ログイン
汪昇昇のトーク
トーク情報
  • 汪昇昇
    汪昇昇

    中国共産党の統一中国史:[16]红军征:共産党内部の権力闘争と分裂の危機」「2):红军征四川に入って、彼の背後でに対する四川軍閥ない希望を持って、判断が北上し、红军の可能蒋介石は13個師団を十万中央軍占領ソンパン、平武、毛尔蓋、バッグの一線。
    もし平武と松潘を守ることができれば、紅軍は松潘の大草原を通るしかなく、その后天険臘子口を攻略して甘南に入ることができる。この十数万の中央軍は薛岳が統一して指揮し、下には胡宗南、呉奇偉、周渾元の三部があり、胡宗南部は松潘、武勝関一帯に駐屯して防衛した。胡宗南氏の第1師は中央軍の主力で、4個旅団を管轄している。各旅団は3個連隊、13個歩兵連隊と1個騎兵団で構成されており、将校は黄埔生で、戦闘力は国軍の中でも有数だ。胡宗南が紅軍と同じ困難に直面したのは、補給の問題だった。松潘地域の広大な人々は稀で、気候の寒さ、食糧作物の製品は、地元の人々は毎年数ヶ月空腹ではなく、数万人の軍の食糧と言う。
    毛児蓋は松潘大草地の南部ののどで,守りやすく攻めにくい。胡宗南は李日基大隊長に1個の加強大隊を率いて前に行って立てこもりをするよう命じた。
    7月10日、紅軍が毛爾蓋(モウルゲ)を攻撃し始めた。李日基が紅軍と激戦を繰り広げた時、胡宗南は雪片のような警告の手紙にもびくともしなかった。もとは、紅軍の攻撃があまりにも猛すぎて、いらいらした李日基みずから最前線の陣地に走って行って、電報はすべて副大隊長の呉剣平に送って、これは胡宗南に疑心暗鬼にさせて、生の恐怖李日基はすでに事故があって、これは紅軍の敵を深く誘い込むことです。
    しかし、紅軍は毛児蓋を打っても极めて大きい代価を払って、まるまる8日を打って、李日基はわずか数百の残部を連れて分散して包囲を突破しました。
    毛尔盖を失ったが、胡宗南は紅軍の戦闘力は長征を経て大いに削减されたと判断した。そうでなければ李日基の一個大隊を打つことは不可能で、八日を使った。胡宗南は各部に工事を急いで修理し,応戦の準備を整えるよう命じた。
    すぐに、紅軍は松潘の戦いを開始したが、主に攻撃したのは紅の四方面軍の主力だったが、胡宗南部は地の利と火力の优位を占め、戦闘は白熱化し、双方ともに多くの死傷者を出した。国軍呉奇偉部隊の増援が到着すると,紅軍は撤退を余儀なくされた。
    モルゲイ戦闘の後、中央は短い時間にいくつかの会合を開き、主に張国トウとの食い違いを調整した。
    7月18日の蘆花会議では、張国燾が紅四方面軍幹部9人の増員を中央政治局に要求した。毛沢東などは、張国トウを総政治委員に、陳昌浩を中革軍事委常務委員に任命した。
    蘆花会議では、毛沢東、周恩来も張国トウの気を削いで、鄂豫皖根拠地の放棄など、張国トウの歴史問題を批判した。
    8月4日のサボ会議で、中央は再び譲歩し、紅方面軍の陳昌浩、周純全を政治局委員に、徐前前、陳昌浩、周純全を中央委員に、何畏、李先念、傅鐘を中央委員候補に追加した。陳昌浩を紅軍政治部主任に、周純全を副主任に任命した。
    サボ会議が始まる前、張国トウは統一通信を口実に、中央紅軍各軍団の以前の連絡暗号帳を押収し、中央紅軍同士の連絡を遮断しようとした。毛周朱は中央紅軍が食べられてしまうことを恐れ、紅方面軍司令部を創設し、周恩来を司令官兼政委として紅方面軍を統制することにした。
    会議の後、紅軍は二つの方面軍に再編成された。一つは左路軍で、紅四方面軍を主力とし、中央紅軍の紅五、紅九軍団に編入された。張国トウと朱徳が指導した。劉伯承も左路軍にいたが、実際には張国トウの策略だった。一つは右路軍で、中央紅軍の紅一、紅三軍団に紅四方面軍三十軍を加えて構成され、徐向前と陳昌浩が率いた。中央の指導者のほとんどは右路軍にいて、班佑に向かって進撃した。このとき中共中央と張国トウの仲介者であった周恩来は重病に冒されていた。8月20日、モルガ会議は右路軍を主力とし、左路軍を予備隊とし、草地を通って鞄座を占領し、甘粛に通じる道を開くことを決定した。8月末になると、陳昌浩に率いられた隊列が鞄座の戦いに勝利し、北上道路が開通した

