ログイン
詳細
前へ次へ
元気だぜ!
トーク情報
  • こさ
    見城徹見城徹

    西村寿行原作、ジョン・ウー監督、福山雅治、チャン・ハンユー主演の映画[マンハント]を観た。僕はジョン・ウーの大ファンで西村寿行のかつて担当編集者だった。
    ジョン・ウー監督がハリウッドへ進出する前の香港映画[男たちの挽歌]は僕の永遠のNO1映画である。
    先ず最初からジョン・ウー監督の本領が炸裂する。意味は解らないがこの派手な銃撃シーンに否が応でも期待が昂まる。そこから始まる怒涛のアクション。罠、そして逃亡。追う者と追われる者。冒頭の追う刑事・福山雅治の登場はカッコいいの一語。唸り声を上げる。全編、福山雅治の躍動する姿体と言葉少なな表情が観る者を痺れさせる。こんなカッコいい福山雅治は見たことがない。追われる弁護士・チャン・ハンユーもカッコいいが、異なる男臭さの2人の友情がスクリーンを彫り上げる。福山雅治の鍛え抜かれた肉体のキレとスピード。拳銃を撃つシルエットと殺陣の美しさ。激しく動きながら英語で喋る完璧なリアリティ。虚無と仁義が交錯して宿る目の哀愁。ハリウッドの次の主演俳優がここにいるという存在感。
    追う者と追われる者が一つの手錠に繋がれたまま繰り広げる無言の信頼の銃撃戦や水上バイクの奇跡のアクションは痺れに痺れる。
    ストーリーなんか最後になんとなく解ればいい。スクリーンと共に疾走して、福山雅治とチャン・ハンユーのカッコ良さを堪能し、ジョン・ウー監督の世界に感応すればそれでいい。女たちもハードボイルドで飛び切り美しいぞ。カメラワークにも感嘆する。心情とアクションの見事な融合。あっという間の2時間だった。
    福山雅治の可能性を世界に刻み付けた記念碑的映画になった。
    新しいチョウ・ユンファがここにいる!

  • こさ
    こさ

    「マンハント」観ました!
    あっという間の2時間だったのを覚えてます。
    も一回観たくなっちゃった。

  • こさ
    こさ

    昨日は具合悪すぎて早くから寝てたら、めっちゃ早起きしてもーた。
    サーファーだから、ネットサーフィンでもしますか。

  • こさ
    見城徹見城徹

    自分の器量の小ささを痛感する。小さなことにクヨクヨするのはいいが、それは自分の中のことで外に気付かれたらいけない。繊細でも器量の大きな男になりたいなあ。

  • こさ
    こさ

    見城さんは、とても大きな器をお持ちの漢だと思うのですけどー。