ログイン
詳細
見城徹

初日は当然だが、役者たちは緊張している。間の取り方がぎごちない。セリフがまだ体に染み込んでいない。そんなハンディを昨夜の初日は克服してくれていたと思う。しかし、これから回を追うごとに素晴らしくなって行くはずだ。僕は後3回観る。この世あらざる140分。この世あらざる熱狂に身を焦がす。

前へ次へ
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    瀬川瀬川

    サウナノフタリ。
    #1、#2、一気に観ました。

    一番心に残った言葉。

    ・見城さん『俺は会社のブランドで仕事をしてこなかった』
    ・箕輪さん『気が狂っていた(『たった一人の熱狂』作業時)』

    ただ感銘受けるだけじゃなく、胸にグサッと刺さるものがある。
    見城さんにも箕輪さんにも。
    僕が、同じ職種だからだと思う。

    僕はお二人とは対極。
    徹底的に会社の名刺を利用して仕事をしまくるし、気が狂うほど付き合うこともない。
    『あ、この人面倒臭いけど、何かを持ってるかもな』と感じることよくあるけど、過剰に近づくプロセスで、どこか一線を引く。
    踵を返して逃げることもしない。ただ、ふわふわ付き合っていく。

    だから、見城さんに憧れるし、そのようにできない自分に編集としての罪悪感みたいなものを感じたりしちゃう。
    上手く言葉にできないな。
    羨望と嫉妬と諦観が混じった感情というか。

    一年前の今頃、755上で見城さんに言われた言葉がある。
    確か、中川さんと柴田さんと初めてお会いした時の投稿だと思う。

    『瀬川くん、君は気違いにはなれない』

    あの時、ショックを受けたような、ホッとしたような感覚になったのをすごく覚えている。

    『BLEACH 』の藍染惣右介も言っていた。
    「憧れは、理解からもっとも遠い感情だよ」

    だから、どれだけ好きになれど、永遠に同じ気持ちになるのはできないのかもしれない。

    なんか変な文章になりました。
    今日はうまく書けなかった。

  • 見城徹
    いちむらいちむら

    サウナノフタリ拝見しました。
    見城さんと箕輪さんのストレートなやりとりに笑って泣かせていただきました。尾崎豊が逆光から現れた件は初めてお聞きしたような気がします。本日の#2も楽しみです。これからもお慕いし、極端を目指して行きます。

  • 見城徹
    ♡♡やなも♡♡♡♡やなも♡♡

    サウナノフタリ前編。こちらも臨場感出したくてお風呂に浸かりながら観ました。温まりながら編集者としての見城さんや箕輪さんの只ならぬ覚悟や情熱を感じながら入ってるお風呂ではなく二人のトークに魅了され思わずヤケドしそうになりました。結果が全てだと思いますが、それ以上にこれまでに壮絶なドラマがあって数々の作品が生まれているんだと思うと、感動で胸が震えます。改めて見城さんと尾崎豊さんの殺気立つようなエピソードも聞けて良かったですし、生きるか死ぬかの瀬戸際まで経験された見城さんだからこそ出来る本気のアドバイスを箕輪さんが受け止めていた姿に胸を撃たれました。箕輪さんの表情も真剣そのものでしたし、葛藤がひしひしと伝わって来てこちら側も感情がかなり揺さぶられました。これからも編集者として頑張って欲しいです!ガチンコで本音トークする素敵な番組ですね。人気出そう。後編も必ず観ます。

  • 見城徹
    中川 剛中川 剛

    2021.12.4記
    サウナノフタリ(見城徹✖️箕輪厚介)

    こんなにもゾクゾクして感極まった番組は他にない。[見城徹]✖️[箕輪厚介]✖️[サウナ]。大好き過ぎる3つが揃い踏み。どう考えても最高に違いないと、めちゃくちゃハードルが上がっていた状態で視ましたが、そんなハードル全く関係なかった。突き抜けて最高でした!!

    まず、見城さんのご登場シーンから痺れた。「いつものあの見城さんだ!」と大興奮。車を降りて一言かけて下さる見城さん。めっちゃ格好よい。大好き。

    サウナ室では、【ドゥ・スポーツプラザ】に行き、26歳で初めてサウナに通ったという話題。サウナ歴は44年!今もお好きでいらっしゃる【野菜ジュース】の話題も出た。そして、14℃の水風呂から上がった時の見城さんの鋼の肉体がまた鮮やか。貴重な背中も格好良い!