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    中国史基礎の読み物20冊 : 1、徐中约:《中国近代史》(上、下)2、郭廷以:《近代中国史纲》(上、下册)3、李剑农:《中国近百年政治史 1840~1926》4、左舜生:《中国近百年史资料初编.续编》5、马士(美)《中华帝国对外关系史》6、萧一山:《清代通史》7、孟森:《明史讲义》8、费正清(美)、崔瑞德(英)总主编:《剑桥中国五代两宋史》9、岑仲勉:《隋唐史》10、吕思勉:《两晋南北朝史》11、翦伯赞:《秦汉史》12、童书业:《春秋史》13、邓之诚:《中华二千年史》全九册14、钱穆:《国史大纲》(上、下)15、内藤湖南(日):《中国通史》(上、下) 16、谷口规矩雄等(日):《中国通史》17、萧公权:《中国政治思想史》汪荣祖译(上、下)18、胡适:《中国哲学史大纲》19、梁启超:《清代学术概论》20、柳诒徵:《中国文化史》(上、下)

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    中国共産党統一中国史:【】「紅軍の長征」.草地を渡る:1935年8月21日、紅軍草地を渡る。行軍の隊列は左右2路に分かれ,平行に前進する。右路軍は毛沢東、周恩来、徐向前などに率いられて、四川の毛児蓋から出発して、草地に入った。7日間の厳しい努力の末、右軍は芝生の果ての班佑(バンウ)地区に到着した。左翼は林彪の紅1軍団が先行し、中央指導機関、紅軍大学などが続いた。右翼は徐向前、陳昌浩率いる紅三十軍と紅四軍。彭徳懐は紅3軍団を率いて陣地を敷いた後,左翼の行軍コースを進んだ。草地は青蔵高原と四川盆地の遷移地帯に位置し、縦長500余里地、横幅300余里地、面積は約15200平方キロで、海抜は3500メートル以上である。紅軍の草地は主に四川の若児蓋地区である。草地というのは、高原の湿地であり、泥の沼である。湿地に生える植生は主にササ、ウライグサ、ニラなどで、草地を形成している。草地の下は、水が黒々として泥だらけで、浅いところには膝もなく、奥が行き止まりだった。遠くから見ると、灰色の海のようで、丘がなくて、木がなくて、鳥獣が絶えて、人が荒れ果てて、村がなくて、道がなくて、東西南北、无限です。人と馬は草の上を歩くときは、草の根元に足をつけて草地を進んでいかなければならない。誤って沼に落ちても、誰も助けてくれず、さらに深くなってしまい、飲み込まれてしまいます。草地は荒れていて、晴れた空には霧がかかっている。毎年の5月から9月までは草地雨期で、水が滞ってぬかるみの沼を作って、もっと長い沢の国になります。行軍には大量の食糧が必要だったので,紅軍は食糧の購入に努めた。最大の努力を尽くしたが、紅軍が調達した食糧は、全軍に十分ではなかった。一人あたり最大8から10斤、一般的な5から6斤、あるだけ3、4斤を持っています。紅軍の食糧を食べ終わった后、野菜を掘って、木の根を食べて、気温が低くて、兵士は寒さを防ごうとします。飢餓と寒さの中で、紅軍は1週間、多大な犠牲を払ってバンウ地区に到着した

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    古代中国の地理的知識(1):
    【中国】上古期、華夏族は黄河流域に建国して、自分は天下の中に居て、四方に生活する异族と相対して、自称「中国」です。后は中原地方を全般的に指すこともある。例えば孟子『齐桓晋文の事」、「中国四夷をなでても暮」。司馬光『赤壁の戦い』:「呉、越の衆をもって中国に対抗できるならば、早く対抗しなければならない。」現在は中華人民共和国の略称である。
