ログイン
詳細
高架線のカフェテリア

#1382『山本彩と岡田奈々の対談を読んで』 本日発売「AKB48新聞 8月号」より 山本彩と岡田奈々。思えば2人の共通点は多い事に改めて気が付いた。それぞれがエースでありキャプテンであるという点。共に48グループを代表する歌が上手い事で有名であり。そして互いに特有の漫画の趣味(アレです)を持つという事。今回はそんな2人の表紙を除き4ページに渡り、その全てについて書かれている。取材日が山本彩の卒業発表の5日前であったという事もあり、そこに関する記述はないが、彼女がNMBへの想いを惜しげもなく語っている点も見所だ(ちなみに卒業に関する記事は別ページで紹介されている)。そして、あらためて思い出した事もある....山本彩も喉の手術を受けていたという事を。後半は、岡田奈々がそこに対しての悩みを彼女に打ち明け、山本彩なりの考えやアドバイスを送る場面も。今年初のソロコンサートを行い、最後の曲として山本彩「月影」を歌った岡田奈々の想いや、山本彩がシンガーとして岡田奈々をどう見ているのか?更には"アノ趣味"の話では互いのオススメ作品を出し合いトークはニヤニヤと弾み、他にも2人を結び付けたNMB48太田夢莉の話や、共通点も多いSTU48薮下楓の話まで。ここまでで2ページ分ね。そして、互いが語る「キャプテンとしての苦悩から、乗り越えたきっかけ」。グループと並行しソロ活動への夢を追う岡田奈々、そして実際にソロ活動を行なって来た山本彩の証言。最後は、声帯の悩みを打ち明けた岡田奈々へ、鉄人と呼ばれた山本彩は体調管理方法を伝授する。そんな今最も読みたい、いや読むべき2人の対談がぎっしりと詰まっていた。正直、思っていた以上に深い内容だった。もう迷う事はない、これは買いだ。

前へ次へ
高架線のカフェテリア。48&46レビュー
トーク情報
  • 高架線のカフェテリア
    #山崎怜奈 (乃木坂46)#山崎怜奈 (乃木坂46)
    投稿画像

    #8thyearbirthdaylive 4日目もありがとうございました😌無事に全200曲お届けできたみたいです。毎日ひっそりと一投稿だけはしていたので、とりあえず今夜中に何か伝えなくてはと思い、賀喜家から頂いた立派な苺と心温まるメッセージボードを載せます。かっきーオッケー頂きました。曲などに関しては、またブログに書きますね。
    毎日のリハーサルと、本番一公演およそ3時間半、スタッフの皆さんのお力無くしてはできなかったです。本当にお疲れ様でした。支えてくださり有難うございました。
    ファンの皆様、9年目の乃木坂46も、よろしくお願い致します。以上、あすかちゃんが最後のMCでさりげなく言っていた「変化を武器に」というフレーズが心にじんわりきている山崎でした。

    101
  • 高架線のカフェテリア
    高架線のカフェテリア
    ken
    バスラ最終日本当に最高でした!!!いつだったかマスターが「今年のバスラのテーマはcross road」だと言っていた意味が分かった気がしました。1期生も2期生も3期生も4期生も卒業生も選抜もアンダーも、その全部が交わって今の乃木坂を創っているんだと感じる事ができました。

    昨日と今日と。そしてあなたと乃木坂の未来。

  • 高架線のカフェテリア
    高架線のカフェテリア

    主演ドラマ、ドキュメンタリー映画、東京ドーム公演。今年もその勢いは止まらない日向坂46。でも、それを続ける事の難しさ。そして彼女たちは「いつも元気で居なきゃいけないんじゃないか?」というグループカラーに悩んでい時期なのかなって思います。

  • 高架線のカフェテリア
    高架線のカフェテリア
    ふっか⊿
    マスターには、乃木坂も続けていただきたいです‼️🙇

    仮に私が白石麻衣の卒業コンサートに関わるとして、それを踏まえた上での「8th YEAR BIRTHDAY LIVE」作りでは駄目だと思った。今の乃木坂46が未来へ進む為には、ここでやり切るしかないと思った。そしてメンバー達にもその覚悟があったから、ライブは成功したのだと思う。私はその姿に感動した。それだけで十分です。本当に凄い子たちだなって。

  • 高架線のカフェテリア
    高架線のカフェテリア

    そして何より嬉しかったのが、まるで「あな番」の考察みたいに、ファンの方がTwitterで「この曲並びがエモい」「ここでこのメンバーはズルい」って感想を書いてた所。勿論、その全てが上手く行ったなんて思ってはいませんが、嬉しかったですね。結構新しい試みやったりしてたので。メドレーとかドキドキでした。

  • 高架線のカフェテリア
    高架線のカフェテリア

    でも「全曲披露」が乃木坂46のタガになってはいけないとも思っています。負担という意味での限界値は超えているので。そんな中で、最大規模のBIRTHDAY LIVEを今後どうやって魅せて行くのか、楽しみですね。原点回帰はその選択肢の一つであって良いんだよと。

    2