ログイン
詳細
前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    司会は桂小金治さん、ナレーターは芥川隆行さんでお馴染みの『それは秘密です!!』

    なんてことはなくて、"にゃんにゃん"事松田健志さんが残してくれたルームから入って行き遡るのです。それだけのことです。

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    というか、上の2枚は見城さんの現行の755を遡るだけです。
    時間が有って、755の機嫌が良ければなんぼでも探して来れます|•̀ω•́๑)و゙

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    もっと自分のことに、真剣にならなくちゃな。

    とにかく、サエさんが素直でストレートで良かった。見城さんというミット目がけてビシビシ投げ込んでいるのが判る。その言葉にテンポも有って心地好かった。

  • 見城徹
    てんあつてんあつ

    去年の12/12、図らずも見城さんの古希祝いの会になった日のエピソードとか聴かせて欲しいよなあ~!?とか思っちゃいます。
    目の前で見た、見城さんのエンターテインメント性の凄さとかをね。その日参加された皆様、ご検討ください。

    笑えて、ホッとする見城さんの話を共有したいですよ。

  • 見城徹
    見城徹

    ↑ おはようございますばらしき世界。今日は映画館で映画を観ることから活動開始です。
    復帰した「てんあつ」のトークがさえまくっている。

  • 見城徹
    見城徹

    [すばらしき世界]の原作者、佐木隆三とはたくさん仕事をし、よく飲んだ。新宮が故郷の中上健次に誘われて荒くれ者の火祭りとして知られる和歌山県新宮市神倉神社の「御燈祭」に佐木隆三と参加したことがある。部落ごとに集まった男たちが松明を持って白装束を身に纏い、お神酒を飲みながら山の上にある神倉神社を目指す。その道中、他の部落と小競り合いが多発し、松明で殴り合う。神倉神社に着くと夜になっている。境内にひしめき合った男たちは一人一人が持つ松明に火を点けて、合図と同時に一気に山を駆け下りるのだ。この祭りで佐木隆三がボコボコにされた。中上健次と僕は助っ人に入って応戦したが、酩酊していた佐木隆三は血だらけで大の字になってしまった。幸い大事には至らなかったが、松明で殴り合いながら殺されるかもとはっきりと覚悟した。翌日、怪我だらけの佐木隆三は殴り返しに行くと喚き散らしたが、そもそもどの部落ともみ合い、襲撃されたのかも暗闇だったのではっきりとしなかった。しょうがないから佐木隆三、中上健次、僕はひたすら酒を飲んで一日を過ごした。今となっては忘れられない思い出になったが、中上健次、佐木隆三はとっくの前に逝ってしまった。2人ともう一度酒を酌み交わしたいと疼くように思う。新宿ゴールデン街で3人でよく飲んだものだ。あれから40年以上が経ってしまった。夥しい疼きを抱えて人は死というゴールに向かって行く。
    映画[すばらしき世界]が楽しみだ。

  • 見城徹
    見城徹

    ホワイトのブロックを解除します。ホワイトさえ良ければこれからよろしくお願いします。