    次は、有名な外気浴スペース。
    見城さんが語って下さった36歳の頃の仕事のまあ鮮やかなこと!【月刊カドカワ】、【尾崎豊】、【坂本龍一】!「見城さんで駄目なら廃刊する」とまで言われて任された【月刊カドカワ】を6000部から300000部へ!会社全体から反対されながらも、尾崎豊総力特集「沈黙の行方(70ページ)を組んだ【月刊カドカワ】は、9万部が一日で売れた!そして、あの【BIRTH】が生まれた。クビを覚悟で【尾崎豊】にかけていった見城さんのあまりにも鮮烈で感動的なエピソードで泣いた。なんて鮮やかなんだろう。

    箕輪さんは、悩みも正直に本音で見城さんに聞きたいことを聞いていく。何度も見返していますが、[再び熱を持てない悩み]であったり、[モノを作り続けている人たちの特徴]であったり、その対話が圧倒的にリアルで面白い。そして、箕輪さんの本音対して、明確に真剣に答えていく見城さんのトークに涙が止まらない。めちゃくちゃ熱い!!めちゃくちゃ格好良い!!

    「無名のやつを超有名にするとか。全く売れるはずのないものが超ベストセラーになるとか。そういうことが大好きなんだよ」

    「この世あらざるものを作ってやる」

    「全部上手く行くなんてことはないんだよ。だから、打ちのめされるし、絶望するし。だけど、やっぱり俺はやりきる」

    「毎年毎年毎年、ずーっとヒットなんか続けてたら気が狂うよ。だからいいんだよ。今は今で」

    ……たまらない(泣)(泣)マジで泣きまくりました。

    「一回、10万部出したやつは、二度も三度も10万部は作れる。一回も出せなかったやつは一生出来ない」

    「形には見えないけど、そのノウハウが体の細胞にちゃんと構築出来てる。100万部売ったやつは何回でも出来る」

    ……見城さんが生の言葉で語ると、そのインパクトが半端じゃない。「迷いながら戦え」。見事に本質を抉る言葉の数々が刺さりに刺さる。見城さんの圧倒的努力、熱狂や優しさが熱を持って画面から迸っていて、泣いてしまう。

    僕の最愛の書、人生の書【たった一人の熱狂】を生み出して下さった見城さんと箕輪さんの本音トークが、「再び熱を持ちたい」と四苦八苦している今の自分の胸に死ぬほど響いてくる。自宅で家族が寝ていたけど、聴いていて手を叩いて叫んだ。箕輪さんの問いかけに答える見城さんの鮮やかな言葉を聴くたび、「迷いながら戦え!」と心臓がドクンドクンと鼓動する。
    【たった一人の熱狂】という本がこの世あらざる本であるのと同様に、こんな番組は、絶対に他にはない!最高でした!

    最後に、サウナ、水風呂、外気浴が生々しい本音トークを引き出していたに違いないのではないかと思うと、サウナ好きとしては堪らなく嬉しい。

    見城さん、箕輪さん、死にそうなくらい最高な番組を有難うございます‼️‼️


    https://www.youtube.com/watch?v=P0WSNQGA7JI

  • 見城徹
    中川 剛中川 剛

    [たった一人の熱狂]ほど【熱狂】が止まらなかった本は他にはない。その止まらない【熱狂】のおかげで、それまでの自分が馬鹿馬鹿しくなり、異常に仕事しまくれた。夢中だった。結果が出始めた時の感動は忘れられない。そして、その感動と感謝を見城さんにお伝えするお手紙を書いた。涙なしに書けない手紙だった。今では、見城さんとお食事をご一緒させていただくことがある。もう感謝しかない。見城さん著、箕輪さん編集の[たった一人の熱狂]が無ければ、こんなことは絶対起こらなかった。

  • 見城徹
    かなかなかなかな

    もうこれは。保存版。何度もみたい。

    毛沢東の革命の三原則
    ①若いこと
    ②貧しいこと
    ③無名であること。
    ④無知であること
    「革命の四原則」と呼んでいる見城さん。

    見城さんのコピーライティングもホント好き。

    なんだろう。
    もうホント心の琴線がグォォンと弾かれる。

    昨日も言ったけど、ホントカッコいい。✨✨

    もうこの言葉以外出てこないわ。


  • 見城徹
    かなかなかなかな

    見城さんの言葉は何度も読んでるし、何度も聞いてる。

    なのに、毎回毎回心から痺れる。

    なんだろなぁ〜
    これをなんていう現象というのだろう。

  • 見城徹
    かなかなかなかな

    今、事業を軌道に乗せるために必死でやってる生徒に、かっこいいから見て!!と前後編のURL送った😌

    若くて、貧しくて、無名で、無知な18歳の高校生です。

    頑張れ👍