ログイン
詳細
藤田晋bot

「明らかに経験不足なのに自分の考えに固執しすぎるのは遠回り」 と少し前にTwitterに書いたらたくさんの反響をもらいました。 当社の中でも、功を焦る若い人ほど 自分で考えたことに固執するので 勿体ないなぁと感じることがあります。 上記のとおり、それはむしろ逆だからです。 学ぶの語源は「まねぶ」であって、先人が 長い年月をかけて試行錯誤と創意工夫 してきたやり方を自分でやってみて同じ道を辿ってるような暇はビジネスにはありません。 また、全く新しい人の発想が業界にイノベーションを起こせると考える人はいますが、現実はそんなに甘くはありません。 1.まねをしながら常に自分で考える。勉強する。 2.何故そのやり方になったのか、そうでない方法が何故ダメなのかを理解する。 3.理解できたら自分なりの変化をつけていく。 4.理解した上でオリジナリティを追求する。 この順序が一番早いと私は考えます。 1~4はそんなに長い時間が掛かる訳ではありません。 そして1~4は全て結果的には自分で考えています。 しかし実際には、真似をするだけで終わっている人や、 突然オリジナリティを意識し始める人が多いと思います。 では経験不足な若い人が成長するのに、 一番の近道は何でしょうか? 前に当社の新卒社長が 「教えてもらる環境」より「仕事を自分の判断で動かしていける環境」のほうが成長するのに。 とつぶやいていました。 英語を教えてもらうより現地で暮らしたほうができるようになるのと同様、 仕事も全くその通りだと思います。 もっといえば現地で英語を習えばすぐ実践 できるのと同様、仕事を任されているときに先輩に教えてもらえるのが最も効果的です。 教えてもらえる環境<任される環境 にいることがまず大事。そして、 任された環境にいながら、1~4を高速で実施する。 それが若いひとが成長する一番近道ではないかと思います。 話をまとめると、成長の近道は、 任された環境で自分で判断できる仕事をしつつ、信頼できる先輩にアドバイスをもらえる。 先人の叡智を真似させてもらいないがら、常に自分で考え、勉強し、 理解できたら変化をつけていき、 理解した上でオリジナリティを追求していく。 少なくとも自分は20代社会に出てからずっとそのように成長してきた実感があります。

前へ次へ
渋谷ではたらく社長の名言
トーク情報
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    ネットサービスのプロデューサーや
    開発陣と仕事をしていると、
    最初はユーザー目線で創っていた
    筈なのに、いつの間にか
    そうではなくなっていくパターンは
    大きく分けると二つあります。

    (1)収益を稼ぐことを優先する。

    (2)運営側が使わせたいサービスを
    全面に押し出す。

    そして、実感値として圧倒的に(2)の
    ケースのほうが多いです。

    昨日も新規サービスをチェックしていて、

    「それは我々が使わせたい機能の
    ゴリ押しでしょ」

    「ユーザーが使いたいものではなくて、
    自分が使わせたいんでしょ」

    などと指摘したのですが、この話、
    今まで本当に数えきれないくらい同じ
    話を多くのプロデューサーにしてきました。

    「ユーザーに対するデリカシーが
    お前は足りないんだよ!」
    とか、
    「おもてなしの心がないのか!」

    などと口汚く罵ったこともあるのですが、
    大抵の場合、それを指摘された側は、
    怒ってる私をみてキョトンとします。

    なぜなら、皆、「ユーザーのために」
    必死で考えて持ってきたものだからです。

    何故このような事態が起きるのか?
    それを考えていたら、
    9年前、livedoorに匿名で書いてた
    時代の自分のブログに ちょうどそれを
    表す記事がありました。

    ―――
    <抜粋>
セブンイレブンの鈴木会長だったと思う。

顧客主義について、ありがちな勘違いを
何かのインタビューで見事に言い表していた。

「顧客のために」と「顧客の立場に立って」は違う。
    
子供のために子供を叱っているつもりでも、子供の立場に立ってみればありがたくもない。それと同じ。
    ―――

    顧客主義は、ユーザー目線と同じ意味です。

    「ユーザーのために」、
    これを使ったほうがこのサービスが
    楽しめるとか、
    こういう使い方をしたほうが便利だとか、
    皆が楽しいサービスになるはずだとかは、
    子供ために子供を叱っているのと
    同じ思考回路だと思います。
    ユーザー視点のありがちな勘違いなのです。

