ログイン

#山根涼羽へ

関連

  1. #ずんメール
  2. #ずんちゃんへ
  3. #まなかちゃんへ
  4. #山根涼羽
  5. #キラキラを散りばめよう
  6. #16期生へ
  1. まや@初恋泥棒

    755のコメ返できなくてもいつも見てくれてるの分かってるし、メールも大丈夫だよ😏😏
    最近お仕事も増えてるみたいだし、でもそれはこれまでSNSとかこまめに続けたり、現場仕事があるときにずんちゃんが周りへの配慮をおこたらなかったりしてるのが、きっと伝わってるんだと思う😚❤️
    これまでの頑張りが報われて、それがいまのずんちゃんの活動に繋がってるんだと思うよ😉
    本当に年下だけど、尊敬するし、ずんちゃんに教わることばかりです。自分もちゃんとしなきゃなとか、がんばんなきゃなって思うよ。
    ちょっとキツイなとか吐き出したいなと思ったら、いつでもファンのところに来てください😄
    #山根涼羽へ
    #ずんメール

  2. まや@初恋泥棒

    おは涼羽🐻11/7はSTUのライブでなぁちゃんお祝いしてきたよー🎉㊗️てか、この前なぁちゃん に、「涼羽ガチ恋らしいですよ」ってバラしたのマジで焦ったわ!wwもうー、やってくれるやんー😂w

    追加チーム公演、やっと案内きた。8月川越は申し込めんくて、9月の江戸川は外れたから、今度こそ当てたい😭😭
    絶対大箱のずんてぃあん見るんや👀🎶今から神様にゴマスリしてチケセン運貯めとくわ(*´ェ`*)❤
    #山根涼羽へ
    #ずんメール

  3. あつし@\(^o^3.27.49)/

    〜〜〜〜ずんずっきーWセンター〜〜〜〜

    ちゃんと見てた!曲名は。。。

    2人が、センターにスタンバイした時、嬉しくて。。。(はい、言い訳です 笑)

    でも、曲名は公演曲と、16期が加入してからなら分かるけど、詳しくはないんだ。

    前田敦子さんが卒業した、2013年。
    それ以降は、全くAKB関連の歌番組も観なかったから、余計分からないんだよね。

    16期加入の2016年以降なら、それなりに分かるけどね。

    2019年は、全てチーム公演、コンサートに入れてない。。。

    あまりにも、予定が合わないのと、チーム公演が、週末に少なすぎ 泣

    前田さん(彩佳さんの方ね)、755のプロフィールも見てるみたいね。
    ずんちゃんも見てるんだろうな。。。
    見ても良いけど 何も隠してないから 笑

    香織ちゃんだって、佳'sの2人(前田さん、まなかちゃん)
    そして、D3、きょーかちゃん
    きょーかちゃんとは、1度だけ、ショールームで一緒に、レッスン場で配信してるよね。クイズ形式で、誰でしょう?って聞かれたけど、すぐ分かったよ。

    #山根涼羽へ

  4. ほっくん

    #ずんメール
    #山根涼羽へ
    ずんちゃんすご〜く久しぶりに返信させてもらいました🙇🏻‍♂️
    今日はなぁちゃんの誕生日🎉🎂
    すぐにツイートしてくれて嬉しかった😁
    ぐぐたすの16期の紹介をなぁちゃんがしてくれた時にずんちゃんを気になっていて、それから段々とずんちゃんを知るようになりました‼️
    これからもなぁずん、ゆうなぁずんを応援していくので、なぁちゃんの事を宜しくお願いします😌

  5. フィニッシャー

    #山根涼羽へ   #ずんメール
    ずんちゃん🍓今日はコメント💬に対する引用☯️出来てなくて残念😖だったね‼でもみんな、ずんちゃん🐰がいつもコメント💬見てくれているの知ってるから気にしないでね😃
    明日はSRさん配信出来そうなのかな⁉️23時くらいなら配信観れそうなんだけど🐌🐌🐌
    ちょっとでも観れたらうれしきです😆

