ログイン
詳細
二階堂
投稿画像

快慶作の仏像の可能性 胎内に巻物も 愛知 愛知県岡崎市の瀧山寺(たきさんじ)が所蔵する 十一面観音菩薩(ぼさつ)立像の制作者が、 鎌倉時代前期に活躍した仏師快慶か、 快慶工房内の仏師である可能性が高いことがわかった。 十一面観音菩薩立像は高さ約50センチ。 愛知県史によると、ヒノキとみられる針葉樹を使い、 鎌倉時代に造られたとされる。 体の部分は金泥が塗られている。 X線画像には脚部胎内に長さ8センチほどの巻物の ようなものが3本写っていた。

前へ次へ
《速報★神7通信ℕ》√§女装変態NG√§★☆☆👣足跡自由☆
トーク情報