ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    見城徹
    秋元康
    そうでした。オニオングラタンスープも、ここで初めて飲みました。メインはローストビーフでしたね。いつも、シャンソンが流れていましたね。

    流れていたねえ。気取らない店の雰囲気に凄く合っていた。[パスタン]の閉店は僕の青春の終わりだったような気がします。全部で4テーブル。
    皆さん常連だった。あんな店は2度と現れないでしょう。

  • 見城徹
    秋元康秋元康

    「パスタン」の看板、まだ、あるんですね。僕が18歳の時に、初めて“エスカルゴ”を食べたフランス料理店です。“オニオングラタンスープ”も、この店で初めて飲みました。コキーユ(コキールとも言いますが)、ローストビーフ、サラダ、どれも美味しかったです。十人くらいか入れない狭い店内には、いつも、シャンソンが流れていて、夜中の2時くらいまで営業していました。

    1
  • 見城徹
    オジトモオジトモ

    ベール・ラミー、サントーバン・クロ・デュ・メ2018

    イエルマン、ワー・ドリームス2018

    ユベール・ラミー、サントーバン・ラ・プリンセ2002

  • 見城徹
    めがねめがね

    仕事中は755を開かないので、出遅れてしまった…🙈
    村上龍さん大好きなのである。
    1番は選べない。
    特に好きなのは…
    「海の向こうで戦争が始まる」
    「コインロッカー・ベイビーズ」
    「最後の家族」
    「五分後の世界」
    「テニスボーイの憂鬱」
    「インザ・ミソスープ」
    「それでもわたしは、恋がしたい…
    恋がしたいの続きの題名が…すぐに思い出せない!調べましょ!
    幻冬舎だった気がする!!
    まだまだ読んでいるけれど、今思い出せるのはこちらかな〜
    お晩です🌙

  • 見城徹
    めがねめがね

    吉田さんの仰っていた
    「悪魔のパス天使のゴール」も好き!
    サッカーのプレー?の描写がすごくリアルだった記憶⚽️
    また読みたくなってきたー

  • 見城徹
    秋山純秋山純

    村上龍さん

    書店で手に取る時は
    いつも
    なにかの節目でした


    特別な感情が
    湧き上がって来ます



    愛と幻想のファシズム
    限りなく透明に近いブルー
    コインロッカー・ベイビーズ


    愛と幻想のファシズム
    を読んで

    当時のぬるま湯生活を
    ぶち壊した記憶があります


    もう一度
    読む時期かもしれません

  • 見城徹
    TomokoTomoko
    投稿画像

    今日は本屋さんに行って
    この2冊を買ってみました。
    裁判官の爆笑お言葉集という題名と
    北村匠海につられました。
    楽しみです。

  • 見城徹
    KazukiKazuki
    投稿画像

    「僕に営業させてくれれば、本の中身が全部白紙でも2万冊は売ってきますよ。」と見城さんに言えるくらいの「圧倒的な営業力」はどうしたら身につくのだろうか。もしそれが才能や運ならば、圧倒的な努力で覆してやる。

    見城さんの755は毎日見てるが、最近は毎晩のように、見城さんの本を読み返して、英気を養う。そうしないと次の日に、職場という戦場に出られない。憂鬱だ。

    今働いているスタートアップでは2年以内に辞める。終わりを決めることで、他の社員が10年必死に働いても獲得できないような、「圧倒的な営業力」をつけて退社する。