  6. 風来坊

    歌唱力No.1決定戦・決勝大会を観た感想のつづき...と言いましょうか、書ききれなくてかなり削ってしまったものですから、こちらに削った分を記しておきます。
    やじコメは200文字だったかの制限があるのは知っていたのですが(ですから、やじコメには書き込まない、と言うよりも書き込めない)、まさか投稿の方にも文字数の制限があったとは知りませんでした。
    まあ、長すぎるのが悪いのですが...。
    投稿もコメントも文字数が無制限だったぐぐたすが懐かしい。

    そんなわけで、まずは三村妃乃について。
    昨年の大会ではNGTからは一人も決勝に進出できなかったのですけど、今年はかろうじて一人だけ決勝に進むことができて、それが、失礼ながら48G内においても無名の研究生である三村妃乃だったわけですよね。
    なにかと逆風にさらされているNGTからこういった場にたった一人で出てくるのは、大変な思いだったはずです。
    今自分がNGTを代表してここに立っているのだというプレッシャーと、このようなステージに立つのが初めてだという不安とで、圧し潰されそうな気持で一杯だったのではないでしょうか。
    そんな重圧の中で見事に歌いきって3位に入賞したわけですから、素直に拍手を送りたいですよね。

    忘れてならないのが矢野帆夏。
    大会直前にケガに見舞われて辞退ということになってしまいましたけど、歌ったうえで力及ばずというのならまだしも、歌う機会すら無くなってしまったわけですからねぇ...。
    今大会に賭ける意気込みが強かっただけに、悔やんでも悔やみきれなかったのではないでしょうか。
    あの綺麗な歌声を決勝でも聴きたかったところですが、来年またもう一度頑張って欲しいですね。

    同じSTUでは峯吉愛梨沙がファイナルまで進出して、小泉今日子のバラード曲である「夜明けのMEW」を歌ってましたけど、彼女の場合、こういったバラードよりも元気なポップな曲の方が良く似合うような気がしますよね。
    ファイナルということで、挑戦したのかもしれませんね。

    そういった意味では、皆さん歌うのが結構難しそうな曲を選んだりなどしていて、それぞれに挑戦してますよね。
    普通に歌うだけでも難しい曲を英語で歌った秋吉優花もそう、岡田奈々も無難に自分の歌いやすい曲を選んでいれば優勝も狙えただろうに、あえてファイナルで「あなたのキスを数えましょう」という相当に難しい曲に挑戦してますし、自分なりのアレンジで歌った横山結衣もそう、変わったところでは、突飛なパフォーマンスを披露した門脇実優菜にしてもそう、単なる順位争いではなしに、一人一人をつぶさに見ていくと、大会を通じてそれぞれがそれぞれの挑戦を行っているのですよね。

    アイドルの定義は必ずしも明確ではないけれども、若い子たちが挫折を繰り返しながらも失敗を恐れず挑戦し続ける、その姿を見て勇気づけられたり元気づけられたりする人たちがいるわけで、それもまたアイドルというものの一側面なのではないでしょうかね。

    さて、大会終了後に峯岸みなみがtwitterでこうつぶやいてました。
    「ファイナリストのみんなの歌唱を見て自分の覚悟と、努力の足りなさを実感しました」と。
    こういった気持ちを抱くことのできるメンバーが一人でも多くいてくれることを願いたいですね。

    ということで、今大会も、様々なストーリーを垣間見ることができて、大いに楽しませてもらいました。

    #ずんメール #山根涼羽へ

  7. あつし@\(^o^3.27.49)/

    ~~ちゃんと、パフォーマンスみてるよ~~

    常滑レーンの最初に、「ねぇ、パフォーマンス見てた?」って聞かれたけど、ちゃんと見てたよ!ずんちゃんだけ見てたかとなると。。。16期全員なんだけどね。

    曲を忘れてしまったけど、ずんずっきーがセンターの曲があった事には、すぐ気付いた!流石でしょ???

    香織ちゃんには、イオン館内で遭遇するし、ずんちゃんが、道路を普通に歩いてるのも見た。イオンの全握も楽しいよね!

    #山根涼羽へ