ログイン
詳細
日刊スポーツ
ニュース画像

石野卓球「偉いのは俺、裁判官、瀧元死刑囚の順」

18日に東京地裁で開かれたピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の判決公判(懲役1年6月、執行猶予3年)に、電気グルーヴの相方、石野卓球(51)は姿を見せなかったが、午後にツイッターで「人生ってバンド名考えたの俺だかんな。よって、偉いのは俺

前へ次へ
日刊スポーツ
トーク情報
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    辻仁成が尾崎豊さんとの秘話、NYで語り合った夜

    作家でミュージシャンの辻仁成(60)が、1992年に亡くなった歌手尾崎豊さん(享年26)との思い出を振り返り、尾崎さんが語った言葉を明かした。辻は19日、ブログを更新。20代の頃、滞在していた米ニューヨーク・マンハッタンのホテルに、同時期に

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    前澤友作氏「同乗者誘わないと」月ロケット開発順調

    ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(43)が、民間人として初の月旅行計画について「さあそろそろ同乗者を誘わないと」と腰を上げた。前澤氏は19日、ツイッターを更新し、米宇宙ベンチャー「スペースX」のイーロン・マスクCEOと久しぶ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    片寄涼太「不思議に思われてる」初紅白に教師父驚き

    GENERATIONSが19日、東京・神宮前に期間限定でオープンの「少年クロニクル POP-UP STORE」(今月21~24日)マスコミ向け発表会に出席した。14日に、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分)への初出場が発

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    撮影中に母失った高橋克典、震災描くドラマに思い

    女優小芝風花(22)が19日、都内で、主演するNHKドラマ「パラレル東京」(12月2日午後7時30分、同3~5日は午後10時)の会見に共演の高橋克典と出席した。首都直下地震に襲われた東京を舞台に架空のテレビ局で働く報道チームの闘いを描く。小

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    元欅坂の今泉佑唯、文化放送の受験生応援ガール就任

    文化放送は19日、都内で定例会見を開き、「~キミはひとりじゃない~文化放送 受験生応援キャンペーン」(12月2日~20年2月14日)のキャンペーンガールに元欅坂46の女優今泉佑唯(21)を起用することを発表した。中高生向けの生ワイド番組「レ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    アンジュルム中西香菜「誇りに思う」卒業へ思い語る

    アイドルグループ、アンジュルムが19日、都内で新曲「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」発売記念イベントに出席した。この新曲2曲の他、「マナーモード」「次々続々」「46億年LOVE」の計5曲を歌い、集まった1500人のファンから

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    チュート徳井イジりに岡村隆史「今反省してるので」

    堤真一(55)と岡村隆史(49)が主演する映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、22日公開)の舞台あいさつが19日、京都市内で行われた。大石内蔵助が残した「決算書」から「忠臣蔵」の裏側に迫るコメディーで、岡村は「今までとは違う忠臣蔵が描かれて

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    SixTONESデビュー曲YOSHIKI手掛ける

    ジャニーズJr.内グループSixTONES(ストーンズ)が19日、東京国際フォーラムで、全国ホールツアー東京公演を開催した。記念すべきデビューシングル(来年1月22日発売、タイトル未定)の作詞作曲やプロデュースを、X JAPANのYOSHI

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    YOSHIKI「滝沢さんの熱心な思いに心打たれ」

    ジャニーズJr.内グループSixTONES(ストーンズ)が19日、東京国際フォーラムで、全国ホールツアー東京公演を開催した。記念すべきデビューシングル(来年1月22日発売、タイトル未定)の作詞作曲やプロデュースを、X JAPANのYOSHI

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    堤真一「何で男同士で密着」岡村隆史と人力車同乗

    堤真一(55)と岡村隆史(49)が主演する映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、22日公開)の舞台あいさつが19日、京都市内で行われた。大石内蔵助が残した「決算書」から「忠臣蔵」の裏側に迫るコメディーで、堤は内蔵助、岡村は内蔵助を支えるそろば