ログイン
詳細
見城徹

次いでに書く。9月3日、雨の軽井沢で堀江貴文とのゴルフが終わり軽井沢発15時の新幹線に乗った。グランクラスに客は僕一人だった。携帯電話が鳴った。菅義偉総理からだった。律儀な内容だった。自分を省みてその義理堅さに感涙した。どうしようもないことってある。人生は辛い選択の連続だ。電話を切って菅総理に手を合わせた。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報