見城徹さんがリトークしました
見城徹
見城徹
削除されたユーザー
削除されたユーザー
憂鬱でなければ、仕事でない。 この言葉には当初、抵抗がありました。堀江貴文さんやユーチューバーなど仕事が遊びだという人を見て憧れていたからです。相反する考え方なのだろうとしばらくは思っていたのですが間違いでした。堀江貴文さんと見城さんからは同じものを感じるのです。情熱と圧倒的努力、魅力あるアイデンティティ。「憂鬱でなければ、仕事でない。」この言葉を理解したような気がしたとともにあなたが遠く感じます
そうかなあ。
目標を容易に達成できないほど高く掲げれば、憂鬱になる。成功がイメージ出来るけど、そこに行き着くには面倒臭いことが沢山予想される人との付き合いは、憂鬱になる。これ、当たり前だよね。楽をして結果なんか出ない。スムーズに進んだ仕事は疑わなけれればダメだ。
自分がスムーズに進められた仕事は誰にとっても難しくないと考えた方がいい。なら、差は着かない。だから、憂鬱になることは大きな結果の第一歩だと僕は信じて来た。それは堀江も一緒だよ。誰も出来ないことをやり遂げるから、凄い結果が出るんだよ。「憂鬱」と「仕事を楽しむ」ことは矛盾しない。僕は憂鬱な仕事を楽しんで来た。不可能に挑戦してる、そう思いながら悪戦苦闘することは楽しい。結果をイメージしているからね。憂鬱でなければ、仕事じゃないんだよ。
僕は貴方の遠くにいない。むしろ、すぐ側にいる。弱い自分にウンザリしながら、それでも自分に鞭打って、匍匐前進しているんだよ。何度でも言う。出来るか出来ないか?ではない。要は、やるかやらないかだ。みんな同じだよ。
見城徹
見城徹
⬆︎ かなり前のやじコメへの返信をリトーク。
見城徹さんがリトークしました
徹の部屋
徹の部屋
明日の「徹の部屋」は、
AbemaSPECIAL2チャンネルにて、夜9時から2時間生放送!!

今回、MC見城社長がお招きするのは、このお2人!

カジノで約106億円を熔かした壮絶な過去をもち、先月幻冬舎より堀江貴文さんとの共著「東大から刑務所へ」を発売した大王製紙前会長・井川意高さんと、
雑誌「経済界」の元編集長であり、現在では政治・経済を解説する電子メディア「政経電論」を立ち上げ、自ら編集長を務める株式会社損得舎代表・佐藤尊徳さん。

実は公私ともに仲の良い、ゲストのお2人。
井川さんの3年2ヶ月にもわたる刑期中も、友人として支えてきたという佐藤さん。
そんな深い関係を築くお2人とMC見城社長が、酸いも甘いも知り尽くした熱き生トークで盛り上がります!

いったい、どんな熱い2時間が繰り広げられるのか!?
明日の夜も、一時も目が離せません!

ぜひ、お見逃しなく!

https://abema.tv/channels/special-plus/slots/8uBwCRJ8DBCqd1
abema.tv
見城徹さんがリトークしました
中川 剛
中川 剛
本日も、何とかサンシャイン・ジュースに寄れて良かった。恵比寿店。身体に良くて美味しいんですよねー。

左:パッションフルーツ・スムージー
中:アップルジンジャー
右:ミーングリーン(生姜、ケール、小松菜、ほうれん草、レモン)
見城徹
見城徹
サンシャイン・ジュース六本木店でパッションフルーツ・ジュース。
見城徹さんがリトークしました
てんあつ
てんあつ
2017/神無月廿二日…今日の見城さん。

眼鏡=EYEVAN
アウター=??勉強不足m(_ _)m
ポロシャツ=アメリカン・イーグル
腕時計=リシャール・ミルRM010
短パン=こよなく愛するアバクロ
鍛錬の行き届いたふくらはぎ=見城 徹
スニーカー=Zegna(赤)

