ログイン
詳細
前へ次へ
さづ@apb
トーク情報
  • さづ@apb
    さづ@apb

    新規とか運用とか関係なく、挑戦に必要なのは心と体と時間の余裕。

    タスクに追われて挑戦が出来ない期間は新規(新機能)開発のリリース前の追い込み期くらいで良く、それ以外の時期はタスクに追われるよりも、いかにゆとり(余裕)を持って物事を進められるかでクオリティだけでなく最終的なスケジュールにも有益な成果が出る。

    余裕があるからこそより良いアウトプットが出せる人になって欲しいし、常に他人から追い込まれないとアウトプットが出せない状態は半人前。

    後者が多いと管理とは追い込むことだ、となって不幸な連鎖が産まれる。
    (適度な締め切りはあるべきだし自分でも考えれるようになるべきだけど)

  • さづ@apb
    さづ@apb

    何事によらず、デザイン(設計)って感覚でやるもんじゃないので、巧拙はあれ言語化できて当たり前。

    感覚に頼って言語化できなかったり、どっちでも良いと思える場面は総じて能力不足なのかなと思う。

    引き出しや出せる選択肢の少なさを実感することと、なんで答えを出せないんだろうという自問自答と、答えはなんとなくわかってるんだけど上手く説明できない時のもどかしさ、は成長の元。

  • さづ@apb
    さづ@apb

    昨日育成について遅くまで議論していて、

    ①何も言わなくてもできる人の背中見て(できる人探して)ついてくる(追い抜く勢いだとなお良し)

    がベストだとして、やれてない人に

    ②背水の陣で自分が最後の砦という状況をつくる
    ③できる人の背中を追いなさいと諭す
    ④良い意味での厳しい指摘で追い込む
    ⑤答えを提示せず指導し自ら考えさせる

    状況に合わせて①〜⑤を考え実践して根気よく見守るしかないと思うんだけど、大抵この手の話しが出る場合って対象者の意識が求められてる方向に成長しなきゃと焦ってないので、この話するだけでも意識上がって効果ある気がしてきた。

    特に個人に閉じない物事ほど、最終誰かフォローしてくれたり、自分事化できなかったりで、できるようになる人が増えにくく、成長が鈍化しがちなのではと思う。

  • さづ@apb
    さづ@apb

    久々に丸一日使っての技術ボード合宿。
    期初は半日合宿で目先のことをなんとかする話が多かったけど、今回は目先よりも中長期の議論が多くできたと思う。

    過去一で俺は(直接)やらないよ、という我ながら不思議なスタンスで臨んだけど実行までいけばかなりでかいと思うので、監督業に専念して見守るスタイルで。

    (まだまだ詳細詰まってないので明日延長戦だけど)

  • さづ@apb
    さづ@apb

    最近エンジニアだけじゃなくて、デザイナやプランナーのキャリアも考える機会が多いんだけど、色々見てるとJBみたいに上か下かの抽象的な1方向の評価基準じゃなくて、もっと具体的にエンジニアならこのスキル群の中からどれを伸ばすのよ、っていうのもある方が成長のための指標としては良さそうに感じた。

    ↓例えばこんな感じ(デザイナ向けだけど)
    https://twitter.com/kazkobay/status/998556590688165888

  • さづ@apb
    さづ@apb

    細かい手法は置いといて今PJを進めるために必要だと思ってることを整理してみた。
    要はアジャイルってなんだっけ的な内容になった。
    書いてる内容はあくまで一般的だと思える例。

    ◾️目的の不確実性
    ・タスクをこなしてもゴールに近づいたかわかりづらい(ゲーム開発あるある)
     → ユーザーストーリー(コンセプト)駆動の開発をしよう

    ◾️方法の不確実性
    ・実現するための手法やコストが不明確
     → スクラムでチームの開発力を明確にしよう
    ※アジャイルじゃなくても見積もりとスケジューリングの仕方を工夫しよう的なこと

    ◾️通信の不確実性
    ・新しいメンバーが多くコミニュケーションロスが多い
     → ユーザーストーリー駆動&スクラムで機会創出
     → その他チームビルド施策で促進

  • さづ@apb
    さづ@apb

    間に人が入る、という構図は必ずその間の人の当事者意識に物事が左右されるので、大前提として間をつくらないことが大事。

    つくるからにはそのコミットを引き出すために全身全霊で巻き込み方を考えるべき。

    単純な増員が一定数以上パフォーマンスを発揮しないのも似たようなお話で、流れは逆だけど、人が増えた結果間が生まれるパターン

  • さづ@apb
    さづ@apb
    投稿画像

    仕事を楽しむコツを掴むことは大事。
    好きこそ物の上手なれとは言うけれど、手応えのない仕事ほどつまらないものはない。

    自分が手応えを感じてなくとも、実は良い効果を出していることもあるので、身近な手応えを探す癖をつけると良い。
    それがそのまま自然と信頼(評価)を得て、裁量が広がり、良い循環になる。

  • さづ@apb
    さづ@apb
    投稿画像

    偉そうに人のことも言ってられないので、脇目も振らずにやるべきことをやらねばと思った。
    早くもっと強くなって面白い楽しい無双したい。