ログイン
詳細
日刊スポーツ
ニュース画像

カンニング竹山、反社勢力から写真買うのが一番問題

お笑い芸人のカンニング竹山(48)が、闇営業で反社会団体の忘年会に出席した芸人たちが謹慎処分を受けた問題をめぐり、週刊誌に掲載された写真について問題提起した。竹山は25日、ツイッターを更新。週刊誌報道で明るみに出た今回の問題について「反社会

前へ次へ
日刊スポーツ
トーク情報
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    サバンナ高橋「もはや無理問答」岡本社長会見に不満

    吉本興業所属のサバンナ高橋茂雄(43)が23日、火曜レギュラーを務めるフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に出演し、22日の同社・岡本昭彦社長(52)の会見について「Qに対するAが成立していない」と批判した。高橋は安藤優子キャスターらから

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    山里亮太、退社覚悟の加藤浩次に「辞めないで」

    南海キャンディーズの山里亮太(42)が、吉本興業を退社する覚悟を示した極楽とんぼ加藤浩次(50)に対し、「辞めないで」と思いを語った。山里は23日、火曜レギュラーを務めるTBSラジオ「たまむすび」で、前日に行われた同社の岡本昭彦社長による会

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    加藤浩次が大崎会長と面談へ自宅出る「どうなるか」

    所属する吉本興業の大崎洋会長(65)と面談を行うとしていた極楽とんぼ加藤浩次(50)が23日午後5時すぎ、都内自宅を出た。その際、取材に応じた。タクシーに乗り込む際、大崎会長との面談に向かうとした加藤は、今後について聞かれると「ちょっとどう

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    大平サブロー「こいつらふぜいが」社長批判の若手へ

    「太平サブロー・シロー」として漫才ブームにのった後、いったん吉本興業を離れ、後に復帰した経緯がある大平サブロー(63)は23日、大阪市内で、MBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」に生出演し、芸人からの批判意見が噴出している現状に「気

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    加藤浩次 吉本大崎洋会長と面談終了…内容明かさず

    極楽とんぼ加藤浩次(50)が23日午後5時48分ごろ、都内の所属吉本興業東京本部を訪れた。所属する吉本興業の大崎洋会長(65)と面談するためで、タクシーで到着した加藤は、取材陣の問い掛けに無言で敷地内に入った。そして、面談を終えると、同9時

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    ウーマン村本大輔「吉本騒動」ツイートせず謎の炎上

    お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が23日、自身のツイッターを更新し、所属する吉本興業の闇営業に関する騒動にツイートしないことで炎上していることを明かした。村本は「このタイミングでツイートしないことで『なんで黙ってるんだ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    島谷ひとみ「嫁にも行かずあっという間」20周年

    歌手島谷ひとみ(38)が23日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場でデビュー20周年記念ミニアルバム「brilliant」発売イベントを行った。同アルバムでは新曲をはじめ、代表曲「亜麻色の髪の乙女」を新たに録音して収録している。デビューか

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    加藤浩次が大崎会長との会談終え帰宅、質問には無言

    極楽とんぼ加藤浩次(50)が23日午後9時47分頃、都内の自宅にタクシーで帰宅した。都内の所属吉本興業東京本部で、所属吉本興業の大崎洋会長(65)と会談を終えたとみられる。ただ、取材陣からの「どんなお話をされたんですか?」などの質問には無言

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    オダギリジョー長編初監督作をベネチア映画祭で上映

    オダギリジョー(43)の長編初監督作「ある船頭の話」(9月13日公開)が、第76回ベネチア映画祭(8月28日開幕)の「ヴェニス・デイズ部門」で上映されることが23日、分かった。革新性や探求心、オリジナリティーに優れた作品を紹介する目的の部門

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    「天気の子」がトロント国際映画祭の最高賞候補に

    新海誠監督の新作アニメーション映画「天気の子」(公開中)が、第44回トロント国際映画祭のスペシャルプレゼンテーション部門に選出されたことが23日、分かった。同部門は、世界を代表する映像作家の作品を集め、同映画祭の最高賞である観客賞の選考対象