    ユーザーのためにではなく、
    ユーザーの立場に立って、
    思わず使ってしまう、
    気が付いたら便利だった、
    はまっていた、
    そのようなサービスをユーザーの立場に
    立って必死になって考えて創り、
    その結果として、我々が描いているような
    基本ループの使い方やコミュニケーション
    の楽しみ方をして頂けるようなサービスを
    創っていかなくてはいけません。

    ユーザー目線とは、
    「ユーザーの立場に立つこと」
    ユーザーためにとは違う。

    これを肝に銘じていこう!みんな!

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    私の著書「藤田晋の仕事学」の中に、

    「見栄を張る人に大事な仕事は
    任せられない」

    という項があります。

    当社のように新しい分野を見つけたら
    取り敢えずどんどん参入していく会社
    は誰を抜擢するのかがとても重要です。

    新しくて有望な分野は、よい人材の
    抜擢に成功すれば、半分は成功した
    も同然だとすら思ってます。

    誰を抜擢するかを検討する際に、
    見栄を張ってるように見える人を
    静かに見送っていることが多いのが
    勿体ないので、一度ブログにも
    理由を書いておくことにしました。

    「見栄を張る」というと言葉の響きは
    悪いですが、今の自分に満足してない、
    向上心があるという意味では悪く
    ないのかも知れません
    また、若いうちは年齢で足下を
    みられないためにもある程度は
    仕方ないのかも知れません。

    実際、努力して現実の自分の実力を
    追いつかせ、辻褄を合わせることを
    忘れなければ見栄を張るのも
    使いようでしょう。

    ただ実際は、私からみると、
    見栄を張るタイプの人を抜擢したら、
    多くの場合は見栄にポジションが
    追いついたこと自体に安堵して、
    努力しなくなります。
    分不相応な仕事をまだなんの実力も
    実績もない自分が引き受けたという
    現実を直視できる人は少ないのです。

    強い向上心がありながらも、
    自分の力に不安を感じ、
    引き受ける役割に畏れを抱く
    ような人のほうが、伸びしろを
    感じます。

    失敗しないために猛烈な努力を
    する可能性が高いからです。

    集中力も高まります。

    いずれにしても年齢が上で、
    経験が豊富な人からみたら、
    見栄を張ってる人はすぐわかります。

    ・自分の真の実力値を正しく理解し、
    理想と現実のギャップを受け入れること
    ・そのギャップを埋める努力をしていく

    それだけで見栄を張らずに済むように
    なるのではないでしょうか。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    「採用は、もの凄く優秀な人を大勢集めるよりも、一緒に働きたい人を大勢集めることのほうが大事であると再認識しました。」

先日、自分のFacebook にこう書いたところ、
    1700コものいいね!を頂きました。
(ありがとうございます)

これはリクルートで採用に関わっていた
方に教えてもらった話ですが、
    自分たちを振り返ってドキッとする話でした。

最近では、おかげさまで採用活動に
おける当社の人気も過去とは比較に
ならないくらい高まっていて、
優秀な人材が非常に採用しやすく
なっています。

しかし、「自分より優秀なやつを採れ」
というコンセプトの元、ひたすら優秀な
人材を集めていけば会社は安泰かと
    いえば、決してそうではないようです。

もちろん優秀な人材は喉から手が出る
    ほど欲しいです。
    
でも、会社にとって本当に優秀な人材は、
一緒に働きたいと思った人の中から
現れるはずなのです。

正月、前回のブログに「飛躍」という
言葉を使ったこともあって、
    12年前に刊行された
    
ビジョナリーカンパニーの2を読み
直してみました。

    この良書、このタイミングで改めて
    読んでおいて良かったです。
    ビッグデータ並みの大量の事実から
    調査分析チームが理論を構築する試みは、
    現役経営者が参考にする価値が
    十分にあると思います。

