ログイン
詳細
前へ次へ
umiのトーク
トーク情報
  • umi
    umi
    投稿画像

    答えでーす。カエル🐸の問題正解する猛者が幼稚舎に入れるのですかね。

    8
  • umi
    umi
    投稿画像

    禰豆子(ねずこ)柄のお弁当箱入れ&スプーンフォーク入れという飛び道具を作った。これでうさぎ組の人気をかっさらってきて。ママはよりと君が好きだから、できればよりと君狙いでよろしくお願いします😇♡

  • umi
    umi
    投稿画像

    一つ前のトークの後日談。
    昨日、ちょうど幼稚園の前を通りかかったので娘が人気者になれたか気になったこともあり、お弁当の時間に潜入。
    この季節は青空のしたでお弁当🍱で気持ちよさそうでした。

  • umi
    umi
    投稿画像

    結果、娘は人気者になってないどころか、わたしに気づいても素知らぬ顔(写真右のピンクのゴムの子)
    一生懸命手を振ってくれた(写真左奥の子)のが我が子ではないのが昨日のハイライト。

    幼稚園の帰り道 
    「ねずこのお弁当袋先生とかお友だちに何か言われた?」
    「誰にも何にも言われなかった」

    え!ママが小さい頃は白いたまごっち持ってたり、ナイキのエアマックスの偽物履いてると人気者だったけど、今の子たちってそういうのないの?時代?え!何?

    ちーん。

    2
  • umi
    umi

    お弁当袋というアイテムが地味なんですよね。裁縫をしてわたしが褒められたいという承認欲求が先行してしまいました。
    出直します。
    おはようございます🌞

  • umi
    umi
    投稿画像

    [オン・ザ・ロック]
    Apple TVで10月初旬より先行放映していたソフィア・コッポラ監督の最新作。
    夫の不倫を疑う娘とその一報を受けて過剰に心配する父のチャーミングでエキサイティングな交流を描いている。
    全編を通して小慣れた心地よい洒落感、それでもって慕情にも似た淡い感情を呼び起こすのは[ロスト・イン・トランスレーション]同様で、今回の[オン・ザ・ロック]観賞後は心にぽっかり空いた穴を埋めてくれたような気がする。
    それは、ビル・マーレイ演じる父の過干渉さが私が望んでいた理想の父像でもあったからかもしれないし、娘役のラシダ・ジョーンズがクライマックスで父に放った言葉こそが私が父に最も言いたかったことなのかもしれなかったからだ。
    いずれにしても、今回も胸がスッとした。
    こんな言い方はおこがましいにも程があるけれど、もしソフィア・コッポラと同じ高校の同級生だったなら、3年間違うクラスでも不思議と気が合って仲良くなれた気がする。彼女が監督した2本の映画を観てそんな風に思った。

    1
  • umi
    umi

    免許更新講習会の会場を間違えて、確認して行った先がまた間違っていて疲れたことはここだけの秘密です。

  • umi
    umi
    投稿画像

    生クリーム入り丸パン。
    明日の朝食でかぼちゃのポタージュと一緒に。ポタージュはストーブを点けてその上でコトコト煮ます。
    冬ですね❄️
    ハード系のパンも作れるようになりたいな。
    少しずつやっていこうと思います🥖