ログイン
詳細
前へ次へ
渋谷ではたらく社長の名言
トーク情報
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    今週の役員会のランチの時間に、
    炭水化物抜きダイエットに励んでいる
    山内に対して、

    「いまおれが読んでる医者の本に、
    炭水化物抜きはおすすめできない
    って書いてあったよ」

    と、水を差すようなことを言ったのですが、その後で山内から

    「その本教えて頂けないでしょうか・・」

    とメールがきました。

    炭水化物抜きについては、軽く触れられているだけですが、その本はこちら。

    私が主治医的にお世話になっている、
    順天堂大学小林弘幸教授の新著です。

    51もある健康の極意は、
    全部実践しようと思うと息がつまりそうですが、ちょっと意識するだけで自分を変えられそうなエッセンスがたくさん詰まった本でした。

    私が読んでいてドキッとしたのが、
    「超一流の人は、日記を活用する」。

    その日の自分を思い出して顧みる行為は、
    脳の老化防止にもつながるそうです。

    確かに、あまりに多忙過ぎると、
    朝ごはんに何を食べたか、
    誰と何を話したのか、
    気づきを得たけどそれが何だったか、
    感銘を受けたけどそれが何だったか、
    すぐには思い出せなくなります。

    脳の記憶を思い出す力も、日々、
    鍛える必要があるそうです。

    自分の本を書くのに没頭していたことや、
    Facebookなど他のソーシャルに吐き出していたことでブログの更新頻度が落ちて
    いたのを反省しました。

    また、一日を振り返り日記を書く
    時間は、自分を客観視できる力
をつける意味でも大事で、
    それが一流になれるかそうでないか
    を分けるほどだともありました。

    自分を客観視できれば、
    常に謙虚でいられ、
    身体の問題にも気づくことができ、
    努力し続けることができるそうです。

    この本を先週読んでからというもの、
    私のブログの更新頻度が急に上がった次第です。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    「自分のアイデア」というのはそもそも
    間違えやすいので、注意が必要だ!、
    くらいに思っておいたほうが良いです。

    タイトルを「3つの理由」とすると
    ブログのアクセスが伸びると聞いて、
    私もやってみました。

    他社のことや、他人のことであれば、
    冷静に客観的に評価できるし、
    それなりに知識も情報も持っている人でも、自分のこととなると、途端に別人のように判断ができなくなる人がいます。

    それはなぜでしょう。

    昨日、スマホの新規サービスのアイデア
    を聞きながらフィードバックした内容を
    書いておきます。
    
1.誰も本当のことを言ってくれない。

    本当のことを言ってくれるのは、
    それに投資をする人か購入する寸前の
    人だけです。それか家族くらいです。

    普通は一生懸命アイデアを話す人に
    対し、否定的なことは言って傷つけたり
    嫌われたくありません。
    それどころか、よくないと思っても、
    それを口に出して言わないばかりか
    「へー、いいですね」
    などと無責任に盛り上げてしまったりします。

    それらのフィードバックを聞いて、
    手ごたえを感じたりしてはいけません。
    
2.盲目になりやすい。

    自分の赤ちゃんや飼ってるペットは
    可愛くして仕方ないので、
    みんなも見たいに違いない、と
    ついソーシャルに写真をアップして
    しまいますが、他人から見た場合、
    必ずしもそうでしょうか?

    この場合も誰も「可愛くない」とは
    言ってくれません。
    「元気な赤ちゃんですね」と
    当たりさわりのないことを言ったり、
    (いいね)を押して相手を喜ばせよう
    としてくれたりします。

    自分がゼロから考えたアイデアは
    赤ちゃんのように可愛いので、
    盲目になっているかも知れません。
    
3.答え合わせのように、自分の正しさを裏付ける情報にばかり目がいく。

    「自分のアイデアが正しいと信じたい」
    という気持ちがあると、
    今までは目をすり抜けていたような
    情報でも、それを見つけては、
    「やはり間違いない」
    と確信を深めていき、それ以外の情報
    は目に入らなくなります。