    読み進めていくと、サイバーエージェントは飛躍に資するものがあると感じる一方で、足りない部分にも気づかされました。

    その部分には追々手を打っていくとして、
    「だれをバスに乗せるか」の章で、
    こんな記述がありました。

    偉大な会社に飛躍させるためにはまず、
    新しい方向や新しいビジョン、戦略を策定し、次に人々を結集するのだろうと予想していた。

調査の結果は全くの逆であった。

まずはじめに適切な人をバスにのせ、
    不適切な人をバスから降ろし、その後に
    どこに向かうべきか決めている。

    株式会社はもともと東インド会社の時から
    目的の元に集まるプロジェクトファイナンスのような考え方だった訳ですから、
    理解しがたい人もいるかも知れません。

    でも、15年サイバーエージェントを率いてきた身としては、先に適切な人を選ぶことの大事さを痛感します。

    先に適切な人を選んでおけば、途中で
    環境の変化に適応しやすくなります。
    「この会社には素晴らしい人が
    集まっている。目的を変えたほうが
    うまくいくんだったらそうしよう」
    そう発想するからです。

    逆に目的を元に集まった場合、話が
    変わればそこに居る理由はなくなります。

    これは最近ではピポットと呼ばれる
    ”事業転換”が頻繁に必要になる
    ネット業界ではとても大切なことです。

    「適切な人をバスに乗せる」というのは、
    優秀な人から順に選んで乗せるのとは、
    似て非なるものです。

    感覚的には、一緒に働きたいひとを
    乗せるに近いでしょう。

    ただし、一緒に働きたい人はだいたい、
    優秀な人なのですが。

    一緒に働きたい人が会社に集まって
    いるならば、
    「働く仲間が好きだから」
    「この会社が好きだから」
    といった理由が発生し、
    皆のモチベーションを上げるための
    努力は少なくて済み、
    厳しく管理する必要もなくなります。
    何より、危機の時に団結する強い組織に
    なります。

    極端に振れないように付け加えておくと、
    全員が全員一緒に働きたい人で
    なくても構いません。

    組織はマジョリティがどうであるかが
    大事で、マイナリティを排除することは
    逆に危険だと思ってます。
    (この話はまたブログに書きます)

    日本では、学生の就職活動が、
    就職ではなくて就社になってると、
    しばしば批判を受けます。

    でも、日本社会のそのような風土を
    逆にうまく活かせば、変化の激しい
    時代で飛躍する意外な競争力に
    なるかも知れません。

    いずれにしても、我々のような
    強い「会社」を創っていくつもりの
    人たちにとっては、私は就社意識でも
    構わないと思ってます。

    新卒採用のセミナーでの講演の締めに
    よく言っていたセリフ。

    「我々は21世紀を代表する会社を
    目指しています。そのために、
    皆さんの手を貸してほしい。」

    当社の採用活動は、同志を集めるような
    気持ちで行っています。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    今回は、女性が職場で輝けるのは
    「出世」に縛られないから。
    というテーマで書きました。

    当社の女性社員は輝いているとよく
    外部の人にお褒めいただきますが、
    彼女たちは、出世して輝いていると
    いうより現場で活躍しているように
    見えます。

    男性と比べると出世を強く意識している
    ようにはみえず、それがむしろ良い方向に
    作用しているのではないかという
    仮説を立ててみました。

    社内会議などで見られる風景ですが、
    一応社内で最高権力者ともいえる
    社長の私に叱られた時、男性社員だと
    「おれもう終わった・・orz」みたいに
    落ち込む人がいます。

    それと比べると、女性社員は上司に
    何か言われても負けん気を出してくるか、
    悔しがっても動じない人が多いです。

    このような現象は、男性のほうが
    良くも悪くも「出世」を意識している
    からではないかと思います。

    出世は向上心という意味では
    もちろん良いことですが、
    クリエイティブな組織においては
    一方で弊害もあります。

    出世を意識するようになると、
    上司や会社に合わせるようになり、
    個人の柔軟な発想や創造性、芸術性
    といったものは失われがち
    な傾向になるからです。

