▼第2回 コラボ戦略 講師:荻野
    なぜコラボをやるのか、コラボのやり方や選定基準について

    ▼第3回 戦略カレンダー 講師:村田
    戦カレ制作時の考え方。各自自分で戦カレを作ってみるワーク付き

    ▼第4回 イベ・ガチャ設計 講師:松浦
    イベント・ガチャ設計時の思想の立て方、考え方について

    ▼第5回 不具合対応についてと全体総括 講師:佐藤

  • さかし
    浮田 光樹浮田 光樹

    アプリボット社員向けだけど、100Mを12秒で走らないと勝てないレースの中で、15秒しか記録したことない選手が、乗り物や11秒台の選手を駆使してでもレースで勝とうとしているのがアプリボットの「今」です。色々思うメンバーもいるかもですが、それが現状です。余計なプライドを捨て、気づいたら12秒で走れているように全力でみんなで走り抜けましょう💨💨💨その先にあるすごいレースに出場するためには、どんな手を使ってでもまず勝たないといけません。

  • さかし
    邑・動かし屋さん邑・動かし屋さん
    投稿画像

    3Dユニオン施策、エフェクト講座が7月より開始しました。
    UnityのParticle Systemの基本操作から、歪みシェーダーの使い方など、
    エフェクト制作の必須項目を学習しています。
    クリエーター、エンジニア、プランナーなど多様な職種の人が参加しています。
    毎週水曜日、全12回、3ヶ月のスキルアップコースです。
    第三回の授業に
    UnityのParticle Systemの基本操作から、歪みシェーダーの使い方など、エフェクト制作の必須項目を学習しています。
    制作時は、講師に加えてアプリボットのアシスタントとインターン生もフォローに入る万全の体制です。
    火の玉を構成する要素、球体モデルディストーション、particle systemのコントロールなど、ツールの使い方から
    表現の仕方まで、詳細に学んでいきます。

  • さかし
    おおうらおおうら
    投稿画像

    9月付でP4に昇格させていただきました。

    この半期では有難いことに関わらせていただくタイトルが増え、8月の月初会ではMVPにも選んでいただきました。
    いつも一緒ゲームを作ってくれるメンバーには本当に感謝しています。

    今、会社としても目の前の大きな目標に向かって突き進んでいる状態なので、より一層気を引き締めて日々のゲーム作りに取り組んでいきます。

    2
  • さかし
    さかし
    投稿画像

    プロジェクト合宿!!

    ゲーム作り、組織作り、事業など色んな角度から数年間の学びを言語化して今後に生かす(`_´)ゞ

  • さかし
    栗原空良栗原空良

    【実写化について思うこと】

    約束のネバーランドっていう漫画が好きで考察なんかまで読んでます

    つい最近実写化をすることになりワクワクしていたところ、
    「原作の世界観を大事にしつつクオリティの高いものを制作するために、キャラの設定を12歳→16歳で制作を行う」とのこと

    アプリボットで内定者バイトをしていてよく言われることと重なり、「え?」と思ってしまいました

    なぜ
    「実写化で原作の世界観を重視する」
    =
    「ファンや読者が最も喜ぶこと」
    になるのか?

    現実で12歳の配役が難しい問題もわかりますが、それは読者も想像できること

    であれば、ファンが何を求めて実写化を見るのか?なんていう視点が現れないのでしょうか…

    お客様は神様だをお客様が言うのはありえない話ですが、現在進行形で両サイドを体験している僕は
    「結局はユーザーファーストで考えるべきだろうが」と

    制作側が言う「世界観」とは、結局結論制作側の作りたい世界観であり、ユーザーが求める世界観ではないということが往々にしてあるんだろうなと、

    そう思ってしまいました(755いっぱつめ)

  • さかし
    浮田 光樹浮田 光樹

    南アフリカ強かったなぁ。。日本代表のW杯は終わってしまったけど、勇気をもらえた💪💪今週、アプリボットは2タイトルリリースするので、2トライできるように頑張るしかない🔥🔥🔥