    もちろん、それは顧客となる一般ユーザー
    とは違う、バイアスのかかった視点であり、バランスを欠いているといえるでしょう。

    以上、書きましたが、とはいえ、
    最後までやり切る力と覚悟があれば、
    アイデア段階で多少間違えていようが、
    他人がどう評価しようが、
    なんとかなることもあります。

    決済者(私)を説得してアイデアを
    納得させるところに力を入れているようではまだまだです。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    サイバーエージェントの会社のビジョンは、

    「21世紀を代表する会社を創る」

    ですが、取材や新卒採用などで、
    もう耳にたこができるほど、
    「具体的にはどのような会社でしょうか?」
    と聞かれます。

    そのたびに、
    「例えて言えば20世紀のホンダやSONYのように世界に誇れる日本企業になりたい。」

    「グローバルに成功していて、売上も何兆円もあり従業員も何万人も居て、社会に大きな影響力を持つ会社で・・」

    と長々と説明することになってしますのですが、敢えて具体的な目標は掲げないようにしています。

    これは、会社全体のビジョンだけでなく、
    スマホのような新しい分野に参入するとき、今回の本部ように変革を遂げるときなどもそうなのですが、
    変化の激しいネット業界で中長期の目標を
    明確に立てるのは非常に困難であるばかりか、具体的な目標は、それ自体が足枷になる恐れがあります。

    情勢やニーズは日々変わっていって、
    最初に立てた目標の妥当性は、
    時間の経過とともに薄れていきます。

    また、人材と組織の経験不足により、
    最初見落としていたリスクや落とし穴は
    何処に潜んでいるか分かりません。

    実際、もし変更を余儀無くされたときに、
    組織全体を説得して新しい目標に
    向かわせるのは困難です。

    さらに、目標を具体的にすればするほど、
    社員の権限は狭くなり、自由な発想やアイデアを活かす余地が減っていきます。
やることとやらないことがハッキリと
    決まってしまうからです。

    ネット業界は一見無駄なものや
    常識はずれの中から斬新な発想が
    産まれることも多々あります。

    また、社員の思考停止は、
    つまらないサービス、ありきたりな発想、
    変化対応力低下につながります。

    ふわっとした大まかな目標(方向性)を掲げ、環境変化に対応しながら、成長し続けていく。

    それが我々には最も適した経営スタイル
    だと思ってます。

    『最も強いものが生き延びるのではなく、
    最も賢いものが生き延びるでもない。
唯一生き残るのは変化に対応できるものである』

(ダーウィン)

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    オンライン対戦の麻雀ゲームにハマってまして、ついに十段より更に上の「強者」に昇格しました。
    現在、東京11位です。

    ここまで来る道のりが如何に大変だったか、やってない人にはまず理解して
    もらえないのは分かってますが、
    かなりの貴重な時間を浪費した分を
    回収すべく、無理やり麻雀を仕事に
    関連付けてブログを書き始めてみました。

    私は学生のころ、
    随分と麻雀にのめりこんで
    膨大な時間を無駄に過ごしました。
    でも、経営者になって振り返ると、
    麻雀から学んだことや身につけたこと
    が意外なほど多く、実は無駄とも
    言い切れないのかも知れない、
    と感じています。

    その中でも特に大事なことを
    二つあげるとするならば、
    状況判断力とギャンブルは負ける
ということでしょうか。

    作家の水野敬也さんがブログで
    勝負脳について以前書いてました 。

    勝負脳とは、
    「少しでも勝つ確率をあげる方法は
    ないだろうか?」
と考える脳のことだそうです。

    経営者などリーダーの役割にある人は
    皆、日々変化する環境の中で、
    自分たちの置かれてる状況を的確に
    見極めて、持っている経営資源を
どこにどのタイミングで投下するか、
    常にその状況判断力が問われます。

    会社の事業は、勝率5分5分のギャンブル
    ではありません。

    自分たちの持っている人材、資金力、情報、販売網などの経営資源を駆使すれば、
    勝てる確率が極めて高いものを
    見つけてそこで勝負することが大事
    なのです。

    仮に失敗したら、どの程度痛手を負い、
    それは挽回は可能であるかどうかを
    計算して見極めなければなりません。
    撤退や損切りのタイミングも
    状況判断力が問われる大事な場面です。

