ログイン
詳細
見城徹

⬆︎ この授賞式の後、サイバーエージェント藤田晋と電通の榑谷役員と3人でイタリアン[ちいさな台所 ひらた]で食事。抜群に美味しかった。カレー風味の牡蠣のフリットに唸る。青唐辛子のスパゲティもこの店ならでは。牛ヒレのステーキに舌がとろける。しばらく行かなかったことを後悔。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    中川 剛中川 剛

    ⬆︎見城さんの正確無比な言葉には、いつも胸が熱くがなる。そして、背筋が伸びる。見城さんにしか語れない「圧倒的努力」が軸にあるドラマの鮮やかさには毎回どうしても痺れるのだ。誰よりも温かい一方で、目の前にいると弾き飛ばされそうなくらい覇気がある見城さんの姿を思い出す。そして、伝説の書籍・郷ひろみ著『ダディ』の裏側にしっかりとある見城さんの「圧倒的努力」に纏わる話も思い出した。郷ひろみさんの所属事務所の社長を含め、本の内容は秘密にして守り通したこと。テレビでも、雑誌でもなく、単行本が国民的カップルの離婚をスクープするというこの世あらざる企み。さらに、初版50万部という前代未聞の数字。そこに、あの郷ひろみさんが劣等感も、願望も、背伸びしているところも全て書いた血の滲むような文章が乗っかる。内容にも、売り方にも極端さがあるということ。前例のない極端さを常に求め、或いは、常に自身に課して、戦い続ける見城さんならではの劇的なドラマに、改めて痺れた!

  • 見城徹
    見城徹

    一日、一日が愛おしい。かけがえのない今日。昨日亡くなった人たちがどうしても生きたかった今日。
    I Will Go to War !

  • 見城徹
    見城徹
    awe
    静岡新聞でのエッセイをアップして頂きまして、ありがとうございます そちらを毎回拝読するのが、生きがいになっています 自分も、「今この瞬間」をきちんと見つめなければ、と思わせて頂くことか出来ます 極上の時間を、ありがとうございます

    ちょっとセンチメンタルに過ぎるかなあ?と反省しているんですが、センチメンタルな人間だからしょうがないですよね(笑)。

  • 見城徹
    見城徹
    かーる
    見城さん。以前一度だけコメントさせて頂いたものです。愚かな質問をお許しください。部下の体調不良による離脱などで、私の業務量が倍以上になりました。特に好きな仕事ではありません。深夜まで残業してでも仕事の納期を守るべきでしょうか。それとも勇気を出して、納期を遅らせて欲しい旨を進言するべきでしょうか。もう一度、「たった一人の熱狂」を読み込んで答えを探してみます。

    どんな仕事で、どんな規模の会社か?その他の詳細が解らないので、僕には答えようがありません。

  • 見城徹
    見城徹

    静岡新聞のコラム[窓辺]の7回目を書いていたらセンチメンタルな気持ちになってしまった。時は過ぎる。人は歳を重ねる。あの日は2度と戻って来ない。