    【中華】上古期の黄河流域に住んでいた華夏族はその居住地を「中国」と呼び、自らを「中国華夏」と称し、略して「中華」と称したが、やがて中原地区を指すようになった。『三国志』のように、「その地は東は中華に接し、西は西域に通じる」。今では中国の異称となっている。
    【九州】中国の上古期には9つの地理的地域に分けられ、州名はそれぞれ、冀、賢、青、徐、揚、荆、豫、梁、雍となっていたと伝えられている。后に中国の異称となる。陸游の詩の云のように:「死んで元は万事空を知るが、悲しさは九州に会わず同じである。」『過秦論』:「序八州而朝同列。」秦の居雍州に,八州を加えて九州である。
    【中原】中土、中州ともいう。狭義の中原は現在の河南省一帯を指し、広義の中原は黄河の中・下流地域あるいは黄河流域全体を指す。例えば「出師表」:「賞率三軍、北定中原。」陸游『示児』:「王師北定中原の日、家の祭を忘れない告は翁です。」「中原」は黄河流域全体を指す。
    【海内】古代中国の領土は四方を海に囲まれているという伝説から、国境内を海内と呼んでいます。例えば王勃『送杜少府の任蜀州』:「海は知己をメモリーして、天涯は隣接する場合。」司馬光『赤壁の戦い』:「海内の大乱、将軍の挙兵江東。」
    「四海」は天下、全国のこと。海内の項を参照。たとえば、賈誼『過秦論』:「天下を席巻し、宇内を包摂し、四海を網羅するという意味がある。」<赤壁の戦い>:「荆州を破破し、四海を威震する。」『阿房宮賦』:「六王畢、四海一」
    【六合】上下と四方、全天下を指す。「過秦論」のように、「履至尊にして六合を制す」、「その後、六合を家とし、許函を宮とす」。
    【八荒】四方八方の遠いところは、やはり「天下」である。たとえば『過秦論』:「四海の意を網羅し、八荒の心を呑む」。梁啓超『少年中国説』:「縦に千古あり、横に八荒あり」
    【河川】古代の多くの文章では、「江」は長江を指し、「河」は黄河を指している。たとえば「鴻門宴」:「将軍は河南を戦い、臣は河北を戦う。」『過秦論』:「そして華を践して城と為し、因河を池と為す」
    「西河」は河西ともいい、黄河の西の地域を指す。『廉すこぶる藺相如列伝』:「会于西河外澠池。」『過秦論』:「そこで秦人は譲り渡して西河の外を取る。」
    【江東】長江は安徽省芜湖から南京にかけて東北方向に斜めに流れ、この流れを基准に両岸地域の東西または左右を确定する。「江東」の指す地域には大小の種類があり、南京一帯を指すこともできるし、安徽省芜湖以下の長江下流の南岸地域、すなわち現在の蘇南、浙江省及び皖南の一部地域を指すこともできる。たとえば『史記・項羽本紀』:「且籍は江東の子弟八千人と川を渡って西に行くが、今は誰も返していない。江東の父兄怜れしさに王我を縦にして、私はどんな顔でこれを見るのか!」李清照の詩によると、「今も項羽を思い、江東を渡ろうとはしない。」
    「江左」は江東である。古人は東を左とし,西を右とする。たとえば、『群英会蒋幹中計』:「即伝令悉召江左英傑と子翼に会う。」
    【江表】長江以南。例えば『赤壁の戦い』:「江表英豪、咸着附之。」
    「江南」長江以南の地域の総称。例えば白居易の言葉の云:「江南はよくて、風景は昔はよく知っていた。」王安石の詩云:「春風に緑の江の南岸、明月はいつ私に照らして返します。」
    【淮左】淮水東面。例えば『揚州は遅い』:「淮左名名、竹西佳処。」揚州は淮水の東にある。
    【山東】その名の通り、山の東側にあります。ただし、「山東」の「山」は、いわゆる「山」であり、いわゆる「山」ではなく、「山」、「華山」、「太行山」、「泰山」など、いくつかの異なる山を指すことができ、地域によって異なることに注意されたい。下は、山を基準にした「山東」だ。たとえば、『漢書』に「山東は相、山西は将」とある。『鴻門宴』:「沛公が山東に居た時、財貨に貪貪した。」『過秦論』:「山東豪俊遂并起而亡秦族矣。」
