ログイン
詳細
日刊スポーツ
ニュース画像

岩本勉氏、大親友の松島アナ通夜で「早すぎますよ」

元日本ハムの岩本勉氏(48)が27日、埼玉県川口市で営まれた、文化放送アナウンサーの松島茂(まつしま・しげる)さん(享年47)の通夜に参列し「早すぎますよ。それが1番です」と目を潤ませた。岩本氏は、松島さんと同学年で、現役時代に松島さんから

前へ次へ
日刊スポーツ
トーク情報
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    乃木坂秋元真夏が日向坂加藤に見られ「恥ずかしい」

    乃木坂46のキャプテン秋元真夏(26)が10日、動画配信アプリSHOWROOMで、発売中のセカンド写真集「しあわせにしたい」(竹書房)の発売記念生配信第2夜を行った。この日は、写真集お気に入りのページなどを紹介した。ファンからのリクエストに

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    テレ東の日比野芽奈ら出演ドラマが放送開始を延期

    テレビ東京は10日、新型コロナウイルスの感染拡大により、16日スタートを予定していた深夜ドラマ「あなた犯人じゃありません」(木曜深夜1時)について、放送開始を延期すると発表した。ドラマは、同局バラエティー「青春高校3年C組」に出演中の生徒た

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    映画監督の大林宣彦さん82歳死去 肺がんで闘病中

    尾道3部作と呼ばれる映画「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」などで知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが死去したことが11日未明、分かった。82歳。新作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」が今月10日にに公開予定だった

    1
  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    原田知世「時をかける少女」死去の大林宣彦さん略歴

    尾道3部作と呼ばれる映画「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」などで知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが死去したことが11日未明、分かった。82歳。◆大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)1938年(昭13)1月9日、広

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    大林宣彦さん死去、故郷舞台「尾道3部作」ヒット

    「時をかける少女」など広島県尾道市を舞台にした青春映画で知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが10日午後7時23分、肺がんのため東京都内の自宅で死去した。82歳。広島県出身。葬儀・告別式は家族葬を行い、後日お別れの会を開く

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    若き知世、蓮仏らに熱烈指導/大林宣彦さん写真特集

    尾道3部作と呼ばれる映画「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」などで知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが、肺がんのため、10日午後7時23分、東京・世田谷の自宅で亡くなった。82歳。大林宣彦さんの足跡を写真で振り返

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    カメ止めの上田監督「唯一無二の方」大林監督悼む

    尾道3部作と呼ばれる映画「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」などで知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが、肺がんのため、10日午後7時23分、東京・世田谷の自宅で亡くなった。「カメラを止めるな!」で知られる上田慎一

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    亡き大林宣彦さん「芸術家は神様」おい平田オリザ氏

    「時をかける少女」など広島県尾道市を舞台にした青春映画で知られる映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが10日午後7時23分、肺がんのため東京都内の自宅で死去した。82歳。広島県出身。葬儀・告別式は家族葬を行い、後日お別れの会を開く

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    奇跡の天然キャラ山口もえ「全力で」デビュー25年

    タレント山口もえ(42)を取材する機会があった。3児のママにふさわしく、アニメ映画「きかんしゃトーマス チャオ! とんでうたってディスカバリー」で声優に初挑戦することになったのだ。独特の声に「OKグーグルも反応しなくて、本当に私の声で大丈夫

  • 日刊スポーツ
    日刊スポーツ
    ニュース画像

    ポカリ新ヒロインに15歳/10日芸能社会ニュース

    4月10日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。大塚製薬「ポカリスエット」の新ヒロインに、15歳の新人女優・汐谷友希(しおや・ゆき)が選ばれました。ポカリスエットのヒロインは、86年に初代の森高千里が選ばれたのを皮切りに、宮沢りえ、一