    現在は一般企業においても
    組織力で勝負する時代から、
    現場の創造性で勝負する時代に
    変わってきています。

    当社のようなメディアやコンテンツを
    展開する会社なら現場の創造性が
    重要なのは言うまでもありません。

    出世を望まなくても、現場で活躍し、
    評価される体制を築いていくことが、
    とても大事なことだと思います。

    1
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    先日、ドラマ「白い巨塔」を全部見終わりました。

    「沈まぬ太陽」「不毛地帯」が凄く面白かったので、オペシーンが苦手な病院ものにも挑戦しましたが、最後まで夢中になって観ました。

    財前五郎(唐沢寿明)と里見脩二(江口洋介)という二人の医者は、全く正反対の思考の持ち主だけど、信念を持ち腹が括れていて、二人ともカッコ良かった。

    財前は、次期教授の座を狙い、
    実力も実績もあるのに、あらゆる手を尽くします。

    里見は、患者を最優先に考え、
    研究一筋で、権力闘争には参加しようとしません。

    信念は人それぞれなので、どちらが正しいという訳ではないのですが、
    二人に共通しているのは、
    一人で孤独に信念を貫いていてぶれない
    ということです。

    財前は、権力を手にする過程で、
    賄賂、圧力、派閥工作、土下座、
    パーティーや会合に出席したり、
    実力も実績も備えているにも関わらず、
    自分の手で確かなもにするべく
    死力を尽くします。

    里見は、自分が正しいと考える医者としての姿を貫くために、職を失い、家族を犠牲にしています。

    このドラマの家族が家を出ていくシーンを見たら、誰でも心が揺らぐと思います。

    自分が正しいと考えるたったひとつの信念を貫くことさえ簡単ではないのです。

    だからこそ腹を括り、信念を貫く人は強いです。

    世間で成功したと言われる人の多くは、
    それを持ち合わせているように思います。

    ところが、財前は最後に躓きました。
    どうしてでしょうか?
    病院ではなく、私はビジネスの世界でも
    似たような現象を幾度と無く見てきたのですが、

    腹がスパッと括れてて、信念が揺らがない人は強い

    しかし、モラルが無いと最後には全て失う
    これではないかと思います。

    経営者は、きれいごとばかり言っている人、自分だけ清廉潔白ぶっている人、
    清濁あわせ飲めない人はダメだと思います。

    しかし、これを勝手に拡大解釈していけば、今度は逆にモラルが無さ過ぎるという状態に陥る人も結構います。

    それが権力を手にした後では、周囲で
    それを厳しく指摘できる人も少ないです。

    地位や名誉を手にするにはきれいごとばかりも言ってられなくて、
    実際に手にした後にモラルを高く保ち続けることが、
    意外なほど難しいのかも知れませんが、
    実はそれこそが落とし穴ではないでしょうか。

    1
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    失敗した後に、よく起きる現象は
    責任のなすり合いや犯人探しです。

    例えば選挙でも、
    惨敗した政党で起こる内紛が
    大きな選挙のたびに報じられますが、
    責任のなすり合いや、
    犯人探しが行われること自体、
    最初から負けるべくして負けている
    と思います。

    責任を負う覚悟がある人が不在
    だったか、もしくはそれが誰なのか
    不明確だったからです。

    前にもブログに書きました が、
    「おれが決める。」
    「責任は全部おれが負う。」
    そんな顔つきをしているリーダーが
    いるかどうかがプロジェクトの
    成功の条件であると思います。

    サイバーエージェントの場合、
    実際には、失敗して本当に責任を
    取らせたり、ペナルティを与えたり
    することは滅多にありません。

    失敗を会社の資産と捉えているので、
    次に活かしてもらわないと勿体ない
    からです。

    それでも、実際に失敗したら
    「全て自分のせいである」
    という覚悟をもったリーダーが
    プロジェクトには絶対に必要です。
    会社での仕事は、言い訳しようと
    思ったら延々と可能だからです。

