見城徹さんがリトークしました
あま
あま
755があって、見城さんがやっていたからこそ、日々、自分を省みる機会を得ました。見城さんと市井の人々との熱いやり取りは、学校や親から学び得ない内容であり、自分の人間形成にも、なくてはならない存在となっています。そして、ここでの学びを糧に、自分、家族、そして社会に、少しでも良い形で関わっていきたいと思います。それが自分にできるせめてもの恩返しだと考えています。いつもありがとうございます。
見城徹
見城徹
⬆︎ 有難うございます。救われます。
見城徹さんがリトークしました
かなかな
かなかな
朝から泣けました。
この切なさはなんだろう。

生きるって「切ないもの」なんだなと。

やはり見城さんは愛深き人です。

他人への愛の中からしか、喜怒哀楽は生まれない。

スルースキルだの鈍感力だのと、
感情が薄っぺらなことが「よし」とされる世の中に移り変わる中で、それでいいのだろうか、人類はこれで「前」に進んでいるのだろうかと、疑問を持つ人たちに、見城さんは、きっと必死になって市井の私たちに、大切なものを伝えようとしてくれている。

見城さんの言葉は、理解を通り越え、感情にダイレクトに来る。

「あれ?なんで涙が出るんだろ」

理由はいくらか後付けされるけれど、まず心が揺さぶられる。

誰がこんなに、見ず知らずの人間に、真正面に向かってくれるのだろうか。



見城徹
見城徹
⬆︎ 僕も切なくて、苦しいからです。
見城徹さんがリトークしました
かなかな
かなかな
心を揺さぶられるような体験なんて、そうそう人生に何度も訪れない。

でも、私はこの755内で何度泣いたり、青ざめたり、喜んだり、感動したりしただろう。

「見城さんの755」こそ、この世あらざるものたと思う。

地球上でたった一つ、言葉の宝庫が、見城さんのトークルームだと思う。

海外で、ここまで、こんな熱いやりとりをしているものがあるのか、調べて欲しい。

(私が英文訳せたら😭)
見城徹
見城徹
⬆︎ さっきまでDMMの社長・片桐君と会食していて、[見城サロン]をやりたいと口走ってしまいました。即座にOKが出ましたが、さてどうなりますか(笑)。
見城徹
見城徹
やっぱり、面倒臭いなあ。
見城徹さんがリトークしました
柴田 新介
柴田 新介
サロンができれば参加したいです!
ただ、できなくても755が実質のサロンだとも感じています。マネタイズされてないどこまでも開かれた圧倒的サロンが755でもあると感じています。
見城徹さんがリトークしました
あさふみ
あさふみ
「人生の勝算」読ませていただきました。分かりやすい言葉で書かれておりページ数、文字数は少ないですが中身が詰まっています。見城社長や箕輪さんがおっしゃるとおり論理的でかつ叙情的な文章です。前田さん自身が書かれた文章というのが感覚で分かりました。前田さんが私の前にいてお話されているような感覚でした。
SHOW ROOMの事業内容が主に書かれている本ではありましたが、前田さんの実体験を踏まえて私たちでも参考になるエピソードが記載されています。「当たり前のことを圧倒的なエネルギーでやり続ける。」「仕事の基本は思いやり」『思いやりとは、「他者」の目をもつこと』結局仕事で成果をあげるのはいつの時代でも同じと感じました。秋元さんとのエピソードについては、SHOW ROOMほどのサービスでもなかなか認めてもらえず、認めてもらうまでの過程について書かれており興味深かったです。人生の向かうべきベクトルを持つこと、「人生のコンパスをもつ」素敵な言葉です。
ビジネス本であり自伝的本である本書あきることなく一気に読むことができました。前田さん、箕輪さん本の作成ありがとうございました。見城社長本のご紹介ありがとうございました。浅井智文
見城徹さんがリトークしました
あさふみ
あさふみ
見城徹のトーク

見城徹のトーク

2,419,993ウォッチ
ウォッチャー
ウォッチャーがまだありません