    【関東】古代は函谷関または潼関より東の地区を指し、近代は山海関より東の東北地区を指す。例えば曹操の『蒿里行』:「関東に義士あり、兵を興して群凶を討つ。」中の「関東」は潼関以東の地域を指す。
    【関西】函谷関または潼関以西の地域を指す。「赤壁の戦い」のように:「馬超、韓遂はまだ関西で、操后のために苦しむ。」

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    古代中国の地理的知識(2):
    【関中】の意味はさまざまだが、昔の人は関谷以西を関中と呼ぶ習慣があった。たとえば「鴻門宴」:「沛公は王関中に欲して、子の赤ん坊を相とする。」『過秦論』:「始皇の心は、自ら関中の固と思う。」
    【西域】古代には今の中国の新疆とその西の地域と呼ばれています。例えば『雁蕩山』:「西域書によると、阿羅漢諾矩羅居震旦東南大海際雁蕩山芙蓉峰湫。」
    【嶺匡】五岭の异称。越城、都龐、萌渚、騎田、大庾などの五岭を指す。『薬草を採る』のように:「嶺嶠微草、凌冬不雕。」△ここでは特に両広一帯を指す。
    【朔漠】は北方の砂漠地帯のこと。「朔」は、北方全般を指す。例えば『薬草を採る』:「朔漠則桃李夏栄」。木兰の詩:「朔気伝金の皺、寒光の鉄衣。」朔気とは北の風のこと。『林教頭風雪山の神廟』:「まだ朔風に吹かれて帰って来た。」朔風とは北風のこと。
    【百越】また百粤、諸越を作ります。古代越族は江、浙江、福建の各地に居住し、多くの種類を栽培して百越と総称します。古文では南方地域を指すときによく用いられる。たとえば『過秦論』:「南は百越の地を取る」。『薬草採り』:「諸越則桃李冬実」
    【五岳】五大名山の総称、すなわち東岳泰山、西岳華山、中岳嵩山、北岳恒山、南岳衡山。例えば「夢遊天姥吟留别」:「勢抜五岳掩赤城。」
    【京畿道】国都とその周辺。例えば『左忠毅公逸事』:「郷の先輩左忠毅公の視学京畿道。」
    【三輔】前漢の時は京畿地域を治める三人の官を指し、後にはこの三人の官が管轄する地域を指す。例えば『張衡伝』:「衡少善属文、游于三輔。」
    【三秦】潼関以西の関中地区を指す。項羽は秦を滅ぼした后、この地を秦軍の三人の降将に封じたことからこの名がついた。たとえば、「杜少府の任蜀州を送る」:「城闕の輔三秦、風烟望五津。」
    【郡】古代の行政区画の名。秦は天下を統一して三十六郡を設け,郡が県を治め,両漢がそれを引き継いだ。隋唐の時州が県を治め,郡は既に廃止された。后人は、あるいは州や府の异称として用いた。たとえば『過秦論』:「北は急所の郡を収む。」『琵琶行』:「元和十年予左遷九江郡司馬。」「赤壁の戦い」:「すでに六郡に拠り、兵の精糧が多い。」
    【州】古代の地方行政区画の名。武帝が最初に設置した、もともとは監察機構で、后に地方の最高レベルの行政機構となった。「郡」の項を参照。例えば『隆中対』:「董卓からすでに来て、豪傑并びに起て、跨州連郡者は数に胜つことができません。」「赤壁の戦い」:「荆州の民は操者に付き、兵を勢耳に迫る。」
    【道】古代の行政区画の名。漢代には郡以下の少数民族の集居区に道が置かれ、行政特区として県に相当した。唐代の道は,先は監察区で,后は行政区になり,下部に州,県を管轄した。明清は省内に道を設け、その中で守道は小行政区であったが、巡道は監察区の性格しかもたなかった。例えば『譚嗣同』:「旋升寧夏道。」ここでの「道」は、道の長官のことです。
    【路】宋元期の行政区画の名で、現在の省に相当する。例えば「永遇楽・京口北固亭懐古」:「望中猷記、烽火揚州路。」
