ログイン
詳細
見城徹

あの日にかえりたい 歌:松任谷由実 作詞:荒井由実 作曲:荒井由実 泣きながらちぎった写真を 手のひらにつなげてみるの 悩みなききのうのほほえみ わけもなくにくらしいのよ 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい 暮れかかる都会の空を 想い出はさすらってゆくの 光る風 草の波間を かけぬけるわたしが見える 青春の後ろ姿を 人はみな忘れてしまう あの頃のわたしに戻って あなたに会いたい 今愛を捨ててしまえば 傷つける人もないけど 少しだけにじんだアドレス 扉にはさんで帰るわあの日に

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹

    ↑ シーズンを通して戦う試合には必ず[この1戦]というそのシーズン1のクライマックスの場面がある。大谷翔平にとって昨日のマリナーズ戦は[この1戦]だった。ホームランで1本差で先行するゲレロ、ペレスに並べるか?そして、投手として10勝に到達するか?10勝にはベーブルースが達成して以来103年振りの「2桁本塁打・2桁勝利」がかかっていた。
    6回まで無失点。7回に打率が1割7分台のケレニックにホームランを打たれたが後続を絶った。
    1対1の同点。8回も投げていれば打順は大谷翔平に廻って来る。ここまで5安打1失点10奪三振。
    エンゼルスには8回を抑えられそうな中継ぎ投手はいない。9回になってリードしていればイグレシアスというクローザーがいる。少なくとも8回まで投げさせて欲しかった。勿論、投球数から考えて7回で降板させたマドン監督の判断は正しかっただろう。しかし、大谷翔平にとってシーズンに1回の[この1戦]である。無理を承知で投げる。8回表を無得点に抑えて8回裏に自分でホームランを打つ。そんな妄想を抱いてしまうのだ。
    案の定リリーフ陣は野手のお粗末な守備も2つ絡んで8回に4失点。103年振りの記録は夢と消えた。[この1戦]には常識を無視して無理を通す。
    「大谷翔平、9回まで投げろ」は僕のそんな魂の叫びが込められている。
    [魂]のレベルではそうだが、大谷翔平の先の可能性を考えたらマドン監督の決断は正しい(笑)。

  • 見城徹
    見城徹

    おはようございます。同じような日々が続くことに耐えられない。そう思いながら歳を取って行く。哀号。押忍。

  • 見城徹
    MiRAIMiRAI

     ベンチで珍しくバットを叩き悔しがり、チームは好きだが、それ以上に勝ちたいと語る大谷翔平。本当に昨日は「この1戦」でした。
     人生をかけて戦う漢の姿と、見城さんの言葉の凄味、魂の叫びに感銘し朝からテンション高いです。
     私も戦わねば!押忍。ありがとうございます!

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ [無理]は「理」が「無」いと書く。元々、メチャクチャなのだ。しかし、僕は[この1戦]では無理を通す。僕の戦いでは[無理]は通すためにある!

  • 見城徹
    見城徹

    幾つの[無理]を通せるか?
    それがその人の仕事の結果を決める。[無理]だと思えることを選んで立ち向かう。そうしなければいつまでも普通のビジネスマンだ。
    麓の太った豚になるな。凍え死んでも頂上を目指す狼になれ。

    狼、生きろ、豚は死ね!

  • 見城徹
    見城徹
    投稿画像

    グローバーズの内山、シャリオンの角田家族が来社。凄く可愛い赤ちゃんとモデルの奥様に初対面。