ログイン
詳細
日刊スポーツ
ニュース画像

ドリカム30周年 中村正人「感謝の気持ち」つづる

DREAMS COME TRUEがデビュー30周年を迎え、メンバーの中村正人(60)が思いをつづった。1989年3月21日にシングル「あなたに会いたくて」とアルバム「DREAMS COME TRUE」を同時発売してCDデビューしてから30年

前へ次へ
日刊スポーツ
トーク情報
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    ゴン中山20日静岡テレビ出演 沼津散策で興奮?

    J3アスルクラロ沼津FW中山雅史(51)が、静岡朝日テレビで20日放送の「とびっきり!しずおか 土曜版」(午前9時30分~午後1時)に出演する。特集コーナー「炎のストライカー・ゴン中山と行く!~沼津はレトロを愛する町~編」で、沼津を散策した

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    原作映画出演の名高達男「心から感謝」小池さん悼む

    漫画「子連れ狼」などの原作者として知られる小池一夫さんが、肺炎のため死去したことが分かった。小池さんのツイッターで19日、発表された。俳優名高達男(69)が、所属事務所を通じてコメントを発表した。「突然の訃報に驚いています。小池先生原作の『

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    生田絵梨花「新鮮な気持ちで」2年ぶりのコゼット役

    ミュージカル「レ・ミゼラブル」(5月28日まで)の初日取材会が19日、東京・帝国劇場で行われた。2年ぶりにコゼット役の乃木坂46の生田絵梨花(22)は「すごく新鮮な気持ちで一から取り組めています。(年下俳優の加入に)『しっかりしなきゃ』とか

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    橋本良亮「やめてよ!」堤真一が撮影後の秘話暴露

    俳優堤真一(54)とA.B.C-Zの橋本良亮(25)が19日、東京・TBS赤坂ACTシアターで、ダブル主演する舞台「良い子はみんなご褒美がもらえる」(20日初日、5月7日まで)の初日前会見に出席した。今年冬公開予定の映画「決算!忠臣蔵」でも

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    眉村ちあき「めじゃめじゃもんじゃ」5・7リリース

    弾き語りトラックメイカーアイドル眉村ちあき(22)が19日、都内の日刊スポーツで取材に応じ、メジャーデビューの喜びを語った。5月7日にトイズファクトリーから、ファーストアルバム「めじゃめじゃもんじゃ」をリリースする。一風変わったタイトルの由

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    宝塚105期生40人が初舞台 ラインダンス披露

    今年3月に宝塚歌劇団へ入団した105期生が19日、兵庫・宝塚大劇場で、宙組公演「オーシャンズ11」初日を迎え、初舞台を踏んだ。入団前から劇団内外から注目されていた稀惺(きしょう)かずとらがおり、元気と明るさが武器の新入団生。105期生40人

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    宙組真風涼帆がG・クルーニーの天才詐欺師役を好演

    ジョージ・クルーニー主演の米映画をもとにした宝塚歌劇の宙組公演「オーシャンズ11」が19日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。175センチの長身。男役として恵まれたスタイルで魅了するトップ真風涼帆(まかぜ・すずほ)が、天才詐欺師のダニー・オーシャ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    橋本環奈と本郷奏多と大沢たかおの夢ぴったり一致

    山崎賢人(24)が19日、都内で、主演映画「キングダム」(佐藤信介監督)の公開初日舞台あいさつを行った。紀元前の中国・春秋戦国時代を舞台に、大将軍になる夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎)と、中華統一を目指す若き王(吉沢亮)の物語を壮大なスケ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    宮沢和史「沖縄愛する人たちひとつに」三線手に登場

    沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」で19日、宜野湾市民会館に1200人を集めて「わったー!41フェス おきなわ県のみらいへつなぐ、じもとのちから」が行われた。地元沖縄の41市町村が、それぞれをPRするCMを出品し

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    のんパワハラ記事で地裁が文春に賠償令も即日控訴へ

    週刊文春に、当時所属していた女優のん(25=能年玲奈から改名)にパワハラしたなどとする記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、芸能事務所レプロエンタテインメントと本間憲社長が、発行元文芸春秋と当時の編集長に対し、それぞれ損害賠償を求めた訴