    【山水陰陽】古代には山南・水北を陽とし、山北・水南を陰とした。例えば「愚公移山」:「豫南に通じて、漢陰に达します。」中の「漢陰」は漢水の南を指す。『登泰山記』:"泰山の阳、ブン水西流;其陰、済水東流。」游褒禅山記:「華陽洞と謂ふ者は、それをもって華山の陽の名をもって之なり。」
    【古称别称】南京のように建康、金陵、江寧、白下とも呼ばれる。例えば『柳敬亭伝』:「嘗めて命を奉じて金陵に至る。」『病梅館記』:「江寧の竜がぞ……みんなで梅をつくる」『梅花嶺記』:「呉中孫公兆奎以起兵不克、執至白下。」揚州はまた広陵、維揚と呼ばれるように、李白『送孟浩然の広陵』:「花火は三月に揚州に下ります。」姜夔『揚州遅』:「淳熙丙申至日、予過維揚。」また杭州は臨安、武林とも呼ばれ、苏州は姑蘇とも呼ばれ、福州は三山とも呼ばれ、成都は錦官城とも呼ばれる。柳敬亭伝:「『東京夢華録』『武林旧事』余読」『枫橋夜泊』:「姑苏城外寒山寺、夜半の鐘の音は旅客船に着きます。」「春の夜の喜雨」:「暁に見て紅濡処、花重錦官城。」

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    夏商周分封制歴史研究:(1) 中国の歴史学者晁福林さんは秦中国社会に対する研究で重要な考え方をして、彼の老人は、西洋(ギリシャ、ローマ)と比べて、中国の古代国家の樹立は氏族の廃墟の上にではなく、ではなく、国を氏族一歩の発展を生じた。
    簡単にいえば、ギリシア・ローマ的国家が氏族の解体の結果として生じたのに対して、中国の原始国家は、氏族間の連合や共同規範、つまり、国家は事実上、氏族からなる超氏族的な政治的実体であったということである。
    その上で、なぜ夏商革命・殷周革命が夏・商の遺民を追い払わず、この二つの王朝交代が実質的に氏族の再構成であったのかを考えることができる。
    まず、時代が変わる理由を見てみよう
    王曰く、ガル衆庶、以て闻か朕言、非台あいつ、敢えて行と乱!夏多く罪、天命の殛。今の众は、汝曰:「私後不恤众、舎私穡(イ・セク)ことで割がハ?」予约惟かぐ汝衆言、夏氏有罪、予约、神様へない不正。今汝その曰:「夏の罪をそのように台?」夏王率遏飞舟波众の力、率割夏邑。众は率を怠っフランツ協、曰:「时日曷喪?予约や汝も亡くなります。」夏德若ボンズ、今朕に必ず。」——尚書・湯誓
    商革夏命の主な原因は夏多罪があって、罪は何ですか?罪は民の力を過度に徴兵して夏の農邑に行ったことである。徴兵して夏邑に行ったのだから、徴兵されたのは夏人ではない、誰なのか。夏の国である。与国は、お前とはやらないと言って、商湯滅夏についていく。どちらかというと、あなたと夏の仕事をしたくないからです。
    では武王克商は?
    王曰く、昔の一つの曰わく、牝鶏無时;牝鶏の朝、惟家の索。」今受け商王惟妇の言は、気绝廃棄镇痉いう祀フランツ答に、気绝登録放棄镇痉王亲の弟ではない、乃惟四方のあまり罪逋逃、崇は長く、手紙はせる、とは大夫卿士。さまの暴虐は、庶民では商邑奸宄。今予约発惟恭天の罚。——迩牧誓
    簡単に言うと、商の罪は何ですか?1.女の言うことを聞く。2.殷商の支系貴族の先祖を祀らない(殷墟后期の甲骨卜辞の中で、周が人を祭るのは直系先王だけで、傍系先王の祭祀規模は大幅に縮小している)。3.各国の逃亡犯を任用して、自国の親族を使わない。その罪自体に恨みがあるわけでもないのに、何のために言っているのか。武王の盟友に対する承諾です、私は依然として旧人を采用して、依然としてあなた达の先祖を祭祀して、あなた达を連れて死んで帝辛にしましょう。
    だから、商革夏命、周革商命も异なる民族の矛盾の成分があったが、より重要なのは夏商内部の矛盾である。夏商国家内部の強宗大族は利益が脅かされている時に新たな盟友を引き入れて、新たに自分の利益を取り戻すだけだ。この場合、何を打ち滅ぼすのか。自分で自分を殴るか?

