ログイン
かずやん⊿の坂道トーク
トーク情報
  • かずやん
    高架線のカフェテリア高架線のカフェテリア

    #1571『大園桃子論 never scene.』

    時は流れても
    変わるモノ、変わらないモノ....

    大園桃子。乃木坂46第3期生。
    鹿児島県出身。9月13日生まれ。
    2016年9月4日
    乃木坂46第3期メンバーオーディションに合格。
    2017年8月9日
    18th.Single「逃げ水」でシングル表題曲の初センターに選出される。
    そして2021年9月4日を以て乃木坂46卒業。

    鹿児島県の山と畑で囲まれた自然の中で育った。小さい頃から人前に出るのが苦手なタイプ。アイドルにさえも興味はなく。そんな彼女が乃木坂46のオーディションを受けたきっかけは、仲の良い先輩の強引な勧めに負けたからだと語る。二次審査面接へはその先輩に付き添ってもらい足を運んだ。でも、他の参加者の並々ならぬ空気感に場違いだと悟り、泣き付いてしまった。それでも先輩は優しく肩を押してくれた。特技として剣道の素振りを披露しようと試みたが、体はガチガチで何も動けなかった。それでも面接は通過し、いよいよ最終審査へと。母親と上京したその頃から少しずつ彼女の中で変化が見られた。初めて「ここで落ちたくない」と思った。結果見事に合格、乃木坂46第3期生としてお披露目された。だが新たな生活の地ここ東京は、無機質な高層ビルで囲まれていた。行き交う街の人々は俯いて見えた。気が付けば、景色は様変わりしていた。
    当初の3期生では暫定センターを務め、そして「逃げ水」では表題曲初センターに抜擢、取り巻く環境は目まぐるしく変わり続けた。そのスピードに心も身体も追い付けなくなって行った。朝から仕事に追われ自宅への帰り道、都会の空を見上げても星はなく、周りを見渡しても優しさは見当たらず、心が落ち着く場所はどこにも無かった。気が付くと一人ぼっちだった。

    正直、乃木坂は苦難の日々だった....

    加入当初の彼女は何も出来なかった。歌やダンス、舞台に立つ者としての心構えから、基本的な挨拶に至るまで。その頃からネットの間で囁かれ始める「あの子がセンターで大丈夫なの?」「すぐに泣くよね」「態度悪くない?」....センターに立った事で耳に入ったのは応援の声より強いバッシングだった。でも当の本人が誰よりもそれを自覚していた。「こんなダメな自分がどうしてセンターなの?」「こんな可愛くない自分が乃木坂に居ていいの?」そんな自分がセンターに立った事の申し訳なさから、同期の3期生にも自ら壁を作っていた。センターの私が弱みを見せていいのだろうかと。だからその本音はずっと心の底に閉まっていた。そんな気弱な彼女をずっと見守っていたのが、白石麻衣だった。自宅に招き一緒にご飯を食べながら、彼女の相談に乗った。時には彼女の為を思い叱る事もあった。

    でも、悩みを打ち明けた事でほんの少し進む勇気が生まれた。先ずは自分に出来る事から始めてみた。元気に挨拶する様になった。TV番組での椅子の座り方一つにも気を付ける様にした。泣きたくても我慢する様にした。だけどそれでも泣いてしまう日々。どんどん成長する同期メンバーに比べ、何をやるにしても明らかに自分のペースは遅く。振り入れも未だ居残りでレッスンをする程に。やっぱりこの世界は向いてない。自信を失いかけていた。
    だけど、そんな彼女を救ってくれたのは同期の3期メンバー、そして地元・鹿児島の友達であった。「自分は乃木坂に居るべきじゃない」そう悩んでいた時、いつも励ましてくれた。目指すべき目標がないと悩んだ時はそっと「そのままの桃子が一番だよ」と泣いてる間寄り添ってくれた。

    変わりたい、と願った。
    でも、変わらない景色に癒された。
    変わらないもの、も大切じゃないかと
    気付いた。

    振り返ると涙より、笑顔で溢れていた。
    やっぱり私は、乃木坂が好きだったんだなと
    気付いた。

    気が付けば、しあわせは近くにあるんだ

    だから、卒業は後悔じゃなく
    新しい明日のはじまり
    まだどこにも見たことない新しい空
    そう、あの自由な風のように


    大園桃子の笑顔が大好きだった。
    あきらめず頑張っている姿が輝いてた。
    本当にお疲れ様でした。

    君とここにいる奇跡
    思い出ファースト
    いつか振り向き

    悲しくなった時は思い出して欲しい

    たくさんの出逢いと
    この5年間のすべてに感謝を込めて

    最高で最後の夏が、今始まる。