ログイン
老いて尚気まぐれな呟き
トーク情報
  • じゅん
    じゅん

    引き続き755お休み
    すると言いながら
    吉田さんがまとめて
    下さっているので
    リトークさせて
    頂きました。
    ありがとうございます
    m(__)m

  • じゅん
    じゅん

    お休みすると言いながら
    とても嬉しくて
    またリトークさせて
    頂きました。
    お部屋を閉めないで
    下さって嬉しいです😍😍😍

  • じゅん
    じゅん

    見城さま♡
    皆さま♡
    拍手いつもありがとう
    ございますm(__)m

    もう少し
    755お休みしますね。
    皆さま♡
    体調など気をつけて
    お過ごし下さいね。

  • じゅん
    じゅん

    休みと言いながら
    見城さまのトーク部屋を
    最初から拝見いたしまして
    リトークさせて
    頂きました。
    日にちはかかりますが
    ゆっくり
    拝見させて頂きます。

  • じゅん
    削除されたユーザー削除されたユーザー

    30年以上前、僕は不遜な若者だった。月刊「カドカワ」に書き下ろした小説を直す、直さないで、当時の編集長だった見城徹とやりあって以来、ずっと、交流は途絶えていた。別の世界で生きながら、次々にベストセラーを生む見城徹を羨ましく思い、憧れ、尊敬し、30年も前の自分の不明を恥じていた。なぜ、あの時、小説を直す、直さないというぶつかり稽古を最後までやり抜かなかったのだろう?ひょんなことから、見城徹の舎弟になれた。僕たちが尊敬する人が同じだったので、その子分として、見城徹が兄貴になったのだ。親しくなればなるほど、人間的な魅力に引き込まれた。圧倒的な努力とはこういうことを言うのか?毎日、寝る前に、一日を振り返り、自己嫌悪に苛まれる繊細さ。どんなトラブルも正面突破しかないと言い切る覚悟。義理と人情と恩返しを信条に生きる愚直なまっすぐさ。「編集者という病い」(太田出版)を読んで、僕は泣いた。圧倒的な努力って大変だ。でも、圧倒的な努力って美しい。
    夢がないとか、やりたいことが見つからないとか、努力が報われないと嘆く若者たちに、見城徹の魂を教えたいと思った。それが、AKB48の「ここがロドスだ、ここで跳べ!」の歌詞だ。
    Special Thanksで見城徹の名前をクレジットさせていただこうと思ったが、「秋元、そういうのは恥ずかしいよ」と言われそうだったのでやめた。見城徹とはそういう美学の男だ。毎日、熱狂しなければ生きている価値がないと教えてくれる。熱狂することは、どんなにつらく、悲しく、体力を使うことでも…。