ログイン
詳細
日刊スポーツ
ニュース画像

東山紀之「刑事7人」グラスが8つ残る11・3%

11日放送の東山紀之(52)主演テレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(水曜午後9時)の第9回の平均視聴率が11・3%(関東地区)だったことが12日、ビデオリサーチの調べで分かった。第1話は13・2%、第2話は13・1%、第3話は11・0%、第4話

前へ次へ
日刊スポーツ
トーク情報
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    キアヌ・リーブス「ジョン・ウィック」第5弾出演へ

    米俳優キアヌ・リーブス(55)が、大ヒットアクション映画「ジョン・ウィック」シリーズ第5弾に出演することが明らかになった。リーブスが大切なものを奪った悪党に報復をする元殺し屋を演じる「ジョン・ウィック」シリーズは、2014年にシリーズ第1弾

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    ジャック・バウアー役サザーランド「24」復帰意欲

    2001年から10年にかけて放送された米大ヒットドラマ「24-TWENTYFOUR-」でテロ対策ユニック(CTU)の捜査官ジャック・バウアー役で知られる俳優キーファー・サザーランド(53)が、米ピープル誌のインタビューで同シリーズへの復帰に

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    「創意工夫の局」テレ東の「オンライン記者懇親会」

    先月末に行われた、テレビ東京の記者懇親会に参加した。年2回行われる懇親会は、局のことや番組のこと、今後の取材の種になりそうなことを局幹部や番組制作者たちに直接聞ける貴重な機会だが、しかしこのご時世、飲食店を貸し切って通常通りに行うことはでき

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    時期尚早と反対も…サザン分岐点「いとしのエリー」

    心に残る名曲やヒット曲の誕生秘話や知られざるエピソードを紹介する連載「歌っていいな」第3回は、サザンオールスターズ「いとしのエリー」です。せつないバラードは、のちに多彩な曲を世に送り出すことになるサザンの分岐点でした。発売に至る経緯などが明

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    明石家さんま、うがい薬騒動に「お金が動いてんの」

    明石家さんま(65)が8日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、大阪府の吉村洋文知事(45)が新型コロナウイルス感染予防策として「うがい薬」の使用を推奨して騒動になったことについて「お金が動いてんの?」と思ってしまったことを明か

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    小芝風花 変顔いとわず役になりきる根っから女優

    シリアスからコメディーまで演じ分ける若手として、近年頭角を現してきたのが女優小芝風花(23)だ。放送中のテレビ朝日系主演ドラマ「妖怪シェアハウス」(土曜午後11時15分)で、妖怪たちとの共同生活にもまれながら気弱な自分の殻を破る主人公、目黒

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    ユーチューバー連載 第2回はフワちゃん登場

    ◆お知らせ 日刊スポーツ芸能面で随時掲載している新連載「YouTuberが新聞に!!」に10日、テレビでも引っ張りだこのユーチューバー芸人、フワちゃんが登場します。自身のブレークや大きな野望などについて語ります。思わぬ一面も知れるかも? お

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    宮迫博之がRIZIN登場 リングアナ宮迫ですッ

    お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)が9日、横浜・ぴあアリーナMMで開催された格闘技イベント「RIZIN.22」にリングアナウンサーとして参加した。午後2時に開始された同大会の冒頭、リングアナウンサーの1人として紹介された。スーツ

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    先行く同期に「食らいついた」乃木坂梅澤美波の成長

    梅澤美波(21)は、乃木坂46の層の厚さを象徴するメンバーの1人だ。もちろん本人の努力のたまものだが、加入4周年を目前に控え、確実に中心メンバーの1人になりつつある。16年9月加入の3期生。オーディションの応募総数4万8986人は、単独グル

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    乃木坂46寺田蘭世 絶対に繰り返してはならない

    8月6日、原爆投下から75年。「75年間は草木も生えぬ」とまで言われた広島の街には、今、たくさんの人が住みたくさんの笑顔があると私は思っています。幼い頃、毎年この時期になると、母が教えてくれました。母だって経験したわけではなく、それでも日本