    麻雀は、事業と同じく、
    いつも勝率五分五分の平等な勝負
    ではありません。

    自分の手配がいいとき、
    自分がツイているとき、
    相手との点差、
    相手が弱っているとき、
    そんな刻一刻と目まぐるしく変わる
    状況の中で、勝てる確率が高い時を
    瞬時に判断し、素早く決断を下す、
    その繰り返しです。

    勝負するのか、引くのか、様子見
    なのか、麻雀が強い人は状況判断力
    が優れた人とも言えます。

    のめりこむと膨大な時間を費やして
    しまうので、あまり麻雀を勧めるわけ
    にはいきませんが、
    経営の仕事だけでなく、
    人生においてギャンブル的な要素
    は誰も避けられないものだと思います。
    就職や結婚さえも、ある種ギャンブル
    要素はあるのではないでしょうか。

    その後の運命を左右する大事な決断を
    下す時に必要なのが、
    的確な状況判断力なのです。

    それは麻雀のようなゲームを通じて
    能力を磨くことが可能だとおもいます。

    我が息子にも、いつかどこかで
    正しい麻雀との付き合い方について
    教えてあげたいです。

    「ギャンブルは負ける」については、
    時間がなくなったので、また次回。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    前回の続き、ギャンブルは負ける、
    というお話です。

    ギャンブルは負けると聞くと、
    多くの人は素直に頷ける話だと思います。

    しかし、実際ほとんどのギャンブルは
    勝つ確率五分五分です。

    自分だけは勝ってもおかしくないのでは?
    と考えるのが心情ですが、
    現実に、勝ち続けることも、勝ち逃げすることも非常に難しく、ギャンブルにハマれば多くの人は負けてしまいます。

    予め申し上げますと、私は
    運とかツキとか流れなどは、
    目に見えないものだけど存在するという立場で書いているので、いささか論理的ではないと感じる人もいるかも知れませんが、
    ここから先、
    私の持論を繰り広げさせて頂きます。

    前回も書いたとおりですが、仕事に
    おいても人生においても、
    誰もがギャンブル的なものを避けて
    通ることはできません。

    経営においてもギャンブルのような
    勝負所の見極めが必要な局面に
    度々出会います。

    そんな時、真面目にコツコツ働くけど、勝負勘が悪いという社長では、
    その下で働く従業員は可愛そうです。

    もちろん経営はギャンブルではありません。でも、経営者はギャンブルとは何かを正しく学び、勝負勘を磨く必要があると、私は思ってます。

    カジノで106億円も負けた、元大王製紙の井川さんが著者の中でこんなことを書いていました。

    「ギャンブル好きは、ギャンブルに向いていないのである」

    私はこの言葉に全く同感です。

    ここで井川さんがハマったカジノの
    バカラ のルールについてお話すると、
    バカラは、基本的に「バンカー」か
    「プレイヤー」のどちらかに賭ける、
    単純なギャンブルです。

    期待値(100賭けていくら戻ってくるか率)も98%と、場代も他の公営ギャンブルに比べれば少ないようです。

    こんな単純なゲームで、確率2分の1
    なのに、どうやったらそんなに負けるのか、と思うかも知れませんが、実際、大金を負けてしまう人がいるのです。

    脅威的な収益 を誇るマカオのカジノの
    主な収益源は、井川さんのような客の
    負け分です。

    でも、決してカジノ側がイカサマを
    している訳では ありません。

    お客さん側は、いくらか場代を払っているものの、有利な二つの権利が与えられています。
    一つは、掛け金をアップダウンしていい権利、もう一つは、いつでも止めて席を立っていい権利です。

    これらを駆使して勝てば良い訳ですが、それには自分のツキを見極める必要があります。つまり、ツイている時は掛け金をアップして、ツイてない時には止めればよいのです。

    ところが、人間は不思議なもので、
    欲望のままにギャンブルを楽しんで
    いると、勝ち始めると、 
    ツイているのに早く利益を確定したく
    なって止めたくなり、
    負け始めると、
    ツイてないのに、取り返そうと熱くなって倍プッシュとか言って 賭け金をあげてしまうのです。
    そして席を立てないのです。