    責任を負うことを避けたがる人は、
    リーダーに据えてはいけないのです。

  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    先日、社員数名と飲んでいるときに、

    「SNSのおかげで、世の中、猜疑心が増えたよね」

    という話になりました。
    これまで以上に恋人や友人関係において、

    (この悪口は自分に言っているのでは?)
(メールの返信が無い時、何してたんだろ?)
(この写真に写っている女が怪しい)
(女子会って、本当は男がいたのでは?)
(ソーシャルが更新されてないのが怪しい!)
    などと、猜疑心をもって誰かを勘ぐり始めたらきりがありません。ネット上にはそのための手がかりが大変豊富になりました。私は、

    「猜疑心は人間関係を破綻させるだけだよ」

    という自説を皆に披露していました。
    なぜなら、
    人は自分を疑う相手を信用しないし、
    好きにならないし、
    疑われても、相手を信用させてから
    別の抜け道を探すだけで、
    本質的な解決にはならないからです。

    更に、猜疑心に苛まれて、
    騙される前に騙してやろうなどと
    先制攻撃みたいな話になれば、
    報復による報復の戦争みたいになって
    それこそ関係は泥沼に・・

    そこまで凄く大げさに話してみて、
    これは会社と従業員の関係に似ていると
    思いました。
    会社も下手をすると猜疑心に満ち溢れます。

    (ほっとくとサボるに違いない)
(独立してノウハウを盗むつもりではのか?)
    (また不祥事を起こすやつがいるに違いない)
    (誰かが自分の足を引っ張ろうとしている)
    (どうせ金が目当てなんだろう!)
猜疑心をもって社内をみればきりがありません。
    社長で猜疑心の強い人は意外と多いですが、そのような社長のいる会社の社内の雰囲気は、やはりギスギスしています。

    いくら綺麗ごとばかり言う社長でも、心の中で人を信用していなければ、それは社風の端々に現れています。

    そして信頼関係のない組織が、ひとたび
    危機に陥ると、内部崩壊を起こすのは
    歴史が証明しています。

    サイバーエージェントは性善説に基づいて、「社員を信じる」というのが前提になっているので、手前味噌ですが、会社と社員の信頼関係は良好であると思います。

    時折、トラブルや不祥事が起きると、迷惑がかかった他の社員が怒ることがあります。
    でも、嫌なことがあっても、傷つけられても、同じ共同体で長く良い関係を築くために、猜疑心をぐっと堪えて、仲間を信じる
気持ちを大切にするしかありません。

    さもなくば、不信の連鎖に突入だからです。

    誰でも信じろと言っている訳では決して
    ありませんが、今の時代、猜疑心は
    意識して抑えるくらいでちょうど良いのではないでしょうか。

    1
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    「自分の中で折り合いのつかなさを
    抱えている人にしか興味ない」

    幻冬舎の見城社長がよくそう仰っています。

    最近、ふと振り返ってみると、
    私の仕事の時間で大部分を占めて
    いるのは、
    社員が出してくる妄想が膨らみ過ぎ
    たサービスの企画をそぎ落としたり、
    現在の我々の実力値で開発できる
    現実ラインに折り合いをつけたり、
    見積もりの甘い新規事業の責任者を
    厳しく諭したり。

    「21世紀を代表する会社を創る」

    という壮大なビジョンを掲げているから
    なんとか大きな志を忘れずにいられる
    ものの、現実との折り合いを付ける
    細かい仕事が多すぎて、
    大事なことを見失わないようにしな
    ければと最近感じています。

    でも、もちろん現実は甘くありません。
    現実から目を背けていれば、
    あっという間にゲーム終了です。

    根拠のない自信を持っている。
しかし、同時に自分の分不相応な
挑戦に恐れを抱いている。

事業家おいても、そんな風に
    自分の中で折り合いのつかないもの
    を抱えている人が魅力的な人であり、
    成功していく人です。

    甘い妄想を抱いている夢見がちな
    人はもちろんダメだし、
    現実と折り合いをつけるばかりで、
    夢がない人もそう成功することは
    できません。

    例えて言えば、アプリボットが昨日からWANTEDLYに出していた求人広告

    「世界震撼するサービスを一緒に創ってくれるエンジニアウォンテド!!」

    このくらい大きな志を掲げながらも、
    現実はそこに至っていないのだから、
    なんとか、結果を出し続けることでしか前に進めない。

    そんな折り合いのつかなさです。

    1
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    先日、私が現場で一緒に仕事をしてる
    プロデューサーと思い出し話をしつつ
    飲んでいたら、
    「このナルシストがっ!って社長に
    怒られたんですよ」と言われました。

