ログイン
AKB本箱ヲじのトーク
トーク情報
  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について


      先ず私の依って立つ所を明示してから上の表題に関しての感想を書いてみたい。
    私見に基づく試論と言っても良い。
      私は無名の一般人でAKB48グループのファン歴が10年以上あり、自ら濃いフアン=ヲタクを自認している。中でもAKB48(以下AKB)が一推しで、NGT48(以下NGT)が二推し。他の48グループについては個々のメンバーに何人かづつ推しがいる。
    出来るだけ公平かつ客観的に考察を進めたいがAKBとNGTは所謂箱推しということがあるので、HKT48(以下HKT)とNGTという比較軸を取った場合にはNGT側に立った見方に偏る可能性がある。
     また、特に現代の会社の浮き沈みや資金の流れ、人間関係など、外部のものからは完全には把握し難い複雑なものがあるので、間違いや誤解も出てくるかも知れない。

    1.朗報か?悲報か?
      先日のニュースを見て、これは少なくとも悲報ではなく朗報だろう、と書いた。
      他方ネットでは悲報とする見方が多いようである。その大多数の声を見ると次の二つに大別される。
    ①解散もしくは消滅を願っていたにもかかわらずNGTの延命策が講じられたのは良くないこと。これで近い将来の解散・消滅が無くなったのは遺憾である。
    ②グループ全体のフアンはおろか世間からも悪の組織或いは集団と見做されているNGTをHKTに押しつけること、合併することはHKTには何の得もない災難である。
      これらの声の中からはNGTの再建や復興を望み、何の罪もなく騒動と混乱の渦中に放り込まれたメンバーたちのことを思い遣る真面目なNGTフアンの意思を窺うことは出来ない。これが本当に48グループフアンの大多数の意見なのであろうか。
    (続く)

  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について
    (続き)

    2.事実を踏まえてこのニュースをどう受け止めるのか?
      それを考えてみる手順として、まず①について考察しよう。
      解散・消滅論については実は私も一時期そういう考えがあった。どの時期かと言うと、あの山口真帆さんにリアルタイムにSNSで杜撰な対応を暴かれたばかりか、最早回復不可能と思われる程にズタボロにされて醜態を晒した記者会見を見た直後である。これはもうNGTは解散して希望者は他のグループに引き取ってあげるのが一番良いのではないかと私も思った。
      しかしながらその後の経過を見ると、途中吉成夏子社長によるメンバー恫喝とも取れるような発言が露見したり、そのほかにも注視している多くの人たちの眉をひそめさせるような状況を現出させながらも、なんとかかんとか善後策・改善策を講じて来ているのもまた事実である。例えば支配人の解任や運営会社の分離独立などを含めて、組織・人事、メンバーの管理及び教育等々不十分ながらも、(時には悪手ではないかと思わせながらも)兎にも角にも改善しようとする姿勢は示して来たと言える。
    (続く)

  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について
    (続き)

      これらの事実経過を見るに、総じてNGTを良い方向にもっていこうともがいている姿に見えるし、ヲタクとしてこれを見捨てることをよしとしない気持ち、がんばれと声をかけたい気持ち、ワラにもすがるような気持ちで見守るしかなかった。
      そのフアンたちさえも悪の組織を支えようとする悪の集団と罵る。そんなことが果たして本当に正義の声と呼べるのだろうか。決して解散・消滅だけが唯一の選択肢ではないのである。
      これをもう少し掘り下げてみよう。いや、どうしても言っておかなければならないことがある。
      それは今だに解散・消滅論を唱える言い分の中には常に以下のような論旨が含まれているということである。
    「悪人がいるような組織にいることそれ自体が悪である」
    「悪人を批判・非難しない者もまた悪人である」
    ゆえにぶっ潰すことこそが正義なのである、と。
      世の中は善人と悪人の二種類の人間しかいないと言う短絡的な思考の愚かさは別にしても、世間的な判断を充分には出来ない未成年の少女や、成年女子であっても共にレッスンをし、共に舞台に立ってきた仲間たちと可能な限り仲良く平和にやっていきたいと望むメンバーたちを、全てを一纏めにして悪と決めつける暴論を根拠にして、だから潰してしまえ、と言っているにすぎないのだ。
      以上のようなことから、私は①の見解に与(くみ)することは出来ない。
    (続く)