責任を持って文句を言うために、投票もして来ました。
何より今夜の「徹の部屋」楽しみにして居ります。
かっこいい見城さんを拝見するために!
見城徹
見城徹
⬆︎ アウターはZegna Sportのダウンです。判らないよね、これは。後は全部正解です。ポロシャツは赤系すれば良かったと後悔しています。赤いキャップも忘れて来てしまいました。
ジムに行くために慌てて家を出て、今日の格好はかなり不満です。パッションフルーツ・スムージーは運動の後のご褒美の一杯。
見城徹さんがリトークしました
鯖 まりこ
鯖 まりこ

~どんな苦しみの中にいても、生きることは喜びに満ちている Keep on going~

生涯現役の医師を貫き、ホスピス専門の病院を作るなど日本の終末医療を築き上げられた日野原重明氏。
今年7月105歳で亡くなるその直前まで、精魂注がれたメッセージがぎっしり詰まった本です。

インタビュー形式で綴られた5章からなるそれぞれのテーマは、「死ぬのはこわくないですか」「人間は孤独な存在なのでしょうか」「人目ばかり気になります。自然に自分らしく生きる秘訣ってありますか」など、どれも私たちが生きていくうえでつまずいたり疑問に思う事ばかりです。
そんな誰もが感じる息苦しさに、日野原先生はひとつひとつ丁寧に答えてくれています。まるで陽だまりで膝枕をしてもらいながら聞くような、そんな優しい語り口調に、忙しい毎日で凝り固まった心がほぐれていく感覚を覚えました。

著書の中で、敬虔なクリスチャンでもあった先生は聖書の言葉を多く引用されています。
私の母もクリスチャンでした。私は物心ついたころから教会へ連れていかれ聖書の言葉はいくつも暗唱するほどに聞いてきました。しかし私は自分が何か目標を成しえた時に必ず「神様のおかげだから感謝しなさい」と言われるのが嫌で反発していました。私の努力のおかげだと誉めてほしかったのです。
そんな母が思いの外早く他界し、親孝行はおろか感謝の気持ちを伝えられずしまいだったことを今でも悔やんでいます。
しかしこの本の第2章「愛すること」のなかに、最愛の妻を亡くされた先生は「目に見えなくなった人の姿が、後々まで、生きていた時以上に、僕たちに大きな力を与えるという事があるのです。」と書いている箇所を読んだとき、母は今でも私の中で生き続け、知らぬ間に私の事を助けてくれているのだとはっきりと見えないはずの姿を感じ、涙が溢れました。

子供の頃受け入れられなかった聖書の言葉も、先生の解釈を通して素直に入っていきました。これもまた母と通った教会というベースがあるからかもしれません。
同じ言葉でも長い年月と経験を経て受け取り方が変わります。私はこの本を通しても新たな発見をたくさんしました。
そんな風に歳を重ねても100歳を超えた先生でも、まだ知らない自分に出会える毎日にドキドキしていると仰られています。
それはたとえ苦しい闘病生活の中であっても、そんな自分やそれを感じられる環境に感謝の気持ちで、言い尽くせないほどの喜びを感じると。

先生の言葉は優しくて温かい。
そこには臨床医としてこれまでおびただしい数の死と向き合い、厳しい現実を幾度も幾度も目の当たりにした先生だからこそ、人の痛みを一番知る人の深淵の言葉だと思いました。

''キープ オン ゴーイング''
人生辛くてもこれからも歩いて行かなければいけない私たちに、先生は生きる喜びを教えてくれました。
その言葉はこれから来る困難に立ち向かう時、道標となってくれるでしょう。
どうしても伝えたかったという先生の言葉、胸に刻みます。

         
読書記録
「生きていくあなたへ」
日野原重明 著

見城徹
見城徹
⬆︎ この感想は素晴らしい!
見城徹
見城徹
abemaスタジオに入りました。
見城徹のトーク

見城徹のトーク

3,147,711ウォッチ
ウォッチャー
ウォッチャーがまだありません