    つまり、真逆の行動をとってしまうのです。

    欲望のままにギャンブルをやっていると、
    「勝ちすぎではないだろうか」
    という恐怖心に負け、
    「こんなに負けてて止められるか!」
    という感情に流されてしまいます。
    つまり、人間の弱い心に負けてしまうのです。

    そして、悪いことに、そんな風に
    本能のままに欲望に流されてやる
    ギャンブルほど楽しいことはありません。

    マカオやラスベガスのような
    カジノに行けば、欲望の全てを満たしてくれるようなきらびやかな世界が
    待ってますが、それに乗って欲望に
    身を任せれば、いずれ負けてしまいます。

    その逆、つまり調子が良い時に
    掛け金を増やし、調子が悪い時に、
    席を立って止めるというのは言葉に
    するほど簡単ではありません。

    冷静に客観的に自己を見つめ、
    恐怖心に打ち克ち、惰性を断ち切り、
    忍耐を重ねるように取り組むギャンブルは、まるで精神修行のようです。

    私自身も年に1度か2度、
    カジノに行って、精神修行のように
    ギャンブルに没頭することにして
    いますが、何が楽しいのか、
    自分でもさっぱり分かりません。

    井川さんの言った、
    「ギャンブル好きは、ギャンブルに向いてない」
    とは、つまりギャンブルを楽しんでいるようでは勝てないということだと思います。

    学生時代、雀鬼会の雀荘に通っていた 頃、桜井章一さんから、
    「自己を律せ」という言葉を何度も
    聞きました。
    惰性まみれの大学生生活を送り、
    欲望の赴くまま雀荘に通っていた
    私には衝撃的な言葉でしたが、
    今ではその意味がよく分かる気がします。
    己の弱い心に打ち克てないようでは、
    結局は勝負に勝てないのです。

    ギャンブルは悪いイメージがあり、
    もちろん学校教育で教えてもらえる
    ようなものではありませんが、
    生きていく上で大切な知識だと思います。

    それを私は麻雀から学びました。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    ネットサービスのプロデューサーや
    開発陣と仕事をしていると、
    最初はユーザー目線で創っていた
    筈なのに、いつの間にか
    そうではなくなっていくパターンは
    大きく分けると二つあります。

    (1)収益を稼ぐことを優先する。

    (2)運営側が使わせたいサービスを
    全面に押し出す。

    そして、実感値として圧倒的に(2)の
    ケースのほうが多いです。

    昨日も新規サービスをチェックしていて、

    「それは我々が使わせたい機能の
    ゴリ押しでしょ」

    「ユーザーが使いたいものではなくて、
    自分が使わせたいんでしょ」

    などと指摘したのですが、この話、
    今まで本当に数えきれないくらい同じ
    話を多くのプロデューサーにしてきました。

    「ユーザーに対するデリカシーが
    お前は足りないんだよ!」
    とか、
    「おもてなしの心がないのか!」

    などと口汚く罵ったこともあるのですが、
    大抵の場合、それを指摘された側は、
    怒ってる私をみてキョトンとします。

    なぜなら、皆、「ユーザーのために」
    必死で考えて持ってきたものだからです。

    何故このような事態が起きるのか?
    それを考えていたら、
    9年前、livedoorに匿名で書いてた
    時代の自分のブログに ちょうどそれを
    表す記事がありました。

    ―――
    <抜粋>
セブンイレブンの鈴木会長だったと思う。

顧客主義について、ありがちな勘違いを
何かのインタビューで見事に言い表していた。

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は違う。
    
子供のために子供を叱っているつもりでも、子供の立場に立ってみればありがたくもない。それと同じ。
    ―――

    顧客主義は、ユーザー目線と同じ意味です。

    「ユーザーのために」、
    これを使ったほうがこのサービスが
    楽しめるとか、
    こういう使い方をしたほうが便利だとか、
    皆が楽しいサービスになるはずだとかは、
    子供ために子供を叱っているのと
    同じ思考回路だと思います。
    ユーザー視点のありがちな勘違いなのです。

    ユーザーのためにではなく、
    ユーザーの立場に立って、
    思わず使ってしまう、
    気が付いたら便利だった、
    はまっていた、
    そのようなサービスをユーザーの立場に
    立って必死になって考えて創り、
    その結果として、我々が描いているような
    基本ループの使い方やコミュニケーション
    の楽しみ方をして頂けるようなサービスを
    創っていかなくてはいけません。

    ユーザー目線とは、
    「ユーザーの立場に立つこと」
    ユーザーためにとは違う。

    これを肝に銘じていこう!みんな!