  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について
    (続き)

    ②についてはどうか。こちらは簡単なことだ。HKTがNGTと経営統合されるのは絶対イヤだと言ったって、もとから経営統合されており、今回の変更後も基本的に構造上は変わらないのである。新潟の騒動以前はAKB・HKT・NGTは(株)AKSが経営していた。騒動以後はたぶんAKSの中央集権はよくないから地方分権化した方がよかろう、ということでHKTは(株)Mercuryに、NGTは(株)Floraに運営権を与えて分離独立させた。その上で(株)AKSの社名を(株)Varnalossomと変えた。が、これは個人的な私見であるが、当時何かと言うと「あのくそAKSが、、、」と悪い印象を持って語られることが多かったので、まあちょっとハイカラな(いつの時代の言葉だ)名前に変えただけで、内実はAKSそのもので、経営面でも実権を握っていたのではないかと見ている。
      そして今回、下の二社はそのままで、上のVarnalossomだけが(株)Sprootに変わることになる。これ即ち構造上はなんの変化もないということではないか。
      外見構成構造上はそうであっても、では内容も変わらないのかといえばそれもまた違う。吉成夏子氏を代表取締役とする旧AKSの姿が見えない。変わってデジタル領域を得意とする三社と、同じようにその分野に強い社外取締役が参入している。株を握るだけの経営者から、現代金融資本主義社会の申し子のようなプロの経営者に変わる、、、ということなのではなかろうか。
      だから私はこれは朗報、と言ったのである。このことはHKT側から見ても同じことではないかと思う。ただ会社ではなくグループの活動そのものを見たらやはり何の活動らしきものも出来ていなかったNGTと元気いっぱいでシングルも出しているHKTが一緒くたにされるのはHKTの損には違いない、というのもうなづける。
      うなづけるけれども例えば地方同士の交流とか全国的な活動の足掛かりに出来るかも知れないとか、まあ悪い面ばかりではなかろう(ここは強く断言は出来ないが)。
    (続く)

  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について
    (続き)

    3.残された大きな問題として引き継がれようとしているメンバーの「白黒」問題
      NGT騒動というのは山口真帆さんがフアンとされる者たちに襲われたという事件を発端として、その後さらに様々な問題が誘発されてどんどん広がっていくこととなった状況全般を言う、というのが大方の見方であろう。
      その広がった一連の事態の中で盛んに使われて来たのが「白メン」「黒メン」という言葉である。ただ内容的には次の三つのケースで時に使い分けられたり混同されたりしているようだ。
    a.山口さん襲撃に際して犯人を教唆扇動した、つまり刑法上の罪を犯したのか(黒)やってないのか(白)。
    b.法的に白であっても、その事件以前から犯人グループを含む特定のフアンたちと性的関係を含む私的な「つながり」があつたのか(黒)なかったのか(白)。
    c「白黒」とは言わないが、また事件とは直接の関与がないと認定はされるが、男関係で問題を起こしたことがあるのか(黒もどき?)また、誘発的に指摘されるようになった総選挙での不正があったのか(選挙黒?)なども色々と言われるようになった。
      法的な白黒については既に公式に白とされている。問題はbとc。のみにはとどまらずさらに、一連の流れの中で本来ならば身を慎み、無用な不良素行や不穏当な発言はせず、仲間同士で支え合わなければならないところを、暴言を吐いたり不審な行動をする者がいたりで、ますます騒ぎを大きくするような有様であった。
      これらのメンバーたちが全員そのまま新しい会社に引き継がれていくのである。果たしてこの先何らかの展開はあるのだろうか。そして新会社の指導者たちは何らかの行動を起こすのだろうか。
      この問題について個人的な見解を少しだけ述べたい。
      個人攻撃をするように聞こえるかも知れないが敢えて言おう。決して気にくわないからとか嫌いだからとかで言うのではない。
      ひたすら自身に世間の耳目を集めて売名することだけを目的としたような悪口雑言或いは暴言を、メンバーやスタッフやフアンに投げつけて、やらなくても良い引っ掻き回しの言動を続ける或るメンバー。
      大手芸能事務所に所属するエリートである筈なのにそこの低能重役に身体を触らせてじゃれ合う気持ちの悪い姿をさらされてもなおへらへらするばかりのメンバー
      たとえ法的に白であろうと、立派な成人の職業アイドルがどす黒いモヤモヤとした疑惑をかけられることそれ自体が既にアイドルとしての適性を欠いていることを自ら知り、自らの身を律しなければならない。またそれを促し、説得出来る指導者が出て来て欲しいものだ、と私は思う。
      そしてもう一つ、おそらく平和を願う組織防衛の感情が激したあまりに発作的に失言を漏らし、それをさらされてしまったが、きっちりと謝罪をしたうえに処分をも受けたメンバー、そして降格先で真面目にがんばっているメンバー。その人をさらに叩き続けるような非道は無くなってほしいものである。
      絵に描いたような「偽善者」的な言葉を言うのも気恥ずかしいけれども、新しい会社でメンバーもフアンも明るく楽しく過ごしたいものである。
    (続く)

