ログイン

#第3話

関連

  1. #1月21日よる10時30分放送
  2. #3a
  3. #ドメキス
  4. #トドメの接吻
  5. #まだ結婚できない男
  6. #メーテレ
  1. 由珠

    連続3分小説 「禍々しいかしら」

    第3話

    「今いるこの次元はね、主にくつろぐために龍が帰ってくるための場所なの。」
    荒野を歩きながらダッシュが話し出した。
    私はとにかく眠れば様々な世界観の夢を見るのでそこは特に驚かなかった。というか、夢とはいえ体力使うことになる。これもきっと夢なのだ。
    寝ていても夢を見ている間は起きてるのと変わらず頭も思考も神経もフル回転しているのだ。

    「白麗(びゃくれい)という一体の龍が思いついたのよ。」
    「何を?」
    「もっとここでくつろぐ為のアイディア。」
    「龍も疲れるの?」
    「そこから聞くんだ….私もあなたと同じくらいの知覚しかないから龍族の疲れが私たちの疲れと同じなのかはないからよくわからないわ。
    けれどあらゆる世界生れる願いを叶えるために存在する龍族は常にもっと楽しくもっと素晴らしい概念を創造するためにここへ帰ってくるらしいの。」
    「ふむ。」
    くつろぐ龍。。。

    「そのチンケな頭の中の 龍がサングラスしてビーチで冷えたサングリアを飲むイメージ、消してくれないかしら」
    「あ、見えちゃった?」
    「あなたは私、今は分離してるけどこれだけ近くにいるとあなたの思考が流れてくるのよ。そのズレた感覚も承知してるけど。」
    「へ〜い。」と返事はしたものの、勝手に浮かぶイメージは仕方ないよね。

    「あ、待って、あなたは私って事は私もダッシュの考えを見ることもできるの?」
    「それはどうかな、私はあなたの中の可能性の一つ、一部でしかないのよ。私がイメージできるならそれはすでにあなたがイメージしてる事だから。」
    「うーん、よくわからん」
    「そんなことより仕事よ。その白麗がこの荒野をもっと美しく作り上げてほしいそうなの。
    あなたはその為に呼ばれたのよ」
    「えーっえーっえーっ」そんなの、おっきなゼネコンとかデザイナーとか、とにかく関係者を呼ぶべきじゃない?

    あ、前を歩くダッシュが振り向いた。また思考が流れたのか….。

    「あなた、絵を描いたでしょ、緑の大地、湖、周りにはゴツゴツした岩山の絵」

    私の頭の中に、遥か昔小学生の頃描いたクレヨン画が浮かんだ。
    確かに描いた。
    幼稚な絵だったけど、なにかが美術の先生の目に留まり、その地区のなんとか賞を取ったと聞いた。しかしその絵は手元に戻ってくる事はなかったので、記憶の奥底に沈んでしまい今まで思い出すこともなかった。

    「ここをあのイメージに変えるのが今回のお役目よ。」
    「無理よ、そんなの。一体どうやって….」
    「ここはあなたの居る次元とは違うと言ったでしょ。大丈夫、もう同じ役目をもった仲間も来てるわ」

    気づくと小さな尖った小石がゴロゴロしていた足元には見たこともない草が増えてきた。

    脇に見える岩山の麓には木々も茂っている。

    周りを見ているとなにもないはずの空間にオーラの柱がぽっぽっと立ち始め、その中心が次第に人や不思議な動物の形を取り始めた。

    「仲間がやってきたわ、じゃ、私はあなたの代わりを演じてくるから。」と言ってダッシュは足元からゆらゆらと消えていった。

    #つづく
    #3分小説
    #禍々しいかしら
    #第3話