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    私の著書「藤田晋の仕事学」の中に、

    「見栄を張る人に大事な仕事は
    任せられない」

    という項があります。

    当社のように新しい分野を見つけたら
    取り敢えずどんどん参入していく会社
    は誰を抜擢するのかがとても重要です。

    新しくて有望な分野は、よい人材の
    抜擢に成功すれば、半分は成功した
    も同然だとすら思ってます。

    誰を抜擢するかを検討する際に、
    見栄を張ってるように見える人を
    静かに見送っていることが多いのが
    勿体ないので、一度ブログにも
    理由を書いておくことにしました。

    「見栄を張る」というと言葉の響きは
    悪いですが、今の自分に満足してない、
    向上心があるという意味では悪く
    ないのかも知れません
    また、若いうちは年齢で足下を
    みられないためにもある程度は
    仕方ないのかも知れません。

    実際、努力して現実の自分の実力を
    追いつかせ、辻褄を合わせることを
    忘れなければ見栄を張るのも
    使いようでしょう。

    ただ実際は、私からみると、
    見栄を張るタイプの人を抜擢したら、
    多くの場合は見栄にポジションが
    追いついたこと自体に安堵して、
    努力しなくなります。
    分不相応な仕事をまだなんの実力も
    実績もない自分が引き受けたという
    現実を直視できる人は少ないのです。

    強い向上心がありながらも、
    自分の力に不安を感じ、
    引き受ける役割に畏れを抱く
    ような人のほうが、伸びしろを
    感じます。

    失敗しないために猛烈な努力を
    する可能性が高いからです。

    集中力も高まります。

    いずれにしても年齢が上で、
    経験が豊富な人からみたら、
    見栄を張ってる人はすぐわかります。

    ・自分の真の実力値を正しく理解し、
    理想と現実のギャップを受け入れること
    ・そのギャップを埋める努力をしていく

    それだけで見栄を張らずに済むように
    なるのではないでしょうか。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    「採用は、もの凄く優秀な人を大勢集めるよりも、一緒に働きたい人を大勢集めることのほうが大事であると再認識しました。」

先日、自分のFacebook にこう書いたところ、
    1700コものいいね!を頂きました。
(ありがとうございます)

これはリクルートで採用に関わっていた
方に教えてもらった話ですが、
    自分たちを振り返ってドキッとする話でした。

最近では、おかげさまで採用活動に
おける当社の人気も過去とは比較に
ならないくらい高まっていて、
優秀な人材が非常に採用しやすく
なっています。

しかし、「自分より優秀なやつを採れ」
というコンセプトの元、ひたすら優秀な
人材を集めていけば会社は安泰かと
    いえば、決してそうではないようです。

もちろん優秀な人材は喉から手が出る
    ほど欲しいです。
    
でも、会社にとって本当に優秀な人材は、
一緒に働きたいと思った人の中から
現れるはずなのです。

正月、前回のブログに「飛躍」という
言葉を使ったこともあって、
    12年前に刊行された
    
ビジョナリーカンパニーの2を読み
直してみました。

    この良書、このタイミングで改めて
    読んでおいて良かったです。
    ビッグデータ並みの大量の事実から
    調査分析チームが理論を構築する試みは、
    現役経営者が参考にする価値が
    十分にあると思います。

