ログイン
詳細
見城徹

皆さん、心のこもったやじコメを有難うございます。思わず泣きたくなったりしていますが、一人の方に返すと全員の方に返したくなり、それでは元の木阿弥なので、適当に出来ない自分の性格を呪いながら、グッと我慢して一人語りだけにしています。お許し下さい。 それぞれのやじコメはちゃんと読んでおります。そのことを申し上げたくてアップしました。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹

    ホントそう...

    法で執行できない上に明確な定義のないロックダウンを、公の場で口にし、あたかも「私は以前からそうすべきだと言ってたが国が動かなかった。(都知事の権限上)外出自粛要請しかできない」つまり私はやれることをやった。という既成事実(布石)を打っている感じしかない。

    政府だっていきなりロックダウンは発令できないんですよ。
    それを知った上での2度の緊急会見の意図はそう受け取らざるを得ない。

    とは言え、会見は一定の効果(クラスタ感染の抑止)には繋がるだろうけど、都知事の権限下でももっと違うやり方はあるはずで。

    ー小池劇場 コロナ編

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ やっぱりリトーク。ホントにそうだよね。
    「小池劇場 コロナ編」とはよく言った。
    「小池劇場 豊洲編」から3年半。
    メディアはもっと小池百合子を検証すべきだ。

  • 見城徹
    見城徹

    腹心だった野田数の東京水道サービスへの天下り。野田数は今どれだけのことをやっているのか?ちゃんと検証した方がいい。

  • 見城徹
    投稿画像

    ショーシャンクの空に、を観た。

    やはり名作、よかった。
    観賞後は清々しく、また無駄な所がなかった。
    ティムロビンスの色気にもやられた。

    刑務所にあって希望は毒だと言うモーガンフリーマンに、ティムロビンスは希望は光だと説く。
    最後のその下りで鳥肌が立った。
    今個人的に諦めたくない案件があって、とても心に刺さったし、希望という光を持つことの大切さを痛感した。

    また「必死に生きるか。必死に死ぬか。」という台詞にも度肝を抜かれた。
    (映画に於いて心に残るのは、場面や音楽、雰囲気など人それぞれだと思うが、私の場合は断然台詞だ。)

    必死に生きたい。
    何となく生きたくはない。
    欲しいものは欲しいと言いたい。
    嫌なことは嫌だと言いたい。

    そう、生き方を再確認させてもらった映画だった。

    2
  • 見城徹
    見城徹

    ↑ [ショウシャンクの空に]は素晴らしい。
    随分と前に生きる勇気をもらいました。

  • 見城徹
    見城徹

    僕は何十回目かの[クリード 炎の宿敵]を観ています。[ロッキー]シリーズの最高傑作。
    僕にとっては全ての映画の中で[男たちの挽歌]と同じくらいの最高傑作。何度観ても熱く感動する。全身の血が逆流し、沸騰する。今日も拳を固め、立ち上がる。I Will Go to War!

  • 見城徹
    見城徹

    軽くトレーニングしにリッツ・カールトンへ。リッツはメンバーズラウンジを閉鎖しただけで、ジムもプールもサウナも営業している。しかし、広いジムに客は僕だけ。これでは安全だ(笑)。

  • 見城徹
    見城徹

    新宿のパークハイアットのスパ&フィットネスは完全にクローズした。ホテルによって当たり前だけど差がある。