ログイン
詳細
橋場日月

↑ 蛇足ながら。 戦国時代の武将たちの「馳走」はより大きい勢力の手足となって敵と戦うことだった。 文字通り命がけで駆け走る、それが馳走するということだ。

前へ次へ
橋場日月のトーク
トーク情報
  • 橋場日月
    橋場日月

    勘三郎丈が亡くなられてから歌舞伎は一度も観ていない。喪失感のあまりの大きさに怯えてしまって未だ劇場に足が向かわないのだ。

  • 橋場日月
    橋場日月

    そして、極め付けは→そして織田信長の非日常性についての極め付けは

    ダメだ、全然推敲できていない不誠実な文章だ。自己嫌悪。

  • 橋場日月
    橋場日月

    調べ物をしていて少し考えたことをメモ。
    ペリーが浦賀に来航し将軍・家慶が没し、さらに長崎へプチャーチンの船団が現れた直後の嘉永6年8月8日(1853年9月10日)。
    この日、吉田松蔭が兄・杉民治に宛てた手紙に
    「この国難に対して我が長州藩が先頭切って一度大義を広く天下に示したいものだ、と石亀の地団駄」
    としたためているのだが、最後の「石亀の地団駄」というのは〝雁が飛べば石亀も地団駄〟ということわざから採ったもので、翼を持たないことを自覚しない石亀が雁を真似て飛ぼうとすること、つまり身の程知らずに他人を羨む滑稽さを表す。
    つまり松蔭は自分が井の中の蛙であり、藩を動かせるような大物でもないことを良く理解していたということになる。
    だから松蔭はこの後まず密航によって外国事情を得ようと画策し、それが失敗すると実家の兄の屋敷で松下村塾を開いて、藩論を主導するような優秀な人材を育てようと務めた。
    一見エキセントリックという印象を受けがちな松蔭だが、冷静に自分自身と周囲の状況を分析したうえでそれを打破しなければならない「やむにやまれぬ大和魂」に応えるために矯激な手段を採るしかなかった、ということなのだろう。
    彼自身は前年に脱藩して東北遊学した際にも「自ら効(いた)す<自分が犯した罪は自分で償う>」と覚悟を示しているように、目的のための手段を客観的に批判する勇気を持つ漢だった。
    自分自身の分析、検証、否定、批判を徹底し自己総括の覚悟を決めたうえで熱狂的な跳躍をした人生だったのだなぁ。

  • 橋場日月
    橋場日月

    松下のナショナルキッド・海底少年マリン、東芝の遊星王子・光速エスパー。
    半世紀前の家電メーカーは僕ら悪ガキにとってもヒーローだった。
    幸之助氏の葬儀の列の長さは今でも目に焼き付いたままでいる。
    あの平成元年から30年を経、関係者のほとんどが表舞台から去った今、神通力は泡沫となり、凡人の僕も「信者」が「儲」を産む巨大な装置産業に呑み込まれていたんだな、とイヤでも悟らされる。下天は夢よ。

  • 橋場日月
    橋場日月

    ヒーローを観たい子供たちが「ウチもテレビ買って」とねだる。投資効果抜群の戦略(笑)