    読み進めていくと、サイバーエージェントは飛躍に資するものがあると感じる一方で、足りない部分にも気づかされました。

    その部分には追々手を打っていくとして、
    「だれをバスに乗せるか」の章で、
    こんな記述がありました。

    偉大な会社に飛躍させるためにはまず、
    新しい方向や新しいビジョン、戦略を策定し、次に人々を結集するのだろうと予想していた。

調査の結果は全くの逆であった。

まずはじめに適切な人をバスにのせ、
    不適切な人をバスから降ろし、その後に
    どこに向かうべきか決めている。

    株式会社はもともと東インド会社の時から
    目的の元に集まるプロジェクトファイナンスのような考え方だった訳ですから、
    理解しがたい人もいるかも知れません。

    でも、15年サイバーエージェントを率いてきた身としては、先に適切な人を選ぶことの大事さを痛感します。

    先に適切な人を選んでおけば、途中で
    環境の変化に適応しやすくなります。
    「この会社には素晴らしい人が
    集まっている。目的を変えたほうが
    うまくいくんだったらそうしよう」
    そう発想するからです。

    逆に目的を元に集まった場合、話が
    変わればそこに居る理由はなくなります。

    これは最近ではピポットと呼ばれる
    ”事業転換”が頻繁に必要になる
    ネット業界ではとても大切なことです。

    「適切な人をバスに乗せる」というのは、
    優秀な人から順に選んで乗せるのとは、
    似て非なるものです。

    感覚的には、一緒に働きたいひとを
    乗せるに近いでしょう。

    ただし、一緒に働きたい人はだいたい、
    優秀な人なのですが。

    一緒に働きたい人が会社に集まって
    いるならば、
    「働く仲間が好きだから」
    「この会社が好きだから」
    といった理由が発生し、
    皆のモチベーションを上げるための
    努力は少なくて済み、
    厳しく管理する必要もなくなります。
    何より、危機の時に団結する強い組織に
    なります。

    極端に振れないように付け加えておくと、
    全員が全員一緒に働きたい人で
    なくても構いません。

    組織はマジョリティがどうであるかが
    大事で、マイナリティを排除することは
    逆に危険だと思ってます。
    (この話はまたブログに書きます)

    日本では、学生の就職活動が、
    就職ではなくて就社になってると、
    しばしば批判を受けます。

    でも、日本社会のそのような風土を
    逆にうまく活かせば、変化の激しい
    時代で飛躍する意外な競争力に
    なるかも知れません。

    いずれにしても、我々のような
    強い「会社」を創っていくつもりの
    人たちにとっては、私は就社意識でも
    構わないと思ってます。

    新卒採用のセミナーでの講演の締めに
    よく言っていたセリフ。

    「我々は21世紀を代表する会社を
    目指しています。そのために、
    皆さんの手を貸してほしい。」

    当社の採用活動は、同志を集めるような
    気持ちで行っています。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    今回は、女性が職場で輝けるのは
    「出世」に縛られないから。
    というテーマで書きました。

    当社の女性社員は輝いているとよく
    外部の人にお褒めいただきますが、
    彼女たちは、出世して輝いていると
    いうより現場で活躍しているように
    見えます。

    男性と比べると出世を強く意識している
    ようにはみえず、それがむしろ良い方向に
    作用しているのではないかという
    仮説を立ててみました。

    社内会議などで見られる風景ですが、
    一応社内で最高権力者ともいえる
    社長の私に叱られた時、男性社員だと
    「おれもう終わった・・orz」みたいに
    落ち込む人がいます。

    それと比べると、女性社員は上司に
    何か言われても負けん気を出してくるか、
    悔しがっても動じない人が多いです。

    このような現象は、男性のほうが
    良くも悪くも「出世」を意識している
    からではないかと思います。

    出世は向上心という意味では
    もちろん良いことですが、
    クリエイティブな組織においては
    一方で弊害もあります。

    出世を意識するようになると、
    上司や会社に合わせるようになり、
    個人の柔軟な発想や創造性、芸術性
    といったものは失われがち
    な傾向になるからです。

    現在は一般企業においても
    組織力で勝負する時代から、
    現場の創造性で勝負する時代に
    変わってきています。

    当社のようなメディアやコンテンツを
    展開する会社なら現場の創造性が
    重要なのは言うまでもありません。

    出世を望まなくても、現場で活躍し、
    評価される体制を築いていくことが、
    とても大事なことだと思います。