ログイン
おたまじゃくしほりお
トーク情報
  • おたまじゃくしほりお
    おたまじゃくしほりお

    1年ぶりに服を買いに行く。
    両耳をイヤホンで塞ぎ込み
    店員対策も万全で挑む。
    しかしその防御を強行突破してくる20代前半の女子店員。
    聞こえてないふりをするも3度立ち向かってくる。。
    切り出し方は探してるものある感じですか??ある感じ?感じとは何?あるかないかどちらかだろ。そして特にない。あれば買う。このスタンスで来ている。なので何かあればこちらから聞きに行く。彼女たちのスタンスは聞きづらいだろうからそこの壁を取り払おうと声をかけて来てくれてるのだろうがこちとらなにかあれば聞けるくらいのメンタルは持ち合わせている何せ30歳なのだから。舐めないで欲しい。そしてそんな彼女はこんなに何も喋る気のない男に続けて雨降りそうですよ?と展開してくる。あーそうですかー。ギリ失礼にならない程度の返しに徹しながら携帯を見る防御体制に入るしかし女子は続けてついでに天気見てくださいよー。ここまで来たら天晴れだ。服を見に来た客に天気を見させる。脱帽の攻撃だ。その言葉に応じて天気を見ると19時から降るらしいですよ。と返すと最悪や。この後予定あるんすよー。ドライブ行くのにー。ダルー。知らんがなの極みだ。こちとらそんなこと言われても広げる気もさらさらないのにそんな情報をこっちに与えてくる。あーそうなんですねー。ドライブやから濡れんくてええですやん。広がりもしないがちゃんと話を聞いた返しをする。そこから一旦撤退してくれたが気になった服を手に取るとすぐさま歩み寄ってくる。多少聞きたいことがあったので軽く喋りながらこれ試着しようかなと思うとすぐに消えていった。今!?今はどっかいったらあかんよ!?目で追うと彼女が試着室に詰め込んだ人間が出てきたのを見逃さずそちらのケアに行ったのだ。決して忙しい日ではない。むしろもう1人女子店員が余っている状態。しかし彼女は今店の客全部を網羅し接客しようとしている。そう。僕達客は彼女の優越感に付き合わされている。結局自分的に良かったものを購入する。もちろんレジは優越感女最後の話題は私静電気めっちゃ食らうんですよねー。電気溜め込みやすいんですよー。あー大変ですねー。あざましたー。で金を払うとフィニッシュ。結局彼女の優越感にもお金を払わされた気分だった。少し悔しい買い物をしてしまった。ちなみに何されてます?の質問には当たり前のように営業です。と答えた。おいくつですか?の質問の時に30と言うかもうちょっと若く言おうかなと迷った自分が恥ずかしい。堂々と30歳と言おうと思えたのは収穫だった。さぁ今からユニクロGUと接客絡みから解放された店に足を運びます。長文失礼しました。