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    夏商周の分封制の歴史的研究:(2)
    いくつか例を見てみましょう
    微子開たる者は、殷帝乙の首子而帝紂の庶兄なり。紂(ちちゅう)ち立ち,不明,政に乱(らん)り,微子数(びこすう),紂(ちゅう)ち聞かず。及び祖伊は周西伯昌の之を以って徳を修め、宣国を滅し、禍を懼れて至り、以て告紂にいたる。紂(ちゅうにち)曰:「私は天に命を産んでおらんか。何ができるんだ!」そこで微子度紂にして終ひて諌めず、之を死にたいと考え、至りて行き、自決せず、太師に問うて、少師曰く、殷に治政あり、四方を治せず。私祖遂陳はで、殷も喜んだ小さな絶好の草奸宄、卿士師団非度、すべて有罪業、乃無次元で、よし乃興を相を敵と雠。今まさに喪に服す!水を渉って津の涯なし。「殷遂に喪に至りて、今に至りて。」曰わく、太師、少師、我其発往?我家保于喪?今女は故なく知らせて、公の友ら入らん、如之何其?」太師はもし曰わく、「王子、天篤下菑亡殷国、乃には畏るなかれ、老いたるを要しず。今の殷民は陋淫神祇の祀である。今誠は国を治めて、国は身を治めて死に恨まず。死んでも治らないから、行ったほうがいい。」死す。——史記・宋微子世家
    微子は商代の高級貴族で、おそらく甲骨卜辞の「多子族」「子族」のようなもので、結局逃げてしまった。逃げる前に太師、少師(高級軍事官)に相談したことから、帝辛期の殷商高級貴族内部の闘争が非常に激しいことがわかる。
    西周中期の史壁盤には、史微氏族の豊な功績をたたえる大篇の銘文があり、考古学者は器主は微子啓の庶子であると考えている。
    青幽高祖、甲効微需処。雪武王はお金が殷で、歌史使の祖道が武王に会いに来て、武王は命じて周公舎を周に囲んで、卑件処角。虫忽乙祖は速ひて華辟へる、遠献幻心。子瓜,杏明亜祖辛,あるいは毓の子孫。林ひれ多零、果角黛光、義其賽祀。霧得文考,乙公稼越,貢屯は辛くない,農案歳音。帷闢孝晋友、史使垣夙夜不面影
    史壁盤が微子と関係があったかどうかはともかく、商・周革命以前から、多くの商人貴族が周とつながり、優遇され、彼らの子孫の多くが周に仕え、高級貴族となっていたことがわかる。
    もう2つ例をあげましょう。
    明らかに下で,赫々たる上である。天難忱斯,容易に王を守ることができない。天の位は穏やかで,四方を挟わない。
    どーも仲氏任、彼方より殷の商、来て周に嫁ぎ、曰嬪于京。王季、維徳の旅である。
    大任有身,生此文王。維此文王、気をつけて。昭事上帝,聿懐多福。厥徳不回、以受方国。
    天は下を監視し,命があればすぐに集める。文王初載、天作之合。洽の光陽でウィチョンのこと。
    文王嘉止、大邦に子あり。大成には子があり、俔天の妹。文定厥祥、親迎于渭。舟を造りて梁と為し,その光を顕にしない。
    命あるは天より、命この文王なり。于周于京、範女維幸幸。長男維行、篤生武王。保右命尔、燮伐大商。──詩経・大明
    周の文王の父は大任,任氏の娘を娶って,文王を生んだ。文王は幸氏の女を娶り、武王を生んだ。
    この任氏と幸氏には、いろいろな縁があった。
    たとえばこの任氏は、有任ともいうし、有依然としてともいう
    「昔は水を注いで、殺して注いで、割って注いで、夏を消してから相相したことがある。后缗者娠窦から脱出、和合が依然として、生少康焉、を牧が、依然として惎水戒のできる。「——左伝・哀公元年
    夏代中期、太康が国を失った後、少康が有仍に移ったのは、夏王朝と有仍自体が仲が良かったことを示しており、さらに少癒国も有仍の部族の力に頼っていた可能性がある。また、商の時代、任氏は商王としばしば結婚した。
    それが何を意味するのか。任氏は武王伐紂の二代前に周と婚姻していたことになる。

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    夏商周の分封制の歴史の研究:(3)
    改めて、幸氏を見る
