ログイン
い〜しゃんのよかろうもん⁉︎トーク
トーク情報
  • い〜しゃん
    い〜しゃん

    今更ながら、3月1日のSTU全ツ追加福岡公演のSTU Mobile枠先行申込をしてない事に気付く😱

    とりま、グループ先行申込をしないと😓

  • い〜しゃん
    AKBカフェテリアAKBカフェテリア

    #1500『村山彩希&岡田奈々論 rainbow roads』

    AKB48の2つの運命が、交わる瞬間....
    ゆうなぁ、それはかけがえのない永遠の絆。

    村山彩希。team4キャプテン。
    神奈川県出身。1997年6月15日生まれ(22歳)
    愛称ゆいりー。AKB48第13期生。
    51st.Single「ジャーバージャ」で初めて表題曲の選抜メンバーに。
    2018年よりチーム4キャプテンに就任。何よりも劇場公演の活動に強い思い入れがあり、そのパフォーマンス力の高さからも「シアターの女神」と呼ばれる。選抜総選挙には第7回より不参加を表明しているが、積み重ねた努力で独自のポジションを確立。今やAKB48を代表する人気メンバーに。2019年にソロコンサート「村山彩希ソロコンサート~私は私の道を行く」を開催。そして2020年1月18日、史上初となるAKB48劇場公演1,000回出演を達成した。

    以前、私は「村山彩希を選抜に入れないAKB48は節穴か」と書いた。その時コメントが届いた「ゆいりーが選抜になったら、大好きな劇場公演に出られなくなるから、本人的には嬉しくないかもしれません」と。それでも私はこう思った。誰よりも劇場公演を頑張っている彼女が選抜メンバーで居る事に意味があると。先日14周年を迎えたAKB48。時に時代の波に乗り国民的アイドルとして頂点を迎えた。その起爆剤の一つは選抜総選挙であり、総選挙のランク=実人気としての指標になった。本来はお祭り企画であった筈なのに。そんな中、村山彩希は総選挙を辞退し続けている。彼女はその明確な理由を示した事はないが、私は思う。AKB48は総選挙だけが全てではないと。何かのチャンスを掴む為には大きな波に乗る事も必要だ。だけどそれ以上に大切なのは、自分の居場所を見付ける事。自分にしか出来ない人生を歩み続ける事。それが村山彩希にとっては劇場だった。劇場公演こそが、彼女のAKB48。そんな原点に立ち続けて来た。2019年、当たり前の事が当たり前じゃなくなった一年。時代を牽引して来た一期生も全員が卒業する。AKBも変わり行くだろう。だが、AKB48劇場は村山彩希が守って行く。出場1,000回という記録さえ通過点。これからも希望と前進の心を胸に刻んで。

    村山彩希とは、AKB48劇場の守護神。


    岡田奈々。team4・STU48兼任。
    神奈川県出身。1997年11月7日生まれ(22歳)
    愛称なぁちゃん。AKB48第14期生。
    51st.Single「ジャーバージャ」で初めて表題曲のセンターを務めた。
    研究生の頃より同期の小嶋真子、西野未姫と共に「三銃士」と呼ばれ注目を集めた。2016年4月には大胆にショートカットにイメージチェンジしグループの中で頭角を現し始める。2017年2月にはその実績を買われSTU48キャプテンに就任(現在は今村美月が務める)。クールでボーイッシュな風貌と圧倒的な歌唱力が魅力。2018年にはソロコンサート「岡田奈々ソロコンサート~私が大切にしたいもの」を開催。第10回AKB48選抜総選挙では第5位を獲得。今ではAKB48を代表するエース格の存在感を放つ。

    以前、私は「岡田奈々こそAKB48のセンターになるべきだ」と書いた。その時コメントが届いた「もしなぁちゃんがセンターになったら、より自分を追い込んでしまうから、心配です」と。確かに私もそう思った。彼女がまだ黒髪ロングの頃「真面目だ」と言われていた。誰よりも規律を大事にするメンバー。研究生の頃より「14期生のルール15ヶ条」という鉄の掟を決めた。どんな退屈な話でも相手の顔を見て親身に頷き続けた。簡単なリハーサルでも本番の様に取り組んだ。憧れたAKB48に入り、掴んだ夢の在り処。同時に夢の代償も伴った。選抜メンバーとなっても、自分の粗探しばかり始めた。体調不良と重なり精神的にも追い込まれた。そんな自分が許せなくなり、AKB48を辞めようとも思った。だけど療養している間に思った「私からAKBを取ったら、何も残らなくなる....」。14年前、AKB48のコンセプトは夢への通過点であった。多くの卒業生がその名の下で今も活躍している。だけど、彼女の場合は違う。岡田奈々にとって、AKB48こそが目的地。きっと彼女の卒業は、芸能界引退を意味する。だからこそ、彼女は全力で走り続けるのだろう。彼女の人生こそが、AKB48人生なのだから。

    岡田奈々とは、AKB48の絶対正義。

    明日世界が終わっても後悔しない
    そう思える生き方をしたいと思った
    いつだって僕は思い出す 昨日の自分にサヨナラ
    胸の奥に「無限の可能性」

    AKB48の未来、空の向こうに広がる世界
    そこに虹は架かるだろう。君と二人なら。