  • AKB本箱ヲじ
    AKB本箱ヲじ

    #HKT48とNGT48の経営統合について
    (続き)

    4.今後心配なことまたは恐れること
      あの騒動のさなか、特に会社側の打つ手打つ手がピント外れの悪手となっている時、私はこう言った。そもそもが経営トップの社長がビジネスを仕事と捉えずにマネーゲームと捉えていることが底にあるからではないのか、と。現に社長は自分の資産を海外に移しているとの噂も聞いた。
      ところで新会社Sprootの社長渡邊洋行氏はベンチャービジネス・ベンチャーキャピタルの担い手として大変優秀な方らしい。即ち現代金融資本主義の寵児とも言える訳である。換言すればマネーゲームの達人ということである。おや、これまた即ち吉成夏子氏と共通するところがある、ということか。
      私が心配し、恐れているのはしかしそこではない。この方はご自身が手掛ける事業に対しては真剣に取り組む方で実に気配りの出来る方ではないかと勝手に想像している。そう思える根拠がある。がそれは言わない。
      何を心配し、恐れるのか。再三書いて来たように新たな関係者の皆さん全てが社外取締役まで含めて、現代的なデジタル領域に意欲をもっている方、あるいは得意とする方のようであるということ。これはもしかしたらAKB文化に馴染んできた、のみならずメンバーと一緒になって作ってきた古くからのヲタクにとつて、両刃の剣となりはしないか、ということだ。それはHKTヲタクでもNGTヲタクでも同じ事だ。
      言うまでもなくコロナ災厄以後のエンターテインメントは大きく変わって行かざるを得ないだろうというのが衆目の一致するところである。そこまでは良い。
      そこまでは良いのだが、AKB 48グループには創業当初から始まり、長い歴史を通じて創り上げてきた特有のコンセプトと文化がある。将来、ただ単に握手会がなくなるのではないかと心配するということではなく、AKB文化そのものまで否定される方向まで行ってしまうのではないか、と恐れるのである。
      若いフアンが疑似恋愛として楽しむだけではない。子や孫が成長していくのを愛情を持って見守り、会いたいときにはいつでも(正確にはいつでもではないが)顔を見に行って励まし、笑い合うことが出来る。それがAKB文化である。決してただ歌とダンスをデジタルコンテンツとして配信すれば良いというものではない。「デジタル領域のスタンダードを構築する」のは良い。がそこにのみ全資金・資材・人材を投入し続けて総合的なAKB文化が失われて行ってしまうのは困る。実に困るのである。
      
    5.結び
      以上でこのニュースを聞いて感じたことをほぼ述べることが出来たかな、と思う。序で述べたように素人の誤った思い違いなどあったらご指摘いただければ幸いである。
      会社が変わっても、経営者が変わっても、営利企業・私企業としての活動は当然のことながら、可能な限りメンバーやフアンの意思や気持ちを尊重していただければ有難い。
      フアンのほうも、各グループヲタクが口汚く罵り合うのはいい加減やめて欲しい。そしてそれ以上に、一生懸命に純真にがんばっているメンバーを誹謗中傷するようなことがなくなることを願う。

               以上
             AKB本箱ヲじ
              2020.5.29