ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    2020/9/26SAT……今日の見城さん

    キャップ=バレンシアガ
    メガネ=アイヴァン
    トレーナー=kolor(カラー)
    短パン=アバクロ
    坩堝と化すふくらはぎ=見城徹
    ソックス=kolor(カラー)
    スニーカー=kolor(カラー)
    腕時計=リシャール・ミルRM11-03フライバック クロノグラフ

    見城さんのお名前は「徹」。その名の通り何から何まで徹頭徹尾である。
    名は体を表す。ボスは決して名前負けしていない。最高です。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ 過分なお言葉を有難う。何の迷いもなかったと思います。正解に決まってます。

  • 見城徹
    見城徹

    ジム、終了。走りながら高校時代を思い出していた。とうとう後3ヶ月で70歳になる。僕の人生のクライマックスはまだ来ていないと思っている。
    嗚呼、我が人生の時よ、来い!

  • 見城徹
    見城徹

    1977年1月、中上健次の運転でロスアンゼルスからメキシコのティファナに向かった。途中サンディエゴのラホヤの海に面したイタリアンでランチをして、街を散策した。初めて見る西海岸の高級リゾート地は夢のような世界だった。サンディエゴは時間がゆっくりと流れ、暖かい日差しを浴びて沢山の人がランニングをしていた。それがジョキングというライフスタイルだとこの時に知った。メキシコとの国境を越えると豊かさから貧しさへ道も風景も一変した。夜のティファナは汚くて臭くて混沌とした街だったがエネルギーに溢れていた。中上健次はティファナを大いに気に入り、メキシカンたちと肩を組んでテキーラを飲んだ。40年前の新宮、ソウル、ティファナ。中上健次はその3つの場所によく似合った。

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    南青山の[鮨 龍次郎]にて。見事な鮨だった。
    今年は僕にとって鮨屋の当たり年だ。