    鯀は幸氏女を取り、これを女志と称し、これは生高密——括地志である
    「伊尹は阿衡という。阿衡が湯を*しに行くに由なし、これは有幸氏に付き従う女の付き臣のためである。——史記・殷本紀
    見てごらん、幸あれば幸あり、夏商の二代の始まりはいずれも幸氏の結婚に関系している。
    武王の娘が幸氏の大じ、大じは周革商の命を見たという梦を見て、文王はそれを恐れておしおきをした。そして、自分が天命を受けたと思って伐商の准備を始めたというのは、大じが伐商に影響力を持っていたことを物語っている。この故事は尚書程すうにあり、現在では清華が略してすうと読むと、程すうもその中にあるということは、少なくとも戦国時代には、この故事が深く読まれていたことを物語っている。
    夏商、殷周の頃には、根の深いこれらの大族は、じつは戦争が起こる前から、すでに隊列を組んでいたのである。整列が終わったら、戦争は最後の戦果を確認するだけで、大局は決まっている。
    こういったことをいうと、結局のところ、夏商革命、商周革命では、异民族間の衝突に加えて、支配的な上位氏族が利益を再分配し、新たに権力を筑いたことも决定的な力であり、このような背景の下では、この二つの大戦が夷族を滅ぼしなかったことは普通ではない。
    ちなみに、趙という名のない敵国が滅ぼされても、あなたは気づかないでしょう。
    いとこは、属しているか、致すか附で、四方より侮れず。臨冲タカオ,崇墉仡佬。是伐是肆,是絶是忽。
    崇侯虎は王の側近として西方に抵抗したが、最後には討滅され、城は平定された。ほら、これは身内ではない。

  • 汪昇昇
    汪昇昇

    中国大陸31省の少数民族総人口の順位:
    1、壮族 16926381人
    2、回族 10586087人
    3、满族 10387958人
    4、维吾尔族 10069346人
    5、苗族 9426007人
    6、彝族 8714393人
    7、土家族 8353912人
    8、藏族 6282187人
    9、蒙古族 5981840人
    10、侗族 2879974人
    11、布依族、2870034人
    12、瑶族2796003人
    13、白族1933510人
    14、朝鲜族1830929人
    15、哈尼族1660932人
    16、黎族1463064人
    17、哈萨克族1462588人
    18、傣族1261311人
    19、畲族708651人
    20、傈僳族702839人
    21、东乡族621500人
    22、仡佬族550746人
    23、拉祜族485966人
    24、佤族429709人
    25、水族411847人
    26、纳西族326295人
    27、羌族309576人
    28、土族289565人
    29、仫佬族216257人
    30、锡伯族190481人
    31、柯尔克孜族186708人
    32、景颇族147828人
    33、达斡尔族131992人
    34、撒拉族130607人
    35、布朗族119639人
    36、毛南族101192人
    37、塔吉克族 51069人
    38、普米族 42861人
    39、阿昌族39555人
    40、怒族 37523人
    41、鄂温克族 30875人
    42、京族28199人
    43、基诺族20,899人
    44、德昂族20556人
    45、保安族20074人
    46、俄罗斯族15393人
    47、裕固族14378人
    48、乌孜别克族10569人
    49、门巴族10561人
    50、鄂伦春族8659人
    51、独龙族6930人
    52、赫哲族5354人
    53、高山族4009人
    54、珞巴族3682人
    55、塔塔尔族3556人