ログイン
見城徹のトーク
トーク情報
  • 見城徹
    オジトモオジトモ

    ルフレーヴ、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ2001

    シャトー・ディケム、イグレック2017(ディケムの辛口も素晴らしいですよね)

  • 見城徹
    吉田 0.60吉田 0.60
    投稿画像

    2020/02/25の先生の投稿

    会食、終了。[銀座 鮨あらい]でした。

    博報堂、博報堂DYの両社長。そして、秋元康と。楽しかった。美味しかった。

    ※ワイン向かって右より

    <1>ワイン白
    イグレック ド シャトー ディケム [2017]
    Y (Ygrec) de Chateau d'Yquem 2017
    🌟⭐️
    品種: セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン

    サイトより
    貴腐ワインの最高峰シャトー・ディケムが手がけた辛口白ワインが、「Y(イグレック)」です。
    「D'YQUEM」から「Y」の字をそのまま受け継いで名前にしたこのワインは、味わいもディケムの血筋をしっかりと感じさせる造りになっています。 イグレックは、天候不順や収穫したブドウが充分な貴腐の状態にない年の場合にのみ造られるため、安定した供給がありません。また、リリースされた場合でも、その量はごく僅かなため、本国フランスでも手に入れるのが困難なワインです。
    辛口ながらたっぷりとした果実味を持ち、甘い貴腐ワインの香りをほのかに纏った味わいは、セミヨンとソーヴィニヨン・ブランから造られており、芳しい樽香と力強いアルコール感が非常に印象的です。パーカー氏いわく、『ディケムがボルドーに2つとない偉大なワインであることは、説得力のある真実だと主張できる。』では、なぜ彼がディケムに対してそこまで言うのか・・・?まず、ディケムでは、1本のブドウの木からたった、グラス1杯(※ボトル1本ではありません。)のワインしか造られないと誇らしげに語られます。収穫は150人もの摘み手のグループが6~8週間滞在し、最低でも4回、しかも完熟するのを待って1粒1粒(※1房ではありません。)摘まれます。(ちなみに1964年のディケムは摘み手たちが13回にもわたって畑を回ったが不向きとみなされるブドウを収穫しただけで結局この年はワインがまったく何も生産されなかった。)ワインは新樽の中でなんと3年以上もの間熟成され、20%以上が「天使のわけまえ」としてなくなってしまいます。しかもその中で最良の樽だけセレクトされ(1975年は20%挑除され、1978年は85%がディケムとして売るのにふさわしくないとされた。)通常はそのヴィンテージの4年後に極めて高い価格で出荷されます。パーカー氏の結論は・・・『費やされた努力、リスク、厳格な選別過程を考えれば、最高の値札に値する数少ない高級ワインのひとつである。』

    <2>
    ドメーヌ・ルフレーブ
    ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ グラン・クリュ[2011]
    BIENVENUES BATARD MONTRACHET GRAND CRU
    🌟⭐️
    品種:シャルドネ

    サイトより
    ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェは、バタールの北東の角に位置する僅か3.7haの畑。ルフレーヴは1.15haと、この特級畑最大の面積を所有していますが、非常に狭い区画のため、ルフレーヴのワインの中では、ル・モンラッシェに次ぐ入手困難なキュヴェとなっています。使用されるのは、所有するブドウ畑のなかでも特に古い樹齢のブドウ。バタールと比べるとデリケートな香りとソフトでしなやかな味わいで、シュヴァリエと比べると味わいに調和感がある、愛好家垂涎の稀少キュヴェです。