ログイン
詳細
見城徹
あさふみ(浅井智文)
あさふみ(浅井智文)
見城社長、映画「蜜蜂と遠雷」を観てきました。内容よし、音楽よしの映画でした。感想はトークルームにアップしていますので、ご覧いただけると幸いです。見城社長のおっしゃるように、また小説を読みたくなりました。ご紹介いただきありがとうございました。

ホント、演奏会にいるようですね。評判が評判を呼んで客の入りも日を追って良くなっています。いつも有難う。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    ジョージジョージ

    めちゃくちゃカッコ良かったです✨

    紺色のセーターもお似合いでした

    フレアジーンズ、紀伊國屋本店、体の痛み、見城さんの歴史があのワンツーに凝縮されていた
    そんな風に思えてならなかったです。

  • 見城徹
    見城徹

    僕の好みで行けば[クリード2]が海外映画賞なんだけど、推すのは僕だけだろうなあ。そうなったら[運び屋]にしたいけど、これもかなり難しそう。

  • 見城徹
    オジトモオジトモ

    ↑ ルロワの赤キャップ、ニュイサンジョルジュ、レ・ブード1988。
    同じく白キャップ、ムルソー、シャルム1978。
    なんとも羨ましい紅白対決。

  • 見城徹
    見城徹
    Yuuki Nonaka
    最初に、見城さんを情熱大陸で見て、率直で、嘘のない言葉に惹かれました。見城さんの出された本は、ほとんど読ませていただいてます。個人的に、編集者という病と読書という荒野が好きです。アベマテレビの番組も見させていただきました。教養があるのに、大衆に人気あるものに敬意を持ってすごいと思ってました。見城さんの言動に、何度か救われたし、勇気をもらいました。これからも頑張って下さい。

    [情熱大陸]に出たのは10年以上前ですね。カメラに密着されるのが鬱陶しくて何度かご辞退していたのですが、結局出させていただくことに。大島渚さんの次男の大島新さんがディレクターで骨がある人でした。出る決断が出来たのは大島新さんのお陰です。
    abema TVの[徹の部屋]はサイバーエージェントの藤田社長のお陰で自由にやらせていただきました。本当はやめたくなかったです。大石絵理、製作の小山薫堂事務所、スタッフの皆さん、有難うごいました。Yuukiさん、温かい言葉を有難う。でも、褒め過ぎです。僕は率直であること以外、取り柄みたいなものがないんです。

  • 見城徹
    オジトモオジトモ

    ワイン通だなんてとんでもないです。。
    ただ純粋にワインは好きなので、毎日のように普段お目にかかれない様な貴重なワインをアップしていただけるだけで嬉しいです。
    年代によってボトルの色やキャップシール、エチケットなども違いますし、最近はジャイエやDRCなどを中心にフェイクボトルも蔓延しているので本物を見れるだけでも勉強になります。

    ワイン版てんあつさんを目指します笑

  • 見城徹
    見城徹

    ⬆︎ 謙虚で最高。ワインに関して、オジトモは755の宝です。絶対にやめないで下さい。