ログイン
詳細
高架線のカフェテリア
タコさん。
タコさん。
マスターは今向井葉月が選抜入りするには何が足りないと思いますか?

では、AKB48特集が始まる前に。一言だけ。 そうですね。今の彼女の場合は、乃木坂のバラエティー担当の様な見え方をしているファンの方が多いと思います。確かに楽屋でも賑やかですし、番組でもそういう切り取られ方をしていますしね。でも私が観ていると、乃木坂46としての彼女はそれを望んでない様に思うんですね。他の3期生と自分の客観性を比べ、もっとそれ以外の部分で評価されたいと思っている。でも人が良いからこそ、求められたギミックに応えしまう。そのジレンマに在るのが、今の向井葉月なんですね。そんな時、自分は変わりたいのだとアピールする最初の手段としては、やっぱり圧倒的に綺麗になる事だと思うんです。女の子の武器って可愛くなれる事ですからね。髪型を変えたり、メイクを変えたりする。でも、それを自分勝手にやってしまうと今のキャラと乖離してしまうかもしれないから、誰かに相談しながら徐々にで構わない。そして気が付けば「あれ?最近の葉月、キレイじゃね?」と言わせれば、そこに新たなステータスが加わる事により、バラエティーキャラだけに頼らない幅が生まれるんです。語ったな〜。

前へ次へ
高架線のカフェテリア。48&46レビュー
トーク情報