    そのことを思い出した後日、
    ネットサービスを創るのに向いてない
    人のパターンにナルシストは確かに
    あるなと思いました。

    現在発売中の日経ビジネスアソシエ
    の私の連載で、
    「想像力がない人ほど、自分に想像力
    がないという自覚がない」
    という記事を書かせて頂きました。

    想像力という能力は誰にでも備わって
    いるだけに、自分ごととして気付き
    にくいですが、想像力の足りない人は、そもそも相手のことを想像しようという努力を怠っているように見えます。

    ネットサービスを創る際、何より重要
    なのは徹底したユーザー視点です。
    ユーザーに支持されるサービスを
    運営できれば、収益などのその他の
    要素は後からなんとかなる可能性が
    あります。しかし、その逆はありません。

    そのためには
    様々な立場のユーザーになりきり、
    ストーカーのように観察し、
    使いやすく、面白く、便利にし、
    ハマるポイントや、継続するポイントを必死になって見極める必要があります。

    共著「憂鬱でなければ仕事じゃない」
    の中で、見城社長は

    「他者への想像力をはぐくむには、
    恋愛しかない」
    と仰っていました。
    恋愛では、メールひとつでも、
    (どういう意図の言葉なんだう。。)
    とか、メールを返すときにも
    (すぐ返事したら喜ぶかな。。)
    とか、返事がない時間も
    (いまこの時間は何してるんだろう。。)
    などと、恋愛しているときは想像力を
    膨らますはずです。

    ネットサービスを創る人たちには
    恋愛しているときと同じくらい
    必死になって想像してほしいです。

    プライベートではともかく、仕事においてナルシストはダメ!絶対。

    1
  • 藤田晋bot
    藤田晋bot

    ※先週の役員会で話題に上った話です。

    一人暮らしの人が自分の住んでいる部屋を何らかの理由で引越しをしようと考えたとします。

    大体の予算イメージを持って、
    不動産屋さんに相談し、営業の方から
    複数の物件を紹介してもらっているうちに、最寄駅からの距離が魅力的だったり、間取りは良かったり、、
    日当たりが良かったり悪かったり、
    帯に短したすきに長しといった具合に、
    それぞれの好条件に目移りしてるうちに、気がつくと当初予算よりかなりインフレしているということがよくあります。

    こういうことは何故往々にして起こるのでしょうか?

    私の考察では、不動産屋で相談した時点からの思考が停止しているのではないかと思います。

    最終的な決断も、その後そこに住む責任も全て自分が追っているにも関わらず、専門家に相談した瞬間に思考が停止してしまう。

    上記は個人の例なので最終的に無茶をする人は少ないですが、このような場面は会社で仕事をしていると、もっと危なっかしいケースを頻繁にみかけます。

    それは見積もりをやり取りするうちに金額が上がっていくケースなどですが、金額だけの問題でなく、アウトプットの質まで同時に下げていってしまいます。

    最初の予算が少なければ、足りない中で自分達の頭ひねって知恵を出し、なんとか良い成果を出そうとします。

    そんな工夫を凝らせば、随所に自分たちらしさがにじみ出て、最終的に一本筋の通ったものに仕上がっていきます。

    逆に冒頭の不動産選びのように予算感が甘かったり、予算が簡単に上ぶれするようでは、思考停止している恐れがあります。

    良い提案に目移りしていて、一番良いものを選ぶことが仕事になっていたりします。
    さらに勧められたものを受動的に決めても、例え大金を使っても、どこか借り物のようで血が通った成果は得ることができません。

    やはり自分で考え、創意工夫することが大切なのですが、創意工夫した後の決定が、当初の目的を達しているかを照らし合わせることが最後必須です。

    そこでどうしても無理なのであれば、
    予算を上げなければと意味がありません。

    そこまで責任を持って考えて、思考停止していないと言